富士電機株式会社

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

株主・投資家情報

中期経営計画

2023年度中期経営計画「令和.Prosperity2023」

  当社は創立100周年を迎える2023年を最終年度とする5ヵ年の新中期経営計画を策定しました。

「令和.Prosperity2023」では、「令和元年をスタートに、2023年に向けてエネルギー・環境事業で社会と共に繁栄(Prosperity)を目指す」という思いを込めています。 持続的成長企業としての基盤確立に取り組み、エネルギー・環境事業を通して、安全・安心で持続可能な社会の実現に貢献していきます。

以下、2023年度中期経営計画「令和.Prosperity2023」についての概要です。

【中期経営目標】

  2023年度に売上高1兆円、営業利益率8%を目指します。 財務指標としては、成長性、収益性・効率性、財務健全性のバランスを重視した目標を掲げます。 また、株主様への還元として、安定・継続配当を基本に早期に配当性向30%を目指します。

中期経営目標
図をクリックすると拡大表示します。

【中期経営計画 重要課題】

  2023年度中期経営計画では「成長戦略の推進」「収益力の更なる強化」を主軸に、環境、人財、ガバナンスといった事業を支える経営基盤についても、海外拠点含めグローバルで取り組み、長期的な視点で経営品質の向上を図ります。

持続的成長企業としての基盤確立
図をクリックすると拡大表示します。

パワエレシステムと電子デバイスを中核に成長、発電プラントと食品流通は利益重視

  低炭素社会の実現に向け、エネルギーの効率化や省エネのニーズが高まり、当社の得意とするパワーエレクトロニクス技術やパワー半導体技術を生かせるビジネスチャンスが広がっています。

  パワエレシステムは中国・アジアを中心とした海外でシステム事業拡大を図り、電子デバイス(パワー半導体)は、自動車の電動化や再生エネルギーの普及拡大を成長機会とし、これら2つの事業で大きく伸長させ、売上・利益で連結全体の約80%を目指します。

  一方、発電プラントと食品流通は、事業の選択と集中により規模を追わず、事業ポートフォリオの変革を進め、利益を追求します。

セグメント別売上高・営業損益
図をクリックすると拡大表示します。

パワエレシステム、パワー半導体に経営資源を傾注

  強い事業をより強くし、事業拡大を図るべく、パワエレシステムとパワー半導体に経営資源を傾注し、設備投資で90%、研究開発で80%を両事業に振り向けます。

  とりわけパワー半導体については、設備投資額で1,200億円と全体の約半分を占めておりますが、主に自動車分野(xEV)向けの生産能力増強を計画しています。市場動向を慎重に見極め、リスクをコントロールしながら、着実に実行していきます。

設備投資・研究開発
図をクリックすると拡大表示します。

海外で売上拡大、グローバルでものつくり力強化

  産業・社会インフラの省エネ・自動化投資、自動車の電動化を背景に、成長ポテンシャルの高い東南アジア、インド、中国を重点地域として売上拡大を図り、海外売上高比率を25%から35%へ高めます。

  最も売上規模の大きいアジアはパワエレシステムを中心に伸ばし、中国と欧州は、電気自動車向けパワー半導体が成長ドライバーとなります。

  また、海外での事業拡大と並行して利益も拡大させるため、地産地消をさらに徹底し、グローバルでものつくり力強化に取り組みます。

海外売上高
図をクリックすると拡大表示します。

※中期経営計画の詳細については以下をご覧ください。なお、上記重点課題のひとつ「経営基盤の継続的な強化」の内容につきましては、 中期経営計画の説明会資料(17~21ページ)、「富士電機レポート2019」の社長メッセージ(9~10ページ)をご参照ください。

ページの先頭へ戻る