富士電機株式会社

DL3115シリーズのバッテリ交換・廃棄について

DL3115シリーズのバッテリ交換・廃棄について

DL3115シリーズのバッテリの交換と廃棄方法についてご紹介します。製品情報については下記ページをご覧ください。

機器・ラック規模向けUPS:DL3115シリーズ

  • バッテリー交換方法について
  • バッテリ廃棄について

バッテリ交換

交換作業は、電気作業の経験・知識のある方が行ってください。以下の手順以外の方法で行う場合、故障、感電のおそれがあります。また、交換をご依頼の場合は、お求めの販売店にご連絡ください。

注意

  • 指輪、金属製の腕時計、ブレスレット、ネックレス等、金属製の装身具は必ず作業前に外してから作業を行ってください。
  • プラスドライバーをご用意ください

1.内蔵バッテリを交換する

内蔵バッテリの交換は、以下の手順で行ってください。

(1)負荷装置の電源を切り、そのプラグをUPSから外します。

(2)UPSの電源を切り、電源から電源コードを抜きます。平らな安定した場所に置いてください。

(3)UPSを倒して、UPSの底にあるバッテリのふたを締めているネジを外し、ふたをスライドして外します。

※ネジを紛失しないようにしてください。

(4)取り外し用のタブを持って、ゆっくりとバッテリを上に引き出します。

(5)バッテリとUPSを接続している黒色バッテリケーブルを外します。次に、赤色バッテリケーブルを外します。

(6)バッテリを交換します。

(7)バッテリケーブルを新しいバッテリに接続します。赤色ケーブルをバッテリのプラス端子(+)に、黒色ケーブルをマイナス端子(-)に接続してください。接続後、新しいバッテリを慎重にケースに入れます。

(8)バッテリのふたをスライドさせてはめこみ、ネジで締めます。

※ネジは(3)にて外した物を使用してください。

(9)電源コードを電源に差し込み、UPSの電源を入れます。

(10)負荷装置をUPSに接続します。一台ごとに負荷装置の電源を入れます。

注意

  • バッテリの端子部分が固く、抜けにくい場合があります。カギ等の金属片を使っての取り外し作業は絶対に行わないでください。
  • また、引き抜きは強く、まっすぐに行ってください。

図:DL3115シリーズの内蔵バッテリ交換

300VA-500VAモデル

300VA-500VAモデル

650VAモデル

650VAモデル

2.新しいバッテリをテストする

テスト/アラームリセットボタンを3秒間押し続けて、バッテリテストを開始します。UPSは自動的に、負荷装置の一部を15秒間バッテリに接続し、バッテリ性能をテストします。

バッテリに問題がある場合、UPSはノーマルモードに戻り、警告音が鳴ります。この場合は、お買い求めの販売店にお問い合わせください。

注意

  • 試験の前に24時間バッテリを充電することをおすすめします。

バッテリの廃棄について

この製品にはシール鉛蓄電池が搭載されており、「廃棄物の処理および清掃に関する法律」において、「特別管理産業廃棄物」に指定されていますので、むやみにバッテリを廃棄することはできません。

富士電機の窓口より購入された場合や、富士電機の関係者がバッテリを用意して交換作業を実施した場合は下取りは可能です。それ以外の場合は産業廃棄物処理業者へ依頼してください。

ページの先頭へ戻る