富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

Power-SOL

ネットワークによる確実なパワーマネジメントを実現する電源統合管理システム

問い合わせフォーム
  • 特長
  • 仕様
  • ダウンロード

特長

コンピュータやネットワーク機器を守る (Power-SOL UPSモニタ)

UPSに接続されたコンピュータやネットワーク機器の電源を管理

自動シャットダウン機能

停電などの電力障害が発生した場合、UPSが電力供給を引き継ぎますが、あらかじめ設定された時間を超えて停電が続くような場合、データの安全退避のためにOSをシャットダウンさせることができます。

※ 接点通信方式のUPSでは、OSのシャットダウン後のUPS出力停止は行われません。

ユーザコマンド実行機能

停電自動シャットダウンのタイミングでユーザが設定するコマンドを実行させることもできます。OSをシャットダウンする前に必要な一連の手続きをコマンドとしてあらかじめ用意することで、コマンドの実行を含めた自動処理が可能です。

スケジュール運転機能

UPSに接続されたコンピュータの起動/シャットダウンを始め、ネットワーク機器への電源の投入/遮断のスケジュール運用が可能です。負荷セグメントごとにスケジュールを個別設定することもできます。

負荷セグメント制御機能

UPSに装備されている出力コンセントをグループ化。各グループを負荷セグメントとして管理できます。これにより、グループごとに電源投入時のタイミングや停電発生時のUPSの出力遮断順序が設定でき、起動順や停止順のコントロールが可能です。

※UPSに装備されている出力コンセントをグループ化してON/OFF制御できるタイプに限ります。

イベントログ・計測値ログ機能

UPSから取得した停電や復電などの履歴情報をイベントログとして呼び出すことができます。また、計測値についても時系列で記録した履歴情報として管理でき、アラーム発生時の電源環境を後から確認することも可能です。

※計測値ログについては、計測値の取得と送信が可能なUPSに固有の機能です。

e-mail通知機能

UPSからの停電、復電などのイベントをe-mailによる通知が可能です。

情報システム基盤を守る (Power-SOL UPSドメインコントローラ)

ネットワーク上に分散したUPSグループを一元管理

一括設定機能

UPSモニタコントローラを使用したUPSグループの自動シャットダウンタイミングやスケジュール運転の設定を、全体を把握しながら、1ケ所で一括に処理することができます。(Network Agent Cardには個別に設定します)

遠隔指示機能

UPSモニタコントローラを使用した特定のUPSグループや複数のUPSグループに対して、システムシャットダウン、リブートをリモートで指示できます。

イベントログ機能

それぞれのUPSが記録・管理している履歴をUPSドメインコントローラが統括管理。システム全体の履歴として記録・管理することができます。

e-mail通知機能

それぞれのUPSが備えているe-mail通信機能をUPSドメインコントローラ側でリモート設定できます。

基幹システムを含めたネットワーク全域を守る (Power-SOL UPS統合管理ステーション)

複数のUPSドメインと三相UPSを一括監視

系統図表示機能

ネットワーク全体の電力供給状態について、商用電力をツリーのトップにおいた階層管理により一元監視。アイコンを利用したわかりやすい画面が特長です。障害範囲の切り分けを可能にするとともに、迅速な対応に貢献できます。

三相UPS監視

三相UPSや関連周辺盤の計測情報を表示できます。計測マップ機能では全計測情報の確認を、計測グラフ機能では三相UPSや関連装置の計測値情報をグラフィカルに表示できます。また、イベントマップ機能により三相UPSや関連周辺盤の警告発生状態を一目で確認できます。

仕様

システム構成

Power-SOL UPSモニタ

Power-SOL「UPSモニタ」は、対象UPSでバックアップした コンピュータをシャットダウンするためのソフトウェアです。ネットワークを経由して複数コンピュータのシャットダウンも可能です。

Power-SOL UPSドメインコントローラ

Power-SOL「UPSドメインコントローラ」は、複数のUPSを監視するためのソフトウェアです。コンピュータにインストールしたPower-SOL「UPSモニタ」、およびUPSに装着した「Network Agent Card」あるいは「Web/SNMPカード」を介して、UPSとそれにつながれた負荷装置の構成を一元的に監視することができます。

