富士電機株式会社

環境・社会・ガバナンス環境データ集2019年度

 

集計範囲:環境ISO14001の取得拠点(カバー率99.6% 従業員比)

エネルギー購入量

エネルギー購入量実績推移

注意:四捨五入表示のため、単純合計の端数が合わない場合があります
種別 単位 2013実績 2014実績 2015実績 2016実績 2017実績 2018実績 2019実績
非再エネ 国内電力購入量 GWh 254.293 241.648 229.340 225.847 230.147 235.376 242.174
海外電力購入量 GWh 202.684 202.607 199.804 193.596 191.898 206.664 194.063
合計電力購入量 GWh 456.976 444.255 429.144 419.443 422.045 442.040 436.237
再エネ 海外電力購入量 GWh 0.000 0.000 0.000 0.000 0.000 0.228 1.309
合計電力購入量 GWh 456.976 444.255 429.144 419.443 422.045 442.268 437.546
国内燃料購入量 TJ 1,942.090 1,936.381 2,005.175 2,053.106 2,000.718 2,005.359 1,957.761
(GWh) 539.470 537.883 556.993 570.307 555.755 557.044 543.823
海外燃料購入量 TJ 90.546 79.890 77.928 147.350 157.705 148.428 121.560
(GWh) 25.152 22.192 21.647 40.931 43.807 41.230 33.767
合計燃料購入量 TJ 2,032.637 2,016.270 2,083.103 2,200.456 2,158.423 2,153.787 2,079.321
(GWh) 564.621 560.075 578.640 611.238 599.562 598.274 577.589
合計 GWh 1,021.598 1,004.330 1,007.784 1,030.681 1,021.607 1,040.542 1,015.136
  1. 1. 2017年度から、タイとシンガポールの拠点を追加するに当たって、当社のこれまでの削減活に影響がないように、基準年に遡って修正しました。
  2. 2. 熱の購入は有りません。
    (注)燃料購入量は、燃料の燃焼熱量(HHV)(J)で集計。また、1GWh=3600GJ=3.6TJで換算しています。
  3. 3. 最終行の合計には、再エネ発電電力購入量を含みますが、自発電力(非再エネ、再エネ)電力量は含みません。
  4. 4. 太字は第三者検証済(検証報告書は、こちら

2019年度燃料購入量内訳

  単位 国内 海外 合計 単位 国内 海外 合計
ガソリン kL 733.619 96.615 830.234 GWh 7.051 0.929 7.979
灯油 kL 269.508 0.000

269.508

GWh 2.747 0.000 2.747
軽油 kL 91.257 149.411 240.668 GWh 0.956 1.565 2.520
重油 kL 2,233.066 104.500 2,337.566 GWh 24.254 1.135 25.389
LPG(液化石油ガス) t 330.366 75.373 405.739 GWh 4.662 1.064 5.725
LNG(液化天然ガス) t 5,167.010 0.000 5,167.010 GWh 78.366 0.000 78.366
都市ガス(熱量換算※) 千m3 34,062.945 2,325.984 36,388.928 GWh 425.787 29.075 454.862
  合計(GWh) 543.823 33.767 577.589
  1. ※供給会社毎に体積当たりの発熱量や供給管毎に圧力が違うので、0℃1気圧の千m3当たり45GJのガス量に換算しています。

自家用発電電力量実績推移

単位:GWh
種別 2013実績 2014実績 2015実績 2016実績 2017実績 2018実績 2019実績
非再エネ 国内自家発発電量 122.363 127.017 136.198 143.586 140.751 141.579 140.512
海外自家発発電量 0.000 0.108 0.000 0.095 0.402 0.050 0.289
合計発電量 122.363 127.126 136.198 143.681 141.153 141.629 140.802
再エネ 国内自家発発電量 0.413 0.413 0.487 0.487 0.487 0.487 0.539
海外自家発発電量 0.526 0.526 0.526 0.526 0.638 0.672 2.113
合計発電量 0.939 0.939 1.012 1.012 1.125 1.158 2.652
ページの先頭へ戻る

