富士電機株式会社

保全管理サービス

保全管理の「効率化」と「コスト削減」をサポート

保全管理サービス

保全管理サービスとは

設備の情報や作業情報、故障情報などの様々なデータを活用し、保全業務を最適化。「何を・いつ・どのように」保全すべきか、より良い作業計画が立てられるので、ムダのない保全業務が可能です。また、過去のノウハウを活用し、事故を未然に防ぐ「予防・予知保全」にも貢献します。

富士電機の保全管理
サービスの導入で、
このようなことが実現します。

  • 保全業務の効率化と
    コストの削減
    Integrated monitoring

    従来の定期保全から、本サービスにより定期保全から設備コンディションベースの保全業務に移行することで、保全業務を効率化。保全コストも抑えることができます。

  • 予防・予知保全で
    設備の停止を短縮
    Integrated monitoring

    類似した設備の故障原因・対策のデータを蓄積し活用することで、故障前に部品の交換・補修が可能です。設備トラブルを未然に防止する事で、設備の停止による販売機会の損失を防ぎます。

  • 交換部品の在庫を
    必要最小限に圧縮
    Integrated monitoring

    設備稼働状態を収集することにより部品の交換周期を最適化できるため、定期交換部品の在庫を必要最小限に抑えることができます。複数拠点の予備品在庫を一括管理する事で、予備品のコストを低減できます。

  • ノウハウを共有し、
    保全の質を向上
    Integrated monitoring

    ベテランの保全担当者が故障への処理を行った際、そのノウハウを登録可能です。蓄積された処理ノウハウを共有できるので、保全の質を全体的に上げることができます。

システム概要

保全業務を効率化する
保全管理サービスの機能

1 ロケーション管理

お客様お手持ちの図面や画像を活用して設備の配置を登録すれば、直感的に分かりやすい設備管理ができます。

設備管理を見える化×効率化し、
他社に差をつける!

ダウンロードはこちら

サービス内容が分からない、
資料が欲しいなど、
まずはお問い合わせください!

富士電機の総合設備管理サービスのことが分かるパンフレットを今なら無料でプレゼント中!幅広い知識をもった専門家が、徹底的にサポートいたします!少しでもお悩みのことがありましたら、お気軽にご相談ください!

製品について問い合わせる

ページの先頭へ戻る