富士電機株式会社

ソフトカプセル検査装置

  • 透明・不透明カプセルの両方を検査可能
  • カプセルの360°全周を検査
  • 処理量 オーバル型:10万錠/時以下(球形:最高90万錠/時)
  • カプセル形状に応じたテーブルの段取り替えによる多品種検査が可能

検査対象

  • 透明カプセル、不透明カプセル
  • オーバル型カプセル
  • 球形カプセル
  • オブロング型カプセル

ソフトカプセル検査の課題

ソフトカプセルの形状表面特性のため、自動検査が困難

検査方式

ワーク搬送とカメラハンドリングによる全周検査

構成例

ソフトカプセル検査装置 構成例

ページの先頭へ戻る