≪本ソフトウェアの使用ライセンスは有償です≫
プログラムをインストールして使用する前に、使用ライセンスの購入が必要です。

Power-SOL UPSステーション

Power-SOL「UPSステーション」は、複数の「UPSドメインコントローラ」と三相UPSを一元監視するためのソフトウェアです。

≪本ソフトウェアの使用ライセンスは有償です≫
プログラムをインストールして使用する前に、使用ライセンスの購入が必要です。

ダウンロード

Power-SOL UPSモニタ(Windows版)

取扱説明書

ソフトウェア名(型式) リリースバージョン 取扱説明書
UPSモニタ
(LF-PS-UM-230)
20版 インストール編[PDF]
19版 概要/運用編[PDF]
14版 操作編(UPS モニタ)[PDF]
18版 操作編(UPS エクスプローラ)[PDF]
20版 付録編[PDF]
16版 外部コマンド編[PDF]

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェア名(型式) リリースバージョン 対応OS(*1) 対象UPS、オプション(*4)
Power-SOL UPSモニタ
(LF-PS-UM-230)
2.86
(*9) (*10) (*11)
変更履歴[PDF]

Windows NT4.0 SP6 (*3)
Windows 2000 Professional (*2)
Windows 2000 server各種 (*2)
Windows XP
Windows Server 2003 各種 (*6)
Windows Vista 各種

  • Windows Server 2008 各種(*13,*15)
  • Windows 7 各種(*13)
  • Windows Server 2012 各種(*13,*15)
  • Windows 8各種(*13)
  • Windows 8.1各種(*13)
  • Windows10(*13,*19)
  • EX100 シリーズ
  • DL9126 シリーズ
  • DL9125 シリーズ
  • DL9127 シリーズ
  • DL9145 シリーズ
  • UX100シリーズ(*16, *17, *18)
--------------------
  • DL5115 シリーズ
  • DL5107 シリーズ(*5)
--------------------
  • DL3115 シリーズ(*5)
  • DL3120 シリーズ(*12)
--------------------
  • DL9100 シリーズ(*5)
  • DL9140 シリーズ(*5)
  • MUE-GL シリーズ(*7)
  • MUE-R3 シリーズ(*7)
--------------------

Network Agent Cardを搭載したUPS

  • XS-PS-NAC (*8)
  • ES-PS-NAC (*14)
--------------------
  • HP XR シリーズ
  • FU-J シリーズ
  • UPS-D シリーズ
  • UPS-UXシリーズ(*16, *17, *18)

