富士電機株式会社

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

製品名から検索する

工業電熱製品

鋳造分野

鉄鋼/非鉄分野

各種用途/電源装置

予防保全

保全計画

予防保全の重要性

誘導炉は、高温に溶けた金属を保つ耐火物・炉体と高電圧・大電流の電源とで構成され、しかも、冷却水や油圧回路も組み合わさった非常に特異性のある電気設備です。安全かつ安定した操業を行う上で、日常の運転前点検と定期的な部品交換が欠かせません。
設備トラブルは、企業にネガティブなイメージを与え経営リスクの一部となります。ここでは、リスク低減のための代表的な予防保全事例をご紹介させていただきます。

主な保全のポイント

炉体まわり 電源機器まわり 冷却水装置まわり

予防保全のメリット

予防保全の実施は、事故未然防止・経年劣化対策・延命化が図れ、特にバスタブ曲線の「摩耗故障期」に有効に力を発揮します。

保全計画

※本計画書は代表的な機器の交換周期概念を示したものであり、機器の寿命を一律に規定するものではありません。
   お客様のご操業・設備状況に応じた計画をご提案させていただきます。

  • カタログダウンロードカタログダウンロード
  • お問合せお問合せ
ページの先頭へ戻る