富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > 複合ストレス絶縁評価技術

複合ストレス絶縁評価技術

  • 先端技術研究所
  • パワエレ)エネルギーソリューション
  • パワエレ)インダストリーソリューション
  • 器具
  • 電子デバイス
  • 共通基盤・先端技術
  • 安全・安心
  • 過酷環境の複合ストレスを再現
  • 様々な動作環境に対応した製品設計を実現
  • パワエレ機器の絶縁信頼性向上

パワーエレクトロニクス機器は、用途拡大に伴って海上や高地などの過酷な環境でも使われるようになってきました。しかし、従来の絶縁評価は過酷な環境や複雑な環境を再現しきれていない課題がありました。そこで、従来の電気的負荷や機械的負荷に環境的負荷(気圧や汚損)を加えて複合ストレスを模擬した絶縁信頼性評価技術を構築し、製品信頼性向上に貢献しています。

パワエレ機器の用途拡大と過酷な複合ストレス環境例

一般環境と複合環境における放電発生電圧・状態の比較検証

Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.