富士電機株式会社

富士電機についてご挨拶

代表取締役会長CEO 北澤 通宏からのご挨拶

代表取締役会長 CEO 北澤通宏

エネルギー・環境事業で持続可能な社会の実現に貢献

富士電機は、1923年の創業以来、エネルギー・環境技術の革新を追求し、産業・社会インフラの分野で、広く世の中に貢献してまいりました。

国際社会では、持続可能な開発目標であるSDGsや地球温暖化対策の国際的な枠組であるパリ協定が採択され、経済成長と社会・環境課題解決の両立に向け、企業にも社会の一員として、その実現への積極的な行動が求められています。

富士電機の経営理念、経営方針は、まさに国際社会が目指す方向と合致するものです。電気・熱エネルギーを効率的に利用できる製品・システムを創り出し、お客様、お取引先様とともに社会・環境課題の解決に貢献していきます。

経営理念に掲げるスローガン「熱く、高く、そして優しく」を実践し、多様な個性を持った社員がチームで総合力を発揮し、エネルギー・環境事業を通して、安全・安心で持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

代表取締役会長 CEO 北澤通宏

代表取締役会長CEO

北澤通宏

代表取締役社長COO 近藤 史郎からのご挨拶

代表取締役社長 COO 近藤史郎

パワー半導体とパワーエレクトロニクスをコア技術に
新たな価値創出に挑みます

平素より格段のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
2022年4月に富士電機の社長に就任した近藤史郎です。社長就任にあたりご挨拶申し上げます。

当社は、エネルギー・環境事業を通じて、安全・安心で持続可能な社会の実現に貢献することを使命として、多様な人材を活かし、チームによる総合力の発揮により、グローバルでの成長企業を目指すことを経営方針に掲げております。

当社は、2023年度を最終年度とした5ヵ年中期経営計画を推進しており、目標とする売上高1兆円・営業利益率8%以上の達成に総力を挙げて取り組みます。
さらに、脱炭素化やDX(デジタルトランスフォーメーション)など新しい社会の潮流のなかで、当社が強みとするパワー半導体とパワーエレクトロニクスをコア技術に、先端のデジタル技術を融合し、新たな価値創出に挑み、社会・お客様課題の解決へ貢献してまいります。

代表取締役社長 COO 近藤史郎

代表取締役社長COO

近藤史郎