*1 プログラム一覧「対応OS」欄に名前を記載しているWindowsについて動作を確認しています。
*2 「UPSモニタ」をWindows 2000各種で使用する場合には、APMを無効にして使用することを推奨いたします。
*3 「UPSモニタ」を使用するときには、「UPSサービス」を無効にしてください。
*4 現在販売中の対応UPSおよび動作の確認されたUPSについて記述しています。
*5 DL3115, DL5107, DL9100, DL9140, MUE-GL, MUE-R3, FU-J, UPS-Dとの組み合わせでは、 OSシャットダウン後のUPS出力停止は行われません。
*6 ACPIに対応したコンピュータでWindows Server 2003を搭載して使用する場合には、 停電が復電したときにUPSが出力を開始しても、手動でコンピュータの電源をONにする必要がある場合があります。
詳しくはご使用の各コンピュータメーカーなどにお問い合わせください。
*7 MUEシリーズにご使用いただく場合は、別途通信ケーブル(MUX0404 : Dsub9ピンタイプ)が必要になります。また、OSシャットダウン後のUPS出力停止は行われません。
*8 「Network Agent Card(XS-PS-NAC)」を装着できるUPSは、インタフェース拡張用の「X-slot」を搭載したUPSになります。
ただし、三相UPSのDL9320, DL9350シリーズでは、OSシャットダウン後のUPS出力停止は行われません。
*9 「UPSモニタ(メンバ)」でマルチコントローラ機能を使用する場合、「UPSモニタ(コントローラ)」および「Network Agent Card」は次のバージョンを使用してください。
Network Agnet Card : ON LINE SOFTWAREのバージョン 4.10 以上
UPSモニタ(コントローラ) : UPSMonitor for Windows Ver 2.41(Release2.41)以上
*10 「UPSモニタ(メンバ)」の接続先(「UPSモニタ(コントローラ) 」および「Network Agent Card」)設定を固定IPアドレス以外で指定する場合、 「UPSモニタ(コントローラ)」および「Network Agent Card」は次のバージョンを使用してください。
Network Agnet Card : ON LINE SOFTWAREのバージョン 5.30 以上
UPSモニタ(コントローラ) : UPSMonitor for Windows Ver 2.60(Release2.60)以上
UPSモニタ(コントローラ) : UPSMonitor for Linux Ver 1.30(Release1.10)以上
*11 「UPSドメインコントローラ」を使用し、「UPSモニタ(コントローラ)Ver 2.60 以上」の監視・管理を行う場合、 「UPSドメインコントローラ」および上位の「UPSステーション」は次のバージョンを使用してください。
UPSドメインコントローラ : UPSDomain Controller Ver 2.60(Release2.60)以上
UPSステーション : UPSStation Ver 2.60(Release2.60)以上
*12 DL3120シリーズの一部のモデルでは、通信インタフェース(D-sub9ピン)を搭載していないため、「UPSモニタ」と 通信できないモデルも存在します。
ご使用となるUPSが通信インタフェース(D-sub9ピン)搭載モデルかの確認を行ってください。
*13 64bit版では、「UPSモニタ」が32bitアプリケーションとして正常動作することを確認しています。
*14 「Network Agent Card(ES-PS-NAC)」はEX100シリーズのみに装着できます。
*15 Windows Server2012ではヘルプ機能が提供されておらず、ヘルプファイルが開けません。各取扱説明書(PDFファイル)をご利用ください。
*16 UX100シリーズにご使用いただく場合は、別途通信ケーブル(MUX5115-u9)が必要となります。
*17 UX100シリーズに付属するUSBケーブルでは、Power-SOL UPSモニタはご使用頂けません。
*18 UX100シリーズは、最大バックアップ継続時間(初期値:120分)により自動的にUPSが出力停止しますので、最大バックアップ継続時間以内でシャットダウン時間設定をご使用ください。
*19 Windows 10ではヘルプ機能が提供されておらず、ヘルプファイルが開けません。各取扱説明書(PDFファイル)をご利用ください。

Power-SOL UPSモニタ(Linux版)

取扱説明書

ソフトウェア名(型式) リリースバージョン 取扱説明書
UPSモニタ Linux版
(LF-PS-UM-120)
- プリインストールガイド
15版 インストール編[PDF]
15版 概要編[PDF]
12版 操作編[PDF]
19版 付録編[PDF]

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェア名(型式) リリースバージョン 対応OS(*1) 対象UPS、オプション(*4)
Power-SOL UPSモニタ
(LF-PS-UM-120)
1.51d
(*5) (*6)
変更履歴[PDF]
  • Redhat Linux : 7.2, 7.3, 8, 9
  • RedHat Enterprise Linux : WS 2.1, 3, 4, ES 2.1, 3, 4, AS 2.1, 3, 4, Server 5, Desktop 5, 7.2
  • CentOS : 6.2
  • SuSE Linux Enterprise Server : 8, 9, 10(*4)
  • Debian Linux : 3.0r3, 3.1r1
  • Turbo Linux : Server 7, 8, WorkStation 7, 8
  • Miracle Linux : V2.0
  • Laser 5 : 7.2
  • その他のLinux, バージョン
  • EX100 シリーズ
  • DL9127 シリーズ
  • DL9126 シリーズ
  • DL9125 シリーズ
  • DL9145 シリーズ
  • UX100シリーズ (*9, *10, *11)
--------------------
  • DL5115 シリーズ
--------------------
  • DL3120 シリーズ (*7)
--------------------
Network Agent Cardを搭載したUPS
  • XS-PS-NAC (*2)
  • ES-PS-NAC (*8)

