富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 製品情報 > 構造ヘルスモニタリング

構造ヘルスモニタリング

構造ヘルスモニタリングとは

構造ヘルスモニタリングは、構造物に加速度センサ等を設置して、地震や常時微動(常時発生している微細な揺れ)の応答波形から構造性能を診断する技術です。

従来のモニタリングシステムは、柱や梁、外壁といった部位に現れる変形やひび割れ等の現象を診断・把握して構造物全体への影響を推定していました。

しかし、当社の構造ヘルスモニタリングは、独自開発のMEMSセンサを適用した「感振センサ」を用いて、構造物全体の揺れや変形の大きさ、振動特性とその変化から建物の損傷や劣化を推定することができ、診断の効率化・高度化を図ることができます。

また、ユーザー様のご要望に応じたシステムをご提供できます。


概要

建物モニタリング診断システム

感振センサを用いて計測した建物の揺れを感振記録器により自動的に分析し、地震による建物の損傷の度合いを即座に判定することが出来ます。判定の結果は「インフォメーションモニタ」や放送によって、建物オーナー・管理者・施設利用者へお知らせすることができます。

構造物劣化診断

常時微動データを継続的に蓄積・解析することで、構造物の経年劣化を把握でき、メンテナンス等の保全計画に役立てることができます。目視による定期点検や超音波探傷検査などは、表面的あるいは部分的な検査を一時的に行うのに対し、構造ヘルスモニタリングは全体的な構造の状況や、不具合箇所を継続的に推定できます。

システム・構成例

建物モニタリング診断システムの特長

  • 建物設計条件に基づいて最適配置した感振センサにより、建物の揺れをその場 で計測し、リアルタイムに揺れの程度(震度相当)に応じた損傷を判定し結果をインフォメーションモニタ(PC,POD(注))に表示出来ます。
  • 建物に応じてインフォメーションモニタ・放送設備との組み合わせが可能です。
  • インターネット経由で外部サーバと接続し、データの保管や詳細な解析を行い、その結果を診断に役立てることが可能です。

注:POD (Programmable Operation Display)
http://www.hakko-elec.co.jp/

適用例

想定ロケーション : 建物(高層ビル、工場・事業所、病院など)橋梁、ダム、道路、トンネル、鉄道、公共施設・大型施設 など

お問合せ

  • ■フォームからのお問合せはこちら

  • ■電話による技術相談はこちら

    パワエレシステム事業本部 環境ソリューション事業部 企画部: 電話:042-514-9251
    パワエレシステム事業本部 生産統括部 東京工場 計測制御機器部 営業技術課: 電話:042-585-6422


ページの先頭へ戻る

Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.