富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 船舶用排ガス浄化装置の初出荷について

ニュースリリース

2018年10月1日
富士電機株式会社

船舶用排ガス浄化装置の初出荷について

  富士電機株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、船舶用排ガス浄化装置を当社千葉工場から本日初出荷しますので、お知らせいたします。

1. 背景

  国際海事機関(IMO)は、大気汚染原因物質の一つである硫黄酸化物(SOx)の排出量抑制に向け、船舶燃料の硫黄分濃度の上限を、指定海域※1を除く全海域で、2020年に0.5%(現在3.5%)とすることを定めています。本規制は新造・既存船問わず全船に適用され、船舶所有者は規制強化以降、低硫黄成分燃料へ切り替えるか、船舶用排ガス浄化装置(SOxスクラバ)を使用するなどの対応が必要となります。
  当社は、排ガスに海水を混ぜ、排ガス中の硫黄酸化物を低減するSOxスクラバを搭載した「船舶用排ガス浄化システム」を開発し、本日、SOxスクラバを当社千葉工場から初出荷します。

※1 北米、米国カリブ海、北海・バルト海他。2015年から0.1%に規制

当社製SOxスクラバ(千葉工場)

 

2. 当社製品の特長
  当社の「船舶用排ガス浄化システム」は、SOxスクラバに、排ガスの成分濃度をリアルタイムで計測できるガス分析計、海水を汲み上げる給水ポンプを制御するインバータやコントローラなどを組み合わせて提供します。98%以上の高い脱硫率で、0.1%規制の指定海域にも適用できます。

・独自技術で世界最小のSOxスクラバを実現

  当社製SOxスクラバは、世界で初めて内部構造にサイクロン技術を採用。排ガスに渦流を発生させ、らせん状に配した配管から海水を広く噴霧することで、効率的に海水(ないしはアルカリ剤)と排ガスを接触させます(右下図参照)。これにより、世界最小サイズ※2のSOxスクラバを実現。設置スペースに制限のある既存船への適用を容易にするとともに、システム搭載による積荷スペース低減を抑制します。
  なお、配管の構造(枝管らせん構造)とスプレーノズルの配置は当社が特許を取得しています。

※2 同じエンジン出力で比較した場合、他社既存製品に比べて体積で約50%小型化

 

・あらゆる海域で使用可能

  「オープンループタイプ」と「ハイブリッドタイプ」を用意しています。「オープンループタイプ」は、使用した海水を船外に排水する方式で、補機が少なく投資負担の少ないシステムです。「ハイブリッドタイプ」は、オープンループとクローズドループ(アルカリ剤を混ぜた循環水を使用する方式)を、船舶が運行する海域の規制に応じて切り替えることができ、排水禁止海域※3を含めたあらゆる海域での運行を可能とします。

※3 ドイツ河川及び港湾、ベルギー沿岸3マイル及び港湾、米国カリフォルニア州、コネティカット州、ハワイ州

・運航費用負担を抑制

  本システムを搭載することで、低硫黄成分燃料に切り替えることなく、現行燃料(C重油)を継続して使用することが可能となり、船舶所有者の運航費用負担抑制に貢献します。当社は本システムの投資回収期間を3年以内※4と試算しています。

※4 2018年9月時点の燃料価格、95,000DWT相当バルカー(ばら積み貨物船)の燃料消費量で試算

サイクロン技術を採用した
当社製SOxスクラバ

 

3. 主な適用先

  バルカー、タンカー、コンテナ船、自動車運搬船など

4. SOxスクラバの仕様

いずれのサイズもオープンループタイプとハイブリッドタイプを用意しています。

サイズ エンジン出力 塔径 塔高 概算質量
S ~8MW 2.0m 7.0m 5,000kg
M ~12MW 2.3m 8.0m 6,000kg
L ~16MW 2.7m 9.2m 8,500kg
5. 製品に関するお問い合わせ先
  富士電機株式会社 パワエレシステム事業本部
  ファクトリーオートメーション事業部 FA営業技術部
  03-5435-7168 

※本リリースに掲載している情報(製品仕様や価格、問い合わせ先等)は発表日時点のものであり、
   予告なく変更する場合もございます。あらかじめご了承ください。




以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.