富士電機株式会社

納入実績

原子炉遠隔解体
遠隔解体技術試験装置
原子炉の圧力容器モデルは,実機の主要な原子炉構造物を同等の材料,同一サイズで忠実に模擬していることが特長です。
長期の運転終了後,放射線レベルが高いため人の近づけない原子炉容器などを遠隔で解体処理する技術(圧力容器の切断,切断片のロボットアームによる移動,放射能性物質分別など)の実証試験を行ない、実機の遠隔解体に役立つ各種データを取得しました。