富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 製品情報 > サービスソリューション > サービスメニュー > 予防保全 > 受変電設備の予防保全 > 受変電開閉器劣化診断サービス CB-DEC Measureing Equipment of Characteristics for Circuit Breaker

サービスソリューション

受変電設備の予防保全


受変電開閉器劣化診断サービス
CB-DEC

Measureing Equipment of
Characteristics for Circuit Breaker
特高・高圧遮断器・接触器は、納入後15 〜 20年を経過すると、経年劣化に起因する不具合が顕在化してきます。
設備事故の未然防止のため "劣化動作特性測定装置(CB-DEC)" により開閉機器の劣化状態を定量的に診断致します。
お客さまの設備管理のレベルアップをお約束します!
  1. 開閉器の劣化状態の定量把握
  2. 診断結果・蓄積データを基にした最適保全計画の提案
  3. ライフサイクルコスト低減に貢献
劣化診断の概要

VCB開路速度傾向管理

制御装置の接触抵抗傾向管理

劣化診断適用例
受変電設備
  • 特高・高圧遮断器
  • 高圧電磁接触器
劣化診断の特長
  • 蓄積データをベースにした解析技術
  • 各機器の各種測定、自動判定、記録およびアウトプットが短時間で可能
  • トレンドによる特性傾向管理 (※クラウド上で運用展開が可能)
劣化診断装置の導入効果
  • 定量的な劣化判定による適切な点検周期、更新時期の推奨、提案
主な診断内容

CB-DEC(遮断器・開閉器劣化診断)

  1. 開閉動作特性
  2. 絶縁抵抗
  3. 主回路接触抵抗
  4. 開閉速度特性
  5. 特性変化傾向管理

ライフサイクル支援「COMET」サービスメニュー

お問い合わせ
サービスに関する
お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

サービス・設備診断に関する
カタログはこちらから

カタログ一覧

ページの先頭へ戻る


Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.