富士電機株式会社

自励式電力回生インバータ

直流電気鉄道では、回生電力を車両間で電力融通することを省エネの1つとしています。
しかし、電力を消費する車両がない場合は、回生電力を活用することができません。富士電機の電力回生インバータは、活用することができない余った回生エネルギーを駅構内設備(空調、照明など)、信号機器、通信機器など様々な施設に電気を供給できます。回生電力の有効活用を実現して、直流電気鉄道全体の省エネルギーに大きく貢献します。
また、小型コンパクト設計により、狭小変電所や駅ホームの余剰スペース、線路脇など、小さな場所に設置することができます。

自励式電力回生インバータ

概念イメージ

回生電力を有効活用して、鉄道施設内の各機器・設備へ電力を供給。

ページの先頭へ戻る