温室効果ガス排出量

温室効果ガス排出量推移

単位:千トン-CO2e
種別 2013
年度 (基準年)
2014
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2030年度
(目標:▲31%)
2050年度
(目標:▲80%)
国内CO2 244.6 236.8 229.5 225.4 221.2 219.3 212.2    
国内CO2以外のGHG 93.3 101.9 103.6 72.4 69.1 74.6 59.7    
国内総GHG 337.8 338.7 333.2 297.8 290.3 293.9 271.9    
海外CO2 143.2 142.0 139.8 134.1 134.5 138.0 128.8    
海外CO2以外のGHG 54.9 56.8 46.3 35.2 59.2 88.9 55.8    
海外総GHG 198.1 198.9 186.0 169.3 193.7 226.9 184.6    
国内海外合計CO2 387.8 378.8 369.3 359.5 355.7 357.3 340.9    
国内海外合計CO2以外のGHG 148.2 158.7 149.9 107.6 128.3 163.5 115.5    
国内海外合計 総GHG 536.0 537.5 519.2 467.1 484.0 520.8 456.5 369.8 107.2
(同 売上高原単位(t-CO2e/億円) 70.53 66.30 63.82 55.76 54.17 56.9 50.68 32.42(計画)  

温室効果ガス排出量を 直接排出(スコープ1):燃料の燃焼に伴うCO2とCO2以外GHG排出、
           間接排出(スコープ2):電力使用に伴うCO2で再分類

国内 スコープ1(直接排出) 193.7 201.7 206.6 177.9 171.5 177.2 159.7    
国内 スコープ2(間接排出) 144.2 137.0 126.6 119.9 118.8 116.7 112.1    
海外 スコープ1(直接排出) 59.8 61.1 50.4 42.8 67.5 96.6 62.2    
海外 スコープ2(間接排出) 138.4 137.8 135.6 126.4 126.2 130.3 122.4    
国内海外合計 スコープ1 253.4 262.7 256.9 220.7 239.0 273.8 221.9    
国内海外合計 スコープ2 282.5 274.8 262.2 246.3 245.0 247.0 234.5    
合計 スコープ1+2(総排出)
(上記国内海外合計 総GHGと同じ)
536.0 537.5 519.2 467.1 484.0 520.8 456.5 369.8 107.2
  1. 1.集計範囲:
    国内 富士電機の工場とオフィスなどを含むすべての国内連結子会社の数値を集計
    海外 富士電機の連結生産子会社
  2. 2.電力係数:購入電力1kWh当たりの発電所で間接的に排出するCO2排出量
    国内 出典 経団連「低炭素社会実行計画」で用いる日本の
    平均電力係数(クレジット償却後):2019年度は0.463kg-CO2e/kWhを使用
    海外 出典 IEA-EMISSION FACTORS: DATABASE DOCUMENTATION
    (2019 edition)より、国別の平均電力係数最新値:2019年度は2017年値を使用
  3. 3. 太字は第三者検証済(検証報告書は、こちら

スコープ1の内訳

単位:千トン-CO2e
  排出
ガス種
2013年度実績 2014年度実績 2015年度実績 2016年度実績 2017年度実績 2018年度実績 2019年度実績 主な用途
国内
スコープ1
CO2 100.4 99.8 102.9 105.4 102.4 102.5 100.1 コジェネ発電、ボイラー、乾燥炉、
構内自動車、暖房
HFCs 1.3 5.5 3.5 3.7 3.1 2.8 3.5 断熱材(ウレタン発砲)、
半導体のエッチング原料、冷媒
PFCs 64.7 66.3 62.7 42.3 43.7 45.5 33.7 半導体のエッチング原料、冷媒
SF6 27.1 29.9 37.0 26.1 21.7 25.8 22.1 絶縁ガス、半導体のエッチング原料
NF3 0.3 0.1 0.4 0.4 0.6 0.6 0.4 半導体のエッチング原料
合計 193.7 201.7 206.6 177.9 171.5 177.2 159.7  
海外
スコープ1
CO2 4.8 4.3 4.1 7.7 8.3 7.7 6.3 ボイラー、構内自動車、乾燥炉、
非常用発電機
HFCs 34.3 34.0 40.1 27.7 50.0 58.6 42.5 溶剤、半導体エッチング原料、冷媒
PFCs 1.3 1.0 0.7 0.9 0.9 1.0 0.9 半導体のエッチング原料
SF6 19.3 21.8 5.5 6.5 8.3 29.2 12.4 絶縁ガス、半導体のエッチング原料
合計 59.8 61.1 50.4 42.8 67.5 96.6 62.2  
国内海外
スコープ1合計
CO2 105.2 104.0 107.0 113.1 110.7 110.2 106.4 コジェネ発電、ボイラー、乾燥炉、
構内自動車、暖房
HFCs 35.6 39.5 43.6 31.4 53.1 61.4 46.0 溶剤、断熱材(ウレタン発砲)、
半導体のエッチング原料、冷媒
PFCs 66.0 67.4 63.4 43.1 44.6 46.5

