富士電機株式会社

環境・社会・ガバナンス社外からの評価

主なESGインデックスへの組み入れ

Dow Jones Sustainability Index

2020年11月、社会的責任投資(Social Responsible Investment:SRI銘柄)の世界的な株式指標である「ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)」の構成銘柄Asia Pacificに、16年連続で選定されました。
「ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」は、米国ダウジョーンズ社とスイスのSRI格付評価会社であるロベコSAM社が共同で開発した株式指標です。世界の約3,000社の中から、業種ごとに「経済」「環境」「社会」の3分野において総合的に優れた企業が選定されています。

Dow Jones Sustainability Indexes

FTSE4Good Index Series

2020年6月、FTSE4Goodインデックスシリーズの構成銘柄に継続して選定されました。FTSE4Goodは、環境・社会・ガバナンスのグローバル・スタンダードを満たす企業への投資を促進するようデザインされた株式指数シリーズです。

Ethibel EXCELLENCE Investment Register

FTSE Blossom Japan Index

2020年6月、FTSE Blossom Japan Indexの構成銘柄に3年連続で選定されました。FTSE Blossom JapanはFTSE Russel社が作成し、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用対象としているESG指数です。

FTSE_Blossom_Japan

S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数

2018年9月、S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数に選定されました。S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P DJI)と日本取引所グループ(JPX)の共同ブランドで、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用対象としている日本株を対象としたESG指数です。

FTSE_Blossom_Japan


主な評価・表彰

CDP Aリストに選定

2020年12月、2020年度の気候変動に対する取り組みとその情報開示により、環境分野で世界的に権威のあるCDP Aリストに選定されました。
CDPは、環境問題に高い関心を持つ世界の機関投資家や主要購買企業の要請に基づき、企業や自治体に、気候変動対策、水資源保護、森林保全などの環境問題対策に関して情報開示を求め、また、それを通じてその対策を促すことを主たる活動としている非営利組織です。

CDP-climate-A-List-stamp


ニュースリリース


「令和元年度 新エネ大賞 新エネルギー財団会長賞【導入活動部門】」を受賞

電源開発株式会社(以下:Jパワー)と富士電機株式会社は、新エネルギー財団が主催する令和元年度の「新エネ大賞」において、「新エネルギー財団会長賞【導入活動部門】」を受賞しました。
「新エネ大賞」は、新エネルギーの一層の導入促進と普及及び啓発を図るため、新エネルギーに係る商品及び新エネルギーの導入、あるいは普及啓発活動を広く募集し、優れた案件や取り組みを表彰する制度です。
今回の受賞対象の概要は、下記のとおりです。

水力発電所 ハイブリッドサーボシステムの改良・導入

Jパワーと富士電機は、秋葉第一発電所のリパワリング工事において、国内で初めて複数ユニットを並列配置したハイブリッドサーボシステムを導入するとともに、二つの新技術(ハイブリッドサーボシステムによる入口弁操作・アキュムレータ複合制御)を開発・導入しました。今回の受賞は、この新技術が水力発電所の環境影響の低減、設備信頼度・保守性の向上とコストダウンを同時に実現し、今後の水力導入拡大に対して貢献できるものとして評価されたものです。

ハイブリッドサーボシステムは、油圧と電動の利点を融合させた水車操作機構です。従来の油圧操作方式に比べ、構成機器が合理化され、環境影響の低減、コスト・保守性・設備信頼度に優れ、電動操作方式に比べ大容量水車にも適用可能となります。

new energy.jpg


「令和元年度 省エネ大賞 省エネルギーセンター会長賞」を受賞

富士電機機器制御株式会社 吹上事業所は、「令和元年度 省エネ大賞」で「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。
「省エネ大賞」は、優れた省エネ取り組みや、省エネルギー性に優れた製品並びにビジネスモデルを表彰することで、省エネ意識の拡大、省エネ製品の普及などによる省エネ型社会の構築に寄与することを目的とした制度です。
今回の受賞対象の概要は、下記のとおりです。

電力予測システム(ZEBLA)活用による省エネ推進

富士電機機器制御 吹上事業所は2015年から自社電力予測システム(ZEBLA)を活用した省エネ活動を実施。本活動により2018年度のエネルギー原単位(原油換算)▲25.7%(2015年度比)を実現しました。

ZEBLAは、使用する電力量をピークなども含めて予測し、省エネにつなげるシステムです。手動で行っていた電力消費量の予測計算を自動化することで、リアルタイムな状況に応じた省エネ対応が可能となりました。今回の受賞は、この取り組みが成果を上げたと評価されたものです。


製品紹介(リンク)

EnergyConservationGrandPrize


「平成28年度 省エネ大賞」で「経済産業大臣賞(節電分野)」を受賞

富士電機株式会社 山梨製作所は、一般財団法人省エネルギーセンターが主催する「平成28年度 省エネ大賞」(省エネ事例部門)において、最高位である「経済産業大臣賞(節電分野)」を受賞しました。
「省エネ大賞」は、わが国の産業、業務、運輸各部門における優れた省エネの取り組みや、先進的で高効率な省エネ型製品などを表彰することで、省エネ意識、活動および取り組みの浸透、省エネ製品等の普及促進に寄与することを目的とした制度です。
今回の受賞対象となった当社の省エネ事例の概要は、下記のとおりです。

FEMSを活用した電気と熱の最適利用による省エネの取り組み

半導体製造工場において、FEMSを活用した電気と熱の最適利用による省エネと、エネルギー供給リスク回避の両立に取り組んだ事例です。省エネ対策として、クリーンルームのFFU(ファンフィルタユニット)最適運転制御、加湿・温度制御方式の改良、FEMSと連携したフリークーリング運転等を実施。また省エネだけでなくBCP(事業継続計画)の観点からも、高圧UPS、燃料電池とガスエンジンによるコージェネレーションシステムの導入を図り、コージェネの排熱も徹底的に活用しました。

以上により、2015年度には2010年度比34%のエネルギー使用量の削減を実現。停電・瞬低リスクの回避、電力自給率100%も達成しています。

ページの先頭へ戻る