*1 プログラム一覧「対応OS」欄に名前を記載しているディストリビューション(カーネルバージョン2.4.5~2.6.32まで)について動作を確認しています。
この他のディストリビューション/バージョンにつきましては、ご使用の環境での動作確認を実施してからご利用ください。
*2 「Network Agent Card(XS-PS-NAC)」を装着できるUPSは、インタフェース拡張用の「X-slot」を搭載したUPSになります。
ただし、三相UPSのDL9320, DL9350シリーズでは、OSシャットダウン後のUPS出力停止は行われません。
*3 「UPSドメインコントローラ」と連携するためには、Windows版「UPSモニタ(コントローラ)」もしくは「Network Agent Card」が必要になります。
*4 Power PC上の「SuSE Linux」でご使用になる場合は、メンバ機能のみ動作確認できております。 よって、UPSと連携するためにはPower PC以外のLinux版「UPSモニタ(コントローラ)」か、Windows版「UPSモニタ(コントローラ)」または 「Network Agent Card」が必要になります。
*5 「UPSモニタ(メンバ)」でマルチコントローラ機能を使用する場合、「UPSモニタ(コントローラ)」もしくは「Network Agent Card」は次のバージョンを使用してください。
Network Agnet Card : ON LINE SOFTWAREのバージョン 4.10 以上
UPSモニタ(コントローラ) : UPSMonitor for Linux Ver 1.10(Release1.10)以上
*6 「UPSモニタ(メンバ)」の接続先(「UPSモニタ(コントローラ) 」および「Network Agent Card」)設定を固定IPアドレス以外で指定する場合、 「UPSモニタ(コントローラ)」および「Network Agent Card」は次のバージョンを使用してください。
Network Agnet Card : ON LINE SOFTWAREのバージョン 5.30 以上
UPSモニタ(コントローラ) : UPSMonitor for Windows Ver 2.60(Release2.60)以上
UPSモニタ(コントローラ) : UPSMonitor for Linux Ver 1.30(Release1.10)以上
*7 DL3120シリーズの一部のモデルでは、通信インタフェース(D-sub9ピン)を搭載していないため、「UPSモニタ」と 通信できないモデルも存在します。
ご使用となるUPSが通信インタフェース(D-sub9ピン)搭載モデルかの確認を行ってください。
*8 「Network Agent Card(ES-PS-NAC)」はEX100シリーズのみに装着できます。
*9 UX100シリーズにご使用いただく場合は、別途通信ケーブル(MUX5115-u9)が必要となります。
*10 UX100シリーズに付属するUSBケーブルでは、Power-SOL UPSモニタはご使用頂けません。
*11 UX100シリーズは、最大バックアップ継続時間(初期値:120分)により自動的にUPSが出力停止しますので、最大バックアップ継続時間以内でシャットダウン時間設定をご使用ください。

Power-SOL UPSドメインコントローラ

取扱説明書

ソフトウェア名(型式) リリースバージョン 取扱説明書
Power-SOL UPSドメインコントローラ
(LC-PS-DC-230)
11版 インストール編[PDF]
11版 概要/運用編[PDF]
13版 操作編[PDF]
14版 付録編[PDF]

ソフトウェアダウンロード

≪本ソフトウェアの使用ライセンスは有償です≫
プログラムをインストールして使用する前に、使用ライセンスの購入が必要です。

ソフトウェア名(型式) リリースバージョン 対応OS(*1) 対象UPS、オプション(*4)
Power-SOL UPSドメインコントローラ
(LC-PS-DC-230)
2.84
(*4)
変更履歴[PDF]

Windows NT4.0 SP6 (*3) Windows 2000 Professional (*2)
Windows 2000 server各種 (*2)
Windows XP(Home Edition動作未確認)
Windows Server 2003 各種
Windows Vista 各種
(Ultimate、Enterpriseは動作未確認)
Windows Server 2008 各種
Windows 7 各種(*5)
Windows 8各種(*5)
Windows 8.1各種(*5)
Windows Server 2012各種(*5, *7)

「UPSモニタ」にて管理された複数の「UPSグループ」(単相UPS)

--------------------

「Network Agent Card」を搭載した複数の単相UPS

--------------------

「Web/SNMPカード」を搭載した複数のGX/EX100シリーズUPS(*6)