34.6

半導体のエッチング原料、冷媒
SF6 46.4 51.7 42.5 32.6 30.1 55.0 34.5 絶縁ガス、半導体のエッチング原料
NF3 0.3 0.1 0.4 0.4 0.6 0.6 0.4 半導体のエッチング原料
合計 253.4 262.7 256.9 220.7 239.0 273.8 221.9  

2019年度スコープ1,2国別内訳

単位:千トン-CO2e
国名 スコープ1 スコープ2 合計 電力係数 単位
日本 159.731 112.127 271.9 0.4630 kg-CO2e/kWh
マレーシア 58.341 78.875 137.2 0.6500 kg-CO2e/kWh
中国 3.080 30.810 33.9 0.6227 kg-CO2e/kWh
フィリピン 0.215 8.094 8.3 0.6688 kg-CO2e/kWh
タイ 0.362 4.208 4.6 0.4726 kg-CO2e/kWh
シンガポール 0.000 0.331 0.3 0.3950 kg-CO2e/kWh
フランス 0.190 0.096 0.3 0.0690 kg-CO2e/kWh
  1. 1.電力係数出典
    国内:経団連「低炭素社会実行計画」で用いる日本の平均電力係数
    海外:IEA-EMISSION FACTORS:DATABASE DOCUMENTATIONより国別の平均電力係数最新値
  2. 2. 太字は第三者検証済(検証報告書は、こちら

温室効果ガス排出量(スコープ3)推移

カテゴリ 内容 排出量(t-CO2e) 算定範囲と方法
2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 同比率
上 流 1 購入した製品・サービス 156,245 156,245 164,333 158,532 155,372 166,338 247,954 235,863 5.6% 国内外工場が調達した原材料の生産に係わる排出量(※1)
2 資本財 91,266 91,266 83,230 79,499 77,777 76,055 124,271 138,334 3.3% 国内外の投資設備の建設・製造に係わる排出量
3 購入したエネルギーの 調達(SC1,2以外) 28,853 28,853 30,555 30,788 31,207 30,684 30,796 30,482 0.7% 国内で調達した燃料や、電気エネルギーの発電に必要な燃料の生産に係わる排出量
4 輸送・配送
(上流)
11,777 11,777 13,496 11,679 12,172 13,586 13,994 12,262 0.3% 自らの輸送に係わる排出量(国内分) (物流における環境負荷の報告と同じ)
5 事業から出る廃棄物 4,511 4,511 5,050 5,035 5,173 5,085 5,394 5,584 0.1% 国内工場から排出される廃棄物の処理に係わる排出量
6 出張 1,998 1,998 1,956 1,922 1,922
(※2)
1,930 1,930
(※3)
1,927 0.0% 国内の従業員の出張に係わる排出量
7 通勤 8,313 8,313 8,137 8,396 8,396
(※2)
8,231 8,231
(※3)
8,758 0.2% 国内の事業所への通勤に係わる排出量
8 リース材上流 0 0 0 0 0 0 0 0 0.0% リース資産の使用に関わる排出量は、スコープ1および2の算定に含まれるため、0とする
下 流 9 輸送・配送
(下流)
× × × × × × × × 製品輸送(カテゴリ4)先からの移動は僅少のため、算定外
10 販売した製品(部品)の加工 × × × × × × × × 下流で加工が必要な中間製品の販売がないため、算定外
11 販売した製品の使用 2,612,000 3,140,000 2,781,797 2,898,124 2,985,048 3,008,094 4,111,132 3,803,081 89.7% 当年度に国内外へ出荷された民生分野向け製品※3の寿命まで使用した場合の排出量
12 販売した製品の廃棄 × × × × × × × × 当社製品は金属の割合が高くリサイクル時の排出は少ないと想定されるため、算定外
13 リース材(下流) 0 0 0 0 0 0 0 0 0.0% 該当する排出はない
14 フランチャイズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0.0% 該当する排出はない
15 投資 0 0 0 0 0 0 0 0 0.0% 該当する排出はない
合計 2,914,963 3,442,963 3,088,554 3,193,975 3,277,067 3,310,003 4,543,702 4,236,291
  1. ※1 2018年度から国内外の原材料の購入で算出、2017年度までは海外調達分を含みません。
  2. ※2 出張、通勤時のCO2排出量:大きな変動が無いこと、全体の排出量に大きな影響を与えないことから、 2年1回更新しています。
  3. ※3 産業向け製品は、顧客の排出量報告に含まれるため算出しない。民生分野で使われるテレビ・パソコン用の電源部品の損失電力や、
     自販機やショーケースの消費電力と冷媒ガス封入量など、自社製品の影響が直接及ぶ範囲で算定。
ページの先頭へ戻る

