富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > 風力発電所向け解析・制御技術

風力発電所向け解析・制御技術

  • デジタルイノベーション研究所
  • パワエレ)エネルギーソリューション
  • 創エネ
  • 安全・安心
  • 再エネの電力品質を維持し確実に送電する技術
  • 送電線の異常電圧・異常電流を解析
  • 高調波を無効電力補償装置や蓄電池制御で抑制

風力発電所では系統の条件によって電圧変動が発生する場合や、ケーブル・フィルタによって高調波の拡大(共振)が生じる場合など、電力品質が悪化するリスクがあります。

この電力品質の悪化をシミュレーションし、さらに異常電圧・異常電流を抑制・制御する技術を開発しています。

STATCOMによる高調波抑制対策の全体構成例

STATCOMによる高調波抑制シミュレーション結果

VSTLによるサージ解析用風車モデル例
※VSTLは(一財)電力中央研究所が開発した汎用サージ解析プログラム

落雷時の異常電圧シミュレーション結果

Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.