富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > 熱処理設備への誘導加熱(IH)適用技術

熱処理設備における誘導加熱(IH)技術

  • 事業部門・生産技術部門
  • 生産技術
  • 省エネ
  • 非磁性体の高効率・高速・高精度加熱
  • 電磁界・熱流体解析等によるIHコイル設計
  • IH化による環境負荷低減

誘導加熱(IH)を社内の熱処理や接合などの製造設備等向けに開発し、展開しています。電磁界・熱流体シミュレーション技術を駆使して、銅やアルミなど非磁性材料を高効率かつ高速、高精度に加熱します。

従来のガスバーナ加熱や電気炉よりもCO2排出量が50%低減、60%小型化、54%省エネ化します。さらに、優れた温度制御性により製品品質や生産性が向上します。

誘導加熱装置(従来装置と比較して小型化を実現)

関連製品

Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.