富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 業務用SOFC(固体酸化物形燃料電池)の開発について

ニュースリリース

2018年5月10日
富士電機株式会社

業務用SOFC(固体酸化物形燃料電池)の開発について

  富士電機株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、NEDO(新エネルギー・産業技術開発機構)の助成事業による実証評価が終了し、業務用SOFC(固体酸化物形燃料電池)の開発に目途がつきましたことを、お知らせいたします。

1. 当社の燃料電池事業
  当社は、「エネルギー・環境事業の拡大」を経営方針に掲げ、地熱発電、水力発電、太陽光発電、燃料電池など、再生可能エネルギーやクリーンエネルギー関連事業の拡大に取り組んでいます。
  燃料電池は、天然ガスなどから取り出した水素を化学反応させ発電します。発電過程でのエネルギーロスが少なく、発電時の排熱が利用でき、二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する環境にやさしい発電設備です。当社は1960年代に開発を開始し、1998年に出力100kWの業務用PAFC(りん酸形燃料電池)を発売。これまで日本、韓国、ドイツ、米国、南アフリカに計86台(2018年4月現在)の納入実績があります。

2. SOFCの開発状況

  SOFCはPAFCに比べて発電効率が高いことなどから、その実用化が強く望まれています。当社は2014年度からNEDO助成事業(固体酸化物形燃料電池を用いた業務用システムの実用化技術実証)に参画し、50kW級業務用SOFCの要素技術開発および実証評価を行ってきました。最終年である2017年度は当社千葉工場内で実証試験を行い、基本特性評価と3,000時間以上の耐久性評価を実施。安定運転が可能なことを確認しました。
  当社製SOFCは、独自開発の高効率インバータの適用などにより、高い発電効率(55%)を実現。今後は社外でのフィールド実証を行い、さらなる信頼性向上に取り組みます。 

実証機外観写真

3. 製品仕様(目標値)
発電出力 定格電圧 燃料 発電効率 熱回収効率 総合効率 寸法(m)
50kW級 AC210V/220V 都市ガス 55%(AC発電端) 30% 85% 幅5.0×奥行2.2×高さ2.8
4. 想定市場
  ホテル、病院など
5. 発売時期
  2018年度内を予定



以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.