富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > 耐振動衝撃設計技術

耐振動衝撃設計技術

  • 先端技術研究所
  • パワエレ)エネルギーソリューション
  • パワエレ)インダストリーソリューション
  • 電子デバイス
  • 共通基盤・先端技術
  • 安全・安心
  • 外部振動衝撃状態の推定技術の構築
  • 可動機構や電子機器の振動衝撃設計・疲労強度評価技術の構築

実際の使用中に受ける過酷な振動や衝撃に耐える製品を生み出すため、鉄道車両のドア開閉装置やEV用パワエレ機器の高信頼化や電気盤の耐振性強化が必要です。

そのため、実測が困難な使用中の振動や衝撃を推定し再現する実振動衝撃再現技術、可動機構を持つ構造や電子機器の耐振動衝撃設計技術や振動疲労の解析評価技術を開発しています。

車両機器の振動モード実測結果と解析結果

車載機器に内蔵する電子部品の振動応答解析結果

関連製品

Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.