排出量取引

排出量取引状況

単位:t-CO2e
サイト
期間
排出権の獲得 排出権の購入 排出権の償却 残高
東京都 東京工場
2010~2018年度
5,154
(4,184)
0
(0)
0
(0)
5,154
(4,184)
埼玉県 吹上工場
2011~2018年度
27,329
(23,901)
0
(0)
0
(0)
27,329
(23,901)
シンセン市
2013~2019年
12,492
(12,492)
9,493
(9,493)
8,505
(7,835)
13,480
(14,150)
  1. ( )内は前年報告値

排出量取引制度

地区 第二期削減期間 削減目標
(カッコ内は第一期)
東京都 東京工場 2015-2019 年度 基準排出量比▲15%
(▲6%)
埼玉県 吹上工場 2015-2019 年度 基準排出量比▲13%
(▲6%)
シンセン市 2016-2020 年 原単位を毎年▲5.59%
(▲6.1%)
ページの先頭へ戻る

再生可能エネルギーの取り組み

再生可能エネルギー利用量推移

単位:MWh
種別 2005年度
実績
2006年度
実績
2007年度
実績
2008年度
実績
2009年度
実績
2010年度
実績
2011年度
実績
2012年度
実績
2013年度
実績
2014年度
実績
2015年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
2023年度
計画
グリーン電力証書購入量 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000                  
国内太陽光自家発電発電量 14 14 14 14 66 98 98 98 413 413 487 487 487 487 539 539
海外太陽光自家発電発電量                 526 526 526 526 638 672 2,113 7,113
海外太陽光発電購入量                           228 1,309 455
合計 1,014 1,014 1,014 1,014 1,066 1,098 1,098 98 939 939 1,012 1,012 1,125 1,386 3,962 8,107
  1. (注)太陽光発電の購入は海外のみで実施

再生可能エネルギー発電事業の供給能力推移(FIT売電)

単位:MWh
種別 2009年度
実績
2010年度
実績
2011年度
実績
2012年度
実績
2013年度
実績
2014年度
実績
2015年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
風力発電 2,628 2,628 2,628 2,628 2,628 2,628 2,628 2,628 2,628 2,628 2,628
太陽光発電       2,102 3,154 4,205 4,205 4,205 4,205 4,205 4,205
合計 2,628 2,628 2,628 4,730 5,782 6,833 6,833 6,833 6,833 6,833 6,833

再生可能電源出荷容量

単位:MW
種別 2009年度
実績
2010年度
実績
2011年度
実績
2012年度
実績
2013年度
実績
2014年度
実績
2015年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
合計 89 206 219 212 562 633 576 750 249 590※1 488
  1. ※1 2019年報告時点で納入実績集計漏れを修正
      地熱発電、水力発電、バイオマス発電、太陽光発電(PCS含む)の合計出荷量

再生可能電源供給によるCO2削減貢献量

単位:万t-CO2e
種別 2009年度
実績
2010年度
実績
2011年度
実績
2012年度
実績
2013年度
実績
2014年度
実績
2015年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
合計 41 123 221 282 341 395 512 699 738 924※1 1,107※2

