富士電機株式会社

ニュースリリース

2021年5月11日
富士電機株式会社

工場の生産性向上の実現に向けて
ローカル5Gの実証実験を開始

富士電機株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、総務省から第5世代移動通信システム(以下、5G)の無線局免許を取得し、当社東京工場(東京都日野市)でローカル5Gを活用した実証実験を開始しましたので、お知らせいたします。

1. 背景・狙い

当社は、生産性向上に向けて、生産設備をネットワークでつないで生産状況や設備の稼働状態などのデータを活用し、生産現場における滞留の解消や、設備の予知保全によるトラブルの未然防止などを実現するスマートファクトリー化を推進しています。ここでは、大容量のデータをリアルタイムに通信させることが求められますが、従来の無線システムは、同時接続できる設備の台数やデータの通信速度に課題があり、工場のすべての設備のデータを収集できない、高精細な画像データの通信に時間を要するなどの問題がありました。
 5Gは、特長である「超高速・大容量」「超低遅延」「多点同時接続」により、従来の無線システムの課題を解決する新たな通信技術として期待されています。
 こうしたなか当社は、スマートファクトリーの強化による生産性向上の実現に向けて、パワエレシステム事業におけるシステム製品のマザー工場である東京工場で、ローカル5Gの実証実験を開始しました。本実証実験で得られた実績・知見を活かし、ローカル5Gを当社の生産活動に適用するとともに、5Gの特長を活かしたソリューションの創出を目指します。

2. 実証実験の概要

場所

富士電機株式会社 東京工場(東京都日野市富士町1番地)内の機械加工現場

※当工場は、計測機器やコントローラ、盤などを製造し、これらをシステム品として組み合わせて、産業プラント分野を始めとするお客様に提供しています。
機械加工現場では、各種製品に使われる板金部品などを加工しています。

内容
  • ①機械加工現場には、工作機械や加工中の金属材料などの遮蔽物が多く、こうした環境下における電波伝搬の調査
  • ②生産管理システムといった工場全体の情報を管理する基幹システムと、機械加工現場にある設備・機器間との大容量データの通信の検証(下図参照)
使用周波数 4.8GHz
実証実験(内容②)の一部(イメージ)

3. 実証実験に関するお問い合わせ先

富士電機株式会社
パワエレシステム インダストリー事業本部 事業統括部 事業計画部
☎03-5435-7055
※本リリースに掲載している情報は発表日時点のものであり、予告なく変更する場合もございます。
あらかじめご了承ください。
Top of page