富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

電鉄用ディジタル保護継電装置

F-MPC(Fujiーmultiple function Protector and Controller)2200は、電気鉄道用変電設備の保護・計測・監視の各機能を、コンパクトなユニットに一体化したディジタル形多機能リレーです。F-MPC2200の適用により、保守・運用の省力化、システムの小形化を図ることができるのはもちろんのこと、変電所システムのオールディジタル化を可能にします。

特長

大幅な小形化と省エネ

回路の集約やプリント板配置の最適化,小形部品の採用により,体積比40%(従来器比)を実現しました。さらに,消費電力を約25%低減(従来器比)しました。

CPUの二重化

メイン用・フェイルセーフ用に独立した2台のCPUを搭載し,AーD変換器から出力リレーまで二重化することで信頼性を向上しました。

EMC規格対応品

EMC(電磁環境適合性)規格として新たに制定されたJECー2501ー2010(保護継電器用電磁両立性試験)に適合しています。

各種分散形システムに適応

これまでの電気鉄道変電所向けの実績を踏まえて,各種保護要素や入出力条件の選択肢を拡大し,各種仕様へ柔軟に対応できます。

分かりやすい表示画面

表示部に液晶ディスプレイ(LCD)を採用し,分かりやすい表示と容易な操作性を実現しました。

保守性の向上

常時監視機能や自動点検機能の充実により,信頼性を確保するとともに,保守の省力化を可能にしました。

形式一覧

JR変電所用

公私鉄変電所用

ページの先頭へ戻る