富士電機株式会社

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

環境・社会・ガバナンス環境経営の目標と実績

環境ビジョン2050の実現に向けた進捗状況

富士電機は長期的な環境活動の道標として「環境ビジョン2050」を策定し、その中で中期目標として2030年目標を設定しています。自らの環境負荷低減に加え、製品を通じた社会全体の環境負荷低減に貢献するため、環境活動を進めています。

◎:中期目標達成 ○:目標達成 △:一部達成 ×:未達成
環境経営3ヵ年ローリングプラン (2018年度~2020年度) 2018年度目標 2018年度実績 評価 2019年度目標 2020年度目標 2030年度目標
地球温暖化防止(製品によるCO2排出量削減) 2,438万トン-CO2/年 3,016万トン -CO2/年 3,210万トン -CO2/年 3,400万トン -CO2/年 5000万トン-CO2/年
地球温暖化防止(生産時の温室効果ガス排出量削減) 生産時の温室効果ガス排出量 目標値再設定 498kトン 488kトン 479kトン 2013年度比31.0%削減 (排出量370kトン)
地球温暖化防止(原単位削減) <国内> 2012年度比 ▲7.55%削減 ▲25.77%削減 ▲8.8%削減 ▲10.0%削減 2020年度から年率1%削減
<海外> 2013年度比 ▲4.9%削減 ▲25.8%削減 ▲5.9% ▲6.8%削減 ▲14.8%削減
循環型社会形成(廃棄物の最終処分率低減) <グローバル> 最終処分率 2.5% 1.6% 2.1% 2.0% 1.0%未満
<国内> 最終処分率 0.5%未満 0.6% 0.5%未満 0.5%未満
<海外> 最終処分率 7%以下 3.7% 5.0%以下 3.0%以下
循環型社会形成(水資源投入量削減) <グローバル>水投入量原単位 1.8km3/億円未満 1.47km3/億円 1.8km3/億円未満 1.8km3/億円未満 1.8km3/億円未満
化学物質の管理・削除 (指定物質:VOC) グローバル VOC排出量 1,715トン未満 1,257トン 1,704トン未満 1,694トン未満 1,694トン未満
<国内> VOC排出量 ▲23.3%削減 ▲23.7%削減 234トン ▲26.7%削減 ▲30.0%削減
<海外> VOC排出量 1,480トン未満 1,023トン 1,480トン未満 1,480トン未満

※国内は、原油換算エネルギー使用量を、各拠点で決めた生産数量や建物面積などのエネルギーの使用量と密接な関係を持つ数値で除した値(2012年度基準)。海外は、生産高当たりのCO2排出量(2006年度基準)
(注)環境に関する本報告は、富士電機の環境ISO認証取得サイトおよび取得活動中サイトのデータを集計(カバー: 従業員数比 94.8%
(注):目標値は四捨五入しているため、内訳の合計と一致しない場合があります。

ページの先頭へ戻る