富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点
ガス分析計

すべてを手にするレーザ式ガス分析計。

コンパクト、高速応答、正確、保守の容易さで、最適制御を実現

MARPOL条約附属書VIの硫黄分規制に適合するには、排ガス監視が不可欠の要素です。国際海事機関(IMO)のEGCSガイドライン*で規定されている通り、船舶では連続排ガス監視システム(CEMS: continuous emission monitoring system)の採用が進んでいます。ここでは、排ガスをin-situ(その場)で監視するレーザ式ガス分析計の優れた特長を紹介します。(現在、開発中)
* MEPC.259(68), 2015 Guidelines For Exhaust Gas Cleaning Systems

高速応答、正確な分析

高速応答、正確な分析

富士電機のレーザ式ガス分析計は、船舶の排ガスに含まれるSO2とCO2の濃度を数秒間の周期で測定。この高速応答性によって、サンプリング式ガス分析計を上回る高精度・高精細な監視を可能にします。また洗浄後の排ガスの状態をリアルタイムで把握できるため、洗浄水のアルカリ分に応じてSOxスクラバのポンプ稼働を最適化すれば、船全体の燃費向上、つまり運航コストの低減につながります。

安定性、長い保守周

安定性、長い保守周期

バイパス方式を採用した富士電機のレーザ式ガス分析計は、装置本体を排ガス煙道に直接設置することができます。高ダスト環境でも長期間にわたって安定的に分析でき、メンテナンスサイクルを長期化することもできます。

小型

小型

世界最小の排ガス洗浄システム(EGCS)の一部として、レーザ式ガス分析計の体積をサンプリング式分析計の10分の1まで小型化。省スペースであることは従来品に対する大きな優位性であり、新造船とレトロフィットのどちらにも適しています。

S-Keeper 7

統合型モジュラー式分析システム S-Keeper 7™

レーザ式ガス分析計の他に、サンプリング式ガス分析計も用意しています。
S-Keeper 7™の詳細はこちら

スペースと資源のクリエイティブな活用。それは、いつの時代も船舶設計の与件であり、富士電機のSOxスクラバとレーザ式ガス分析計をつらぬく設計思想です。

国際海事機関(IMO)が2020年に世界中で予定している硫黄酸化物(SOx)の排出規制、さらにEUや中国、オーストラリアなど各国/地域で、追加的な排ガス規制強化が実施または予定されています。海事業界はこうした規制への適合と環境負荷低減に向けて、実現可能なあらゆる手立てを検討する必要に迫られています。

富士電機がSaveBlueの名で提供する排ガス洗浄システム(EGCS)は、C重油を継続使用しながら、オープンループとクローズドループどちらのモードでも稼働するソリューションです。コンパクトなサイズで配置検討が容易、新造船はもちろん既存船改修(レトロフィット)にも適用できます。

ページの先頭へ戻る