インダクションレードルヒータ

レードル内溶融金属の保温、昇温、成分調整、真空精錬などの目的のために開発したレードルヒータです。レードルは加熱することなく、内の溶融金属のみを効率よく誘導加熱します。

特長
インダクションレードルヒータ
  • レードルと加熱コイル部は分離された構造です。

  • レードル自体を容易に吊り上げ抜き出すことができます。

  • 加熱コイル部には案内用ガイドが設けられており、レードルをセンタリングしながら挿入することができます。

  • レードルは鉄皮構造で堅ろうに作ることができます。

  • 高効率の加熱ができます。

  • 電源はグレボー一式三相平衡回路を用いる方式を標準としています。無段階式入力調整を要求される場合にはインバータを採用することができます。

  • 全体がシンプルでメンテナンスを簡単に行えます。

  • レードルは冷却(風冷または水冷)する必要が無いため、一般のレードルと同様な搬送等の取り扱いができます。

  • 装置全体はコンパクトで大きな設置スペースは不要です。
    (真空ベッセル等に収納することが容易です。)

標準仕様

溶融金属材質は、鉄、非鉄、いずれも応用できます。

用途
  • レードル内溶融金属の保温

  • レードル内溶融金属の昇温

  • レードル内溶融金属の成分調査

  • レードル内溶融金属の真空精錬

  • レードル内溶融金属の連続鋳造、バッチ鋳造

  • その他の当該技術の応用

実用化実験結果
実験装置の外観
2tレードル
加熱コイル部
実験結果
  • レードル鉄皮をスーパーヒートすることなく、レードル内のSUS材1tの冷材を1600℃まで溶解昇温ができました。そのときの各部の温度上昇を示します。

電気設備(主回路)
電気設備(電気室)
調整変圧器
実績事例
加熱コイル部
仕様
実験装置の外観
6tレードル(使用前)
レードルを加熱部に挿入