富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

株主・投資家情報

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

  当社は、基本理念に掲げる「地球社会の良き企業市民として、地域、顧客、パートナーとの信頼関係を深め、誠実にその使命を果たします」のもと、株主・投資家等との信頼関係を維持・発展させるため、法令または当社が上場している証券取引所の規則により開示が要求される情報にとどまらず、株主・投資家等に有用な情報を、適時、適正、公平に提供するとともに、経営トップ自ら株主・投資家等との対話活動を積極的かつ誠実に行います。

2.情報提供の基準

  株主・投資家等への情報提供にあたっては、法令または当社が上場している証券取引所の規則により開示が要求される情報、もしくは金融庁が定めるフェア・ディスクロージャー・ルールに則り、株主・投資家の投資判断に重要な影響を及ぼす情報(以下「重要情報」という)を、適時、適正、公平に開示します。
  上記のほか、多数の株主・投資家等からご質問頂く事項など、株主・投資家等に有用であると当社が判断した経営・財務情報や、環境・社会的側面に係る非財務情報についても、積極的に提供します。

3.情報開示の方法

  法令または当社が上場している証券取引所の規則により開示が要求される情報は、それらが定める情報公開システムにて公開するとともに、当社ウェブサイトに速やかに掲載します。
  その他の重要情報については、ニュースリリースの配信、統合報告書等の発行などを行うとともに、適宜、当社ウェブサイトにこれらの資料を掲載します。

4.情報開示の体制

  法令または当社が上場している証券取引所の規則により開示が要求される情報およびその他の重要情報は、経営企画部門長を責任者とし、広報・IR部門、経営企画部門、財務部門、法務部門および当該情報の取扱部門等が連携し、情報管理、開示の該非判断、開示および株主・投資家等の意見のフィードバック等を行い、その開示に際しては、適宜、取締役会または代表取締役社長の承認を得るものとします。
  上記以外の情報は、CSR・広報・IR部門長を責任者とし、経営企画部門、財務部門、法務部門および当該情報の取扱部門等が連携し、情報管理、開示の該非判断、開示および株主・投資家等の意見のフィードバック等を行います。

5.対話活動

  株主・投資家等との対話は、経営トップ自ら積極的に行うとともに、経営企画部門担当取締役またはCSR・広報・IR部門長が統括し、株主総会、決算説明会、経営方針説明会をはじめとした対話活動を推進します。
  株主総会、決算説明会、経営計画説明会等の説明資料、説明内容は、適宜、当社ウェブサイトに掲載するなど、適時、適正、公平に開示するとともに、工場見学会、スモールミーティング等の対話活動において株主・投資家等に有用な情報を積極的に説明します。

6.情報管理

①インサイダー情報および重要情報等の管理
  インサイダー取引規制の対象となる情報は、社内ルール(内部者取引管理規程)を制定し、インサイダー情報の漏洩防止を徹底するとともに、その他の重要情報等は、本ポリシー第4条に定める体制のもと、厳重に管理します。
②沈黙期間
  公表前の確定的な決算情報の漏洩防止および情報提供の公平性確保に向けて四半期毎 の決算日翌日から決算発表日までの期間を「沈黙期間」とし、決算に関する質問への回答 およびコメントを行わないとともに、会社説明会、アナリスト・機関投資家との個別ミーティング等を開催しないものとします。

7.業績予想および将来の予想に関する事項

  当社が、業績予想および将来の予測に関する情報を開示する場合は、これらがその時点で入手可能な情報による判断および仮定に基づいております。その判断や仮定に内在する不確実性および事業運営や内外の状況変化により、実際に生じる結果が予測内容とは実質的に異なる可能性がある旨、注意喚起をした上で開示します。
  また、当社が開示した業績予想および将来の予測に関する情報に変化が生じる場合には、必要な情報を開示します。

ページの先頭へ戻る