*1 プログラム一覧「対応OS」欄に名前を記載しているWindowsについて動作を確認しています。
*2 併用してPower-SOL「UPSモニタ」を、Windows 2000各種で使用する場合には、APMを無効にして使用することを推奨いたします。
*3 「UPSモニタ」を使用するときには、「UPSサービス」を無効にしてください。
*4 「UPSドメインコントローラ Ver 2.60以上」および「UPSステーション Ver 2.60以上」をご使用になる際は、 「Network Agent Card」、「UPSモニタ(コントローラ)」、「UPSドメインコントローラ」および「UPSステーション」は次のバージョンをご使用ください。
Network Agnet Card : ON LINE SOFTWAREのバージョン 5.30以上
UPSモニタ(コントローラ) : UPSMonitor for Windows Ver 2.60(Release2.60)以上
UPSドメインコントローラ   : UPSDomain Controller Ver 2.60(Release2.60)以上
UPSステーション : UPSStation Ver 2.60(Release2.60)以上
*5 64bit版では、「UPSドメインコントローラ」が32bitアプリケーションとして正常動作することを確認しています。
*6 「Web/SNMPカード」をご使用になる際は、次のバージョンをご使用ください。
Web/SNMPカード : ファームウェアバージョン 10.40.01以上
*7 Windows Server 2012ではヘルプファイル機能が提供されておらず、ヘルプファイルが開けません。各取扱説明書(PDFファイル)をご利用ください。

Power-SOL UPSステーション

取扱説明書

ソフトウェア名(型式) リリースバージョン 取扱説明書
Power-SOL UPSステーション
(LC-PS-US-230)
12版 インストール編[PDF]
12版 概要/運用編[PDF]
14版 操作編(UPS ステーションエクスプローラ)[PDF]
15版 付録編[PDF]

ソフトウェアダウンロード

≪本ソフトウェアの使用ライセンスは有償です≫
プログラムをインストールして使用する前に、使用ライセンスの購入が必要です。

ソフトウェア名(型式) リリースバージョン 対応OS(*1) 対象UPS、オプション(*4)
Power-SOL UPSステーション
(LC-PS-US-230)
2.84
(*4)
変更履歴[PDF]

Windows NT4.0 SP6 (*3)
Windows 2000 Professional (*2)
Windows 2000 server各種 (*2)
Windows XP(Home Edition動作未確認)
Windows Server 2003 各種
Windows Vista 各種
(Ultimate、Enterpriseは動作未確認)
Windows Server 2008 各種
Windows 7 各種(*5)
Windows 8各種(*5)
Windows 8.1各種(*5)
Windows Server 2012各種(*5, *6)

「UPSドメインコントローラ」にて監視された複数の「UPSグループ」

--------------------

Network Agent Card(XS-PS-NAC)を搭載した三相UPS

  • DL9320
  • DL9350
  • DL9321
  • DL9351
  • UPS6100D-3

*1 プログラム一覧「対応OS」欄に名前を記載しているWindowsについて動作を確認しています。
*2 併用してPower-SOL「UPSモニタ」を、Windows 2000各種で使用する場合には、APMを無効にして使用することを推奨いたします。
*3 「UPSモニタ」を使用するときには、「UPSサービス」を無効にしてください。
*4 「UPSドメインコントローラ Ver 2.60以上」および「UPSステーション Ver 2.60以上」をご使用になる際は、 「UPSモニタ(コントローラ)」、「UPSドメインコントローラ」および「UPSステーション」、「Network Agent Card」は次のバージョンをご使用ください。
Network Agnet Card : ON LINE SOFTWAREのバージョン 5.30以上
UPSモニタ(コントローラ) : UPSMonitor for Windows Ver 2.60(Release2.60)以上
UPSドメインコントローラ : UPSDomain Controller Ver 2.60(Release2.60)以上
UPSステーション : UPSStation Ver 2.60(Release2.60)以上
*5 64bit版では、「UPSステーション」が32bitアプリケーションとして正常動作することを確認しています。
*6 Windows Server 2012ではヘルプファイル機能が提供されておらず、ヘルプファイルが開けません。各取扱説明書(PDFファイル)をご利用ください。

お問い合わせ・サポート

お電話でのお問い合わせ

  • お問い合わせ先を見る

Webからのお問い合わせ

  • お問い合わせフォーム

電源ソリューション

型番検索

型番・シリーズ名から富士電機電源ソリューション製品を探せます。