富士電機株式会社

環境・社会・ガバナンス従業員の安全と健康の管理

労働災害撲滅に向けた安全衛生の方針

■安全衛生基本方針

富士電機では職場の安全衛生を企業にとっての最重要課題とみなし、「働く者の安全と健康はすべてに優先する」を基本理念に掲げてこれに基づく「安全衛生基本方針」を広く内外に宣言しています。

安全衛生基本理念

働く者の安全と健康はすべてに優先する

富士電機 安全衛生基本方針

  1. 富士電機は安全衛生を企業経営における最重要課題の一つと位置付け、安全で快適な職場環境の形成と、労働災害の撲滅および心身の疾病予防に向けた質の高い安全衛生管理活動を実践します。
  2. 関係法令並びに会社、事業所、部門が定めた自律的な管理基準を遵守し、常に基本に忠実に安全衛生活動を励行します。
  3. 富士電機の事業にかかわるすべての人が、自らの安全と健康を確保するために、一丸となって自主的な安全衛生活動に取り組み、職場に安全文化を根付かせます。
  4. すべての事業において従業員の安全と健康を第一に考える積極的な安全衛生活動を展開し、さらにこれを公開することで、より安全、安心で快適な社会の実現に貢献します。
■全社安全衛生管理方針と年間スローガン

毎年度、「安全衛生基本方針」に則した課題や具体的な実施事項をまとめた「全社安全衛生管理方針」を策定するとともに、全社員の意識高揚に向けて、社員公募により「安全衛生年間スローガン」を定めています。

「全社安全衛生管理方針」は各事業所を通して全社員が共有し、工場・本社・支社や各地の工事現場における年間安全衛生諸活動の基礎となるものです。この方針は、国内子会社に加え、海外の子会社に対しても英語版、中国語版を配信、全社一丸となって「安全文化」の浸透と定着に努めています。

安全衛生推進体制

富士電機全社の労働安全衛生管理の方向性を示すと共に具体的な活動を総括する最高機関として、労務担当役員と全事業所のトップで構成される「安全衛生推進委員会」を設置しています。年1回の開催時には前年度の労働災害、業務用自動車事故の発生状況などを踏まえて、新しい年の「全社安全衛生管理方針」や「安全衛生年間スローガン」を決定し、職場における労働安全衛生PDCAサイクルの確実な展開を促します。

これを受けて工場・本社・支社では継続事業、有期事業それぞれに環境や特性に応じた管理方針や規程・基準を設け、コンプライアンスを重視した最適な安全衛生管理体制のもとで操業しています。それぞれの組織はトップダウンによる指揮命令の徹底だけでなく、現場の生の声が反映されるボトムアップの機能も重視し労働組合とも密接に連携する仕組みになっており、拠点毎に最適な労働衛生マネジメントを推進しています。特に海外との接点の多い火力・地熱プラント部門においては安全衛生認証(OHSAS18001)を取得しています。

安全確保の取り組み

■2019年度全社安全衛生管理方針と年間スローガン

2019年度は、以下の内容を「全社安全衛生管理方針」および「安全衛生年間スローガン」に定め、安全の確保と労働災害の防止に取り組みました。

全社安全衛生管理方針

安全衛生目標

  1. 業務上災害 ゼロ
  2. 業務上疾病 ゼロ
  3. 交通事故 ゼロ

具体的な実施事項

  • 1.労働安全
    • (1)重大災害・頻発災害の根絶
    • (2)安全衛生管理活動の充実
    • (3)現地安全衛生管理の強化
  • 2.労働衛生
    • ・業務上疾病(健康障害)の防止
  • 3.交通安全
    • ・交通事故防止策の徹底
全社安全衛生年間スローガン

「一歩先読む安全管理 目配り 気配り 思いやり みんなが主役の無災害」

■安全衛生大会の開催

当社の基本理念に基づき、毎年「富士電機安全衛生大会」を開催し、工場・本社・支社、労働組合、関係会社、協力会社の代表者等が参加し、安全で安心、そして健康で明るい職場の維持、発展を目指していくことを誓い合います。

大会では、一人ひとりが常に労働災害の防止を心掛ける「安全文化」の浸透、また関係会社も一体となり富士電機チームとして安全と健康を最優先する意識の高揚を醸成しています。 2019年度安全衛生大会は、新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、2019年度活動総括と2020年度活動主旨・取組課題の要旨を共有し、工場・本社・支社および関係会社の安全衛生管理方針に反映しています。

2020年度も当社安全衛生目標の達成に向けて、全社一丸となって安全衛生活動に取り組んでいきます。

年間スローガンを唱和する安全衛生大会参加者安全衛生大会での指差唱和(2018年度)