※1 2019年報告時点で納入実績集計漏れを修正

※2 当社2019年度温室効果ガス排出量45.6万トンの24.3倍

(注)CO2削減貢献量:2009年以降出荷した製品が1年間稼働した時の発電量を火力発電所の燃料節約分としてCO2換算

ページの先頭へ戻る

廃棄物発生量/埋立量推移

単位:t
地域 発生/埋立 種別 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標
国内 発生量 汚泥 1,197 1,196 1,136 1,253 1,268 1,667  
廃油 1,221 1,153 1,281 1,132 1,198 1,309  
廃酸・アルカリ 1,769 1,640 1,448 1,662 1,672 1,523  
廃プラスチック 1,652 1,711 1,681 1,870 2,051 1,951  
紙くず木くず 4,062 4,157 4,039 4,062 4,364 4,157  
金属くず 11,882 12,564 12,062 12,443 12,039 12,097  
その他 282 354 250 230 226 275  
合計 22,065 22,773 21,897 22,652 22,819 22,979  
埋立量   61 59 52 37 145 115  
埋立処分率 0.3% 0.3% 0.2% 0.2% 0.6% 0.5% 0.5%
海外 発生量 汚泥 2,428 2,134 2,385 1,743 1,719 1,976  
廃油 208 248 283 249 287 250  
廃酸・アルカリ 5,072 3,762 5,173 3,578 3,720 2,689  
廃プラスチック 176 203 306 291 317 272  
紙くず木くず 475 266 255 256 270 255  
金属くず 3,423 3,408 3,668 3,678 4,235 3,716  
その他 464 193 158 200 211 250  
合計 12,246 10,214 12,229 9,995 10,759 9,408  
埋立量   1,049 1,766 1,749 724 399 229  
埋立処分率 8.6% 17.3% 14.3% 7.2% 3.7% 2.4% 3.00%
国内海外
合計
発生量 汚泥 3,625 3,329 3,521 2,995 2,987 3,643  
廃油 1,429 1,401 1,565 1,381 1,485 1,559  
廃酸・アルカリ 6,841 5,402 6,621 5,240 5,392 4,212  
廃プラスチック 1,828 1,914 1,987 2,161 2,368 2,224  
紙くず木くず 4,537 4,424 4,294 4,318 4,634 4,412  
金属くず 15,305 15,971 15,729 16,122 16,274 15,813  
その他 747 547 409 430 437 525  
合計 34,311 32,987 34,126 32,648 33,578 32,387  
埋立量   1,110 1,824 1,801 762 543 345  
埋立処分率 3.2% 5.5% 5.3% 2.3% 1.6% 1.1% (2.0%)
  1. ※発生量:生産活動に伴って発生する不要物(産業廃棄物+一般廃棄物+有価売却くず)
  2. ※埋立処分率:埋立量/発生量
  3. 太字は第三者検証済(検証報告書は、こちら

ハザード廃棄物/非ハザード廃棄物内訳

単位:t
種別 指標 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
ハザード廃棄物
Hazard waste
排出量 11,707 9,617 9,864 9,415
  リサイクル量 8,848 7,767 8,370 8,707
  同 リサイクル率 76% 81% 85% 92%
  埋立量 1,606 511 175 83
  同 埋立率 14% 5% 2% 1%
非ハザード廃棄物
non-Hazard waste
排出量 22,419 23,031 23,714 22,972
  リサイクル量 21,784 22,221 22,854 21,993
  同 リサイクル率 97% 96% 96% 96%
  埋立量 196 251 368 262
  同 埋立率 1% 1% 2% 1%
総廃棄物 排出量 34,126 32,648 33,578 32,387
  リサイクル量 30,632 29,988 31,224 30,700
  同 リサイクル率 90% 92% 93% 95%
  埋立量 1,801 762 543 345
  同 埋立率 5% 2% 2% 1%
ページの先頭へ戻る

水資源

水投入量推移

単位:千m3
種別 2010年度
実績
2011年度
実績
2012年度
実績
2013年度
実績
2014年度
実績
2015年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
2020年度
目標
国内 上水購入量 1,087 396 404 375 404 378 462 465 591 925  
工水購入量 3,329 2,876 2,847 2,616 2,668 2,533 2,457 2,564 2,836 2,749  
合計購入量 4,416 3,272 3,251 2,990 3,072 2,911 2,919 3,029 3,427 3,674  
地下水取水量 4,272 3,902 3,720 3,931 4,086 3,887 3,803 4,206 4,077 3,962  
国内水投入量 8,688 7,174 6,971 6,921 7,158 6,797 6,721 7,235 7,503 7,636 6,950
海外 工水購入量 7,409 7,339 6,569 6,427 6,282 6,160 6,444 5,288 5,974 5,762 5,486
合計 合計投入量 16,097 14,513 13,540 13,348 13,440 12,958 13,165 12,523 13,478 13,398 12,436
  1. 1.上水:飲用可能な水道水、工水:工業用水(飲用不可)
  2. 2.地下水取水量:生産に寄与する取水量。以下を除く(土壌浄化井戸汲上量、農業用水提供、融雪用水)
  3. 3.国内水投入量=上水購入量+工水購入量+地下水取水量
  4. 4.海外拠点は取水を行っていません。
  5. 5.太字は第三者検証済(検証報告書は、こちら

