富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 製品情報 > サービスソリューション > サービスメニュー > 予防保全 > 生産設備・ユーティリティ設備の予防保全 > バッテリー短時間放電診断装置(BSC)

サービスソリューション

生産設備・ユーティリティ設備の予防保全


バッテリー短時間放電診断装置
(BSC)

バッテリー充電中に短時間で診断!

ITインフラの安定稼動を停電から守るUPS(無停電電源装置)や直流電源装置は、接続されたバッテリーが健全であることが前提です。
バッテリー短時間放電診断装置(略称:BSC)は、運用中にバッテリーが健全かセル毎に短時間放電を行い診断するものです。

特 長
  1. お客様の設備を運用中に診断します。
  2. セル毎に短時間放電(0.5〜1.5秒/1〜3C放電)特性にて診断するので
    • 多数接続されたバッテリーも個別に劣化や不良を抽出できます。
    • 1日、約400個のバッテリーを診断できます。
    • 直接放電させて診断・検証しますので停電時も安心です。
    • 診断による放電量は0.1%未満のため容量減少の心配はありません。
  3. 診断結果は、専門員による総合所見を加えその場でご提出します。
  4. 診断はバッテリー整備の有資格者により実施しますので安全・確実です。

 

診断データ例

● 放電特性

全セル放電テストを行い、最も電圧降下の大きいセル、平均的なセル、電圧降下の少ないセルが放電グラフで確認できます。(容量低下しているセルは電圧低下が激しい)

 

● 全セル電圧グラフ

BSC測定データ対容量試験より定めた、注意レベル及び容量低下レベル線の入ったグラフに展開し全セルの電圧分布を確認できます。

診断結果の活用例
  • バッテリー寿命期の更新時期判定材料として
  • 延命処置の良セル選別根拠データとして
  • 早期劣化や不良セル抽出ツール
  • バッテリー設備の定期点検ツール
診断対象バッテリー
液入り鉛電池、アルカリ電池、密閉式鉛電池
バッテリー容量 20AH〜3000AH
(600AH以下は5000シリーズ対応)
製造メーカーは問いません。
ミニUPS用小型電池、乾電池は対象外です。
診断サービス員
社団法人 電池工業会が認定する「蓄電池設備整備資格者」免状保持者により実施します。
BSC主な仕様
項 目 仕 様
電池 電圧1、2、4、6、8、12V
放電 電流20〜3000A 1A刻み任意設定
データファイル 250セル/1ファイル
メモリカード コンパクトフラッシュ型1枚
通 信 RS-232C 1ポート
表 示 液晶40桁×4行 バックライト
測定精度 レンジ毎フルスケール±1%
内部抵抗 測定可能
駆動電圧 DC12V(バッテリー駆動)
駆動時間 2時間以上(15分フル充電後)
温度・湿度 0〜35℃、20%〜80%
重量 4.0kg(但し、BSC5000i)
診断実施例
診断実施例
BSC外観

BSC外観

BSC外観ユニットバッテリー(36、46V)も対応
BSC4800m

ライフサイクル支援「COMET」サービスメニュー

お問い合わせ
サービスに関する
お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

サービス・設備診断に関する
カタログはこちらから

カタログ一覧

ページの先頭へ戻る


Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.