富士電機株式会社

タンク内レベルの適正管理にレベル計

接触式では困難な環境のタンク内測定も液体から溶鋼湯面まで、非接触で高精度に計測します。

  • 高温・高圧・低温、高塵埃など、あらゆる環境での測定が可能
  • 多彩なレベル測定機能で、高い精度で測定

線源容器

線源容器

線源容器

検出器

検出器

電子回路部

幅広く対応する多彩なレベル測定機能

お客様のプラントの種類や環境、また、タンクの内容物に応じてエンジニアリングし、幅広いレベル測定に柔軟に対応します。

アライアンスによる日立製作所互換機

ご利用いただく特殊計測器は、日立互換器NNシリーズです。多数の納入実績と各種産業分野で高い評価を誇る日立製作所の技術に、富士電機のノウハウを加え製造・販売します。

防爆エリアでの使用が可能

安全に使用していただくため、厳正な認証を行なう検定機関による"防爆認定"を取得。石油・化学プラント、ガス・ガソリン・薬品などの防爆エリアでの使用が可能です。

高精度、多機能な変換器もご用意

長年培ってきたノウハウを活かした演算処理により、容易に動作チェック、線源減衰の補正が可能。また、再現性、リニアリティ特性、操作性を向上させています。

方式とその原理

ON-OFF方式

測定タンクを挟んで、γ線源と検出器を対向して配置します。タンク内容物が、線源と検出器とを結ぶ基準レベルより上にあるときは、γ線が側壁と内容物によって吸収され、検出器は微量の放射線しか検出しません。内容物のレベルが基準レベルより下がると、内容物に吸収されないため、検出されるγ線が急激に増えることになります。この検出量の差によって、内容物のレベルが基準レベルより上か下かを判別できます。

連続測定方式

有効長の長い検出器、または棒状に分布された線源を用いると、検出量は急激には変化しません。タンク内容物のレベルが下がると、γ線が内容物によって吸収される割合が徐々に小さくなり、また検出器には次第に多くのγ線が検出されるようになります。内容物の増減の変化を連続的に把握することができます。

NNMRLSO(対応日立形式RLS-O)
〈Nalシンチレータ使用〉
簡単にON-OFF信号を取り出せます。 線源量を少なくしたい場合に適しています。

NNMRLSH(対応日立形式RLS-H)
〈プラスチックシンチレータ使用〉
タンク形状が単純で、測定範囲が広い場合に適しています。直線性に優れています。NNMRLSMに比べ線源が少なくてすみます。

NNMRLSM(対応日立形式RLS-M)
〈Nalシンチレータ使用〉
タンク形状が単純で、壁が厚く測定範囲が広い場合に適しています。

NNMRLSL(対応日立形式RLS-L)
〈Nalシンチレータ使用〉
タンク形状が複雑で壁が厚く測定範囲がせまい場合に適しています。

仕様

形式 ON-OFF形
NNMRLSO
システム仕様
再現性 ±5mm以下
リレー動作レベル γ線強度の0〜40%で可変
漏えい線量当量(シャッター閉時) 容器表面から1mで2.6μSv/h以下(標準)
線源 60Coまたは137Cs
検出器
検出器素子 NaIシンチレータ
構造 耐圧防爆構造 ExdⅡBT4
電子回路部
出力 リレー接点
電源 AC100V
形式 連続測定形
NNMRLSH NNMRLSM NNMRLSL
システム仕様
測定範囲 500〜1500mm 0〜5000mm 0〜500mm
再現性 ±1%FS以下 ±2%FS以下 ±2%FS以下
直線性 ±1%FS以下 ±5%FS以下 ±5%FS以下
漏えい線量当量(シャッター閉時) 容器表面から1mで2.6μSv/h以下
線源 60Coまたは137Cs
検出器
検出器素子 プラスチックシンチレータ Nalシンチレータ
構造 耐圧防爆構造 ExdⅡBT4 耐圧防爆構造 ExdⅡBT4
電子回路部(変換器)
出力 DC4〜20mAおよび
DC1〜5V リレー接点2点
DC0〜10mVまたはDC4〜20mA
電源 AC85V〜138V AC100V

ダウンロード

ページの先頭へ戻る