水リサイクル量推移

単位:千m3
  2012年度
実績
2013年度
実績
2014年度
実績
2015年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
国内 リサイクル量 800 774 929 901 920 982 1,055 1,940
リサイクル率 10.3% 10.1% 11.5% 11.7% 12.0% 11.9% 12.3% 20.3%
海外 リサイクル量 84 188 211 207 197 227 822 725
リサイクル率 1.3% 2.8% 3.3% 3.3% 3.0% 4.1% 12.1% 11.2%
合計 リサイクル量 884 962 1,140 1,108 1,117 1,209 1,877 2,665
リサイクル率 6.1% 6.7% 7.8% 7.9% 7.8% 8.8% 12.2% 16.6%
  1. リサイクル率の定義:リサイクル量/使用量(=投入量+リサイクル量)

排水量内訳量推移

単位:千m3
種別 2010年度 実績 2011年度 実績 2012年度 実績 2013年度 実績 2014年度 実績 2015年度 実績 2016年度 実績 2017年度 実績 2018年度 実績 2019年度 実績
国内 下水道等排水量 1,148 1,030 892 1,006 1,060 1,044 1,024 1,082 1,233 1,170
河川等排水量 7,540 6,144 6,080 5,915 6,098 5,754 5,697 6,154 6,270 6,466
合計排水量 8,688 7,174 6,971 6,921 7,158 6,797 6,721 7,235 7,503 7,636
海外 下水道等排水量 410 445 448 448 566 504 530 558 568 520
河川等排水量 6,999 6,894 6,121 5,979 5,716 5,656 5,914 4,730 5,406 5,242
合計排水量 7,409 7,339 6,569 6,427 6,282 6,160 6,444 5,288 5,974 5,762
合計 下水道等排水量 1,558 1,475 1,340 1,454 1,626 1,548 1,554 1,639 1,801 1,690
河川等排水量 14,539 13,038 12,200 11,894 11,814 11,410 11,611 10,884 11,676 11,708
合計排水量 16,097 14,513 13,540 13,348 13,440 12,958 13,165 12,523 13,478 13,398
  1. 注)下水道等には、工業団地の集中排水処理施設への排水を含みます。河川等には、海域への直接排水や地下浸透排水および工場内での蒸散量を含みます。ただし、工場内雨水の排水量は含みません。

工場排水中の環境負荷(2019年度:国内)

単位:トン
窒素 4.4
リン 0.4
BOD 2.4
COD 4.2
ページの先頭へ戻る

PRTR対象物質 取扱量/排出量推移

単位:トン
  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標
国内 取扱量 561.5 603.0 518.2 546.6 568.5 824.2 782.1  
排出量 176.4 192.0 160.1 160.9 154.7 152.9 143.6 165
海外 取扱量 2,466.8 2,619.3 2,103.4 2,299.5 1,882.0 1,912.7 1,516.5  
排出量 1,340.0 1,240.6 1,236.5 1,100.6 1,034.1 936.4 755.3 1,340
合計 取扱量 3,028.4 3,222.3 2,621.6 2,846.1 2,450.4 2,737.0 2,298.6  
排出量 1,516.4 1,432.5 1,396.5 1,261.6 1,188.8 1,089.3 898.9 1,505
ページの先頭へ戻る

VOC 取扱量/排出量推移

単位:トン
  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標
国内 取扱量 638.2 634.9 589.2 595.8 600.6 617.5 565.4  
排出量 257.7 265.2 250.3 246.1 232.0 233.5 257.0 214
海外 取扱量 1,566.2 1,499.1 1,466.2 1,474.0 1,264.8 1,205.3 922.1  
排出量 1,479.9 1,351.7 1,359.1 1,209.2 1,139.6 1,023.2 826.0 1,480
合計 取扱量 2,204.4 2,134.0 2,055.4 2,069.8 1,865.4 1,822.7 1,487.5  
排出量 1,737.5 1,616.9 1,609.3 1,455.3 1,371.6 1,256.7 1,083.0 1,694

工場排気中の環境負荷(2019年度:国内)

単位:トン
SOx 0.025
NOx 2.4
ページの先頭へ戻る