富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > IoTプラットフォーム

IoTプラットフォーム

  • デジタルイノベーション研究所
  • パワエレ)エネルギーソリューション
  • パワエレ)インダストリーソリューション
  • 器具
  • 発電
  • 食品流通
  • 共通基盤・先端技術
  • 省エネ
  • 安全・安心
  • IoT
  • エッジ:現場の機器に繋げてデータを容易に収集
  • AI:お客様のデータを解析して新たな価値を創出
  • サーバ:お客様が任意のクラウドベンダを選択

IoTプラットフォームは、富士電機のIoTコンセプトである「フィールドデバイスとアナリティクス・AIを活かし、お客様にとっての新たなIoT価値を創出する」ためのIoTサービス基盤である。

現場のデータを収集しクラウドへ送るエッジコントローラ、データを解析し価値に変えるアナリティクス・AI、汎用クラウドサービスを活用するサーバシステム、さらにシステムおよびデータを保護するセキュリティ等により構成される。

さらに、エッジヘビー化の流れに対応し、エッジコントローラへのAI機能の搭載にも取り組んでいる。

IoTプラットフォームの構成

Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.