■安全衛生教育の実施

法令に定められた安全衛生教育の他、関係会社の社員までも対象としたオープン講座、新入社員研修、事業所や工事現場ごとに企画される教育や訓練、また協力会社様の現場リーダーに向けた職長・安全衛生責任者教育など、年間を通して実践的なカリキュラムによる安全衛生教育を継続的に企画・開催しています。

2019年度 安全衛生教育実績

  回数 受講者
安全衛生管理者向け各種教育 40回 432名
一般安全衛生教育 591回 5,991名
交通安全セミナー 306回 9,880名
合計 937回 16,303名
■工場安全衛生監査と営業拠点の巡回

工場の安全衛生に対する遵法管理・監視に向けて、全社安全部門と連携した安全衛生監査を実施しています。監査では、法令・社内規程について共通チェックリストによる机上での遵法確認と実際の現場確認による指導等を行っています。支社については業務用自動車管理監査を実施し、同じく遵法管理・監視の強化を図っています。その結果、2019年度の業務用自動車事故は過去最少の件数となりました。

また全国の各支社でも全社安全部門と連携して、労働災害・業務用自動車事故の撲滅に向けて、安全大会が開催され安全意識の向上が図られています。

■安全パトロールの実施

元請会社として、多くの下請け業者の安全責任を負うプラント建設工事では、現地安全衛生診断基準書に則り建設現場をきめ細かくパトロールすることで、コンプライアンスと安全衛生状態の確保、維持、向上を図っています。

■海外拠点の安全確保

連結子会社の海外製造拠点に対しては、国内向けの「全社安全衛生管理方針」や「安全衛生規程」を展開して、日本に準じた管理水準を目指すとともに、各国の法令や文化、習慣に配慮した安全衛生活動を心掛け、安全部門だけでなく人事・法務・海外営業・産業保健部門などが連携した全社体制で臨んでいます。

■休業災害度数率の推移

労働災害(度数率)の推移

度数率:
100万労働時間当たりの死傷者数
死傷者数/延実労働時間*1,000,000
死傷者数=死亡+休業災害以上(不休災害含まず)

対象範囲:
富士電機(株)、富士電機機器制御(株)

無災害記録の外部評価

鈴鹿工場が「第三種無災害記録」を樹立し、厚生労働省から表彰されました。これからもより安全で快適な職場の実現と労働災害の撲滅に努めていきます。

健康管理とメンタルヘルスケア

法令に定められた定期健康診断の受診に加え、健康保険組合とも協調しながら、最新の検査項目や検査方法の採用、有所見者への健康指導などの施策を通じて生活習慣病予防への積極的な取り組みを進めています。

また全ての従業員が健康でいきいきと働くことができる制度や環境の整備を進めるとともに、従業員ひとり一人の健康維持・増進に向けた取り組みを積極的に支援していくことを目的に全社健康づくり推進体制を立ち上げ、 全社的な健康づくり活動をスタートさせました。2019年度は、全社員に向けた「健康づくり」のeラーニングの実施(受講率92%)、また屋内喫煙所の縮減においては、全事業所(24事業所)で屋内喫煙所ゼロ化を実現するなどの成果がでています。 労働者のメンタルヘルス不調の未然防止を目的としたストレスチェック制度も、多くの従業員に浸透(受検率90%以上)しています。集団的分析についても継続的に実施し、その結果については職場の活性化に活用されています。工場・本社・支社の特徴に合わせた睡眠教育、ストレス対処法といった様々な切り口でメンタルヘルス教育も実施し、セルフケアやラインケアを推進しています。更に、健康及びメンタル相談を受け付ける24時間制の健康相談窓口も設置し、プライバシーを厳守しつつ社員やその家族がいつでも相談できるようになっています。

海外出張、赴任に当たってはエイズ、結核、マラリア、新型インフルエンザ等の感染症から社員を守るために、事前の健康診断や予防接種の実施、また、ホームページ等を活用した感染予防対策について幅広く情報を提供しています。

外部からの評価

■「健康経営優良法人2020」に認定

当社は、特定保健指導の受診率向上による生活習慣病予防や、長時間労働の削減、休暇取得の促進などの取り組みが評価され、「健康経営優良法人2020」に認定されました。経済産業省による健康経営優良法人の認定は、昨年に続き2年連続の認定です。

健康経営優良法人は、健康経営に取り組む優良な企業・団体を「見える化」し、「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを狙いとしており、「経営理念(経営者の自覚)」「組織体制」「制度・施策実行」「評価・改善」「法令遵守・リスクマネジメント」の5つの側面を認定基準としています。

社員と組織の更なる活性化に向け、今後も健康増進の取り組みを継続・強化していきます。

健康経営優良法人2019

ページの先頭へ戻る