富士電機株式会社

総合設備
管理サービスとは?

3つの管理を連携させることで、相乗効果を発揮

富士電機の総合設備管理サービス

「省エネ」「効率化」「コスト削減」を実現する富士電機の3つのサービス連携

富士電機では、「エネルギー管理」「設備稼働管理」「保全管理」の3つのサービスを連携させることで、さまざまな部分で「省エネ」「効率化」「コスト削減」の実現が可能です。

1 エネルギーロスの原因調査を実施

エネルギー使用量 > 製造実績警戒情報

エネルギー使用状況から、製造実績情報・警報情報を表示し、エネルギーロスの原因調査を実施。

富士電機の総合管理システムで重要とされる3つの柱

エネルギー管理
エネルギーのリアルタイム計測によりエネルギー利用を「見える化」し、省エネを実現します。
保全管理
作業情報や故障情報など様々なデータを活用し、保全管理の効率化とコスト削減をサポートします。
設備稼働管理
各設備の計測データをクラウド上で情報収集し、複合拠点・遠隔地の設備の状態を統合的に監視します。

設備管理を見える化×効率化し、
他社に差をつける!

ダウンロードはこちら

サービス内容が分からない、
資料が欲しいなど、
まずはお問い合わせください!

富士電機の総合設備管理サービスのことが分かるパンフレットを今なら無料でプレゼント中!幅広い知識をもった専門家が、徹底的にサポートいたします!少しでもお悩みのことがありましたら、お気軽にご相談ください!

製品について問い合わせる

ページの先頭へ戻る