富士電機株式会社

環境・社会・ガバナンス環境データ集2020年度

集計範囲: 環境経営対象範囲の99.6%の拠点を集計しています。
  また、この集計範囲は全社に対して95.3%に相当します(%は従業員比)。

エネルギー購入量

エネルギー購入量実績推移

注意:四捨五入表示のため、単純合計の端数が合わない場合があります
種別 単位 2013実績 2016実績 2017実績 2018実績 2019実績 2020実績
非再エネ 国内電力購入量 GWh 254.293 225.847 230.147 235.376 242.174 247.216
海外電力購入量 GWh 202.684 193.596 191.898 206.664 194.063 195.352
合計電力購入量 GWh 456.976 419.443 422.045 442.040 436.237 442.568
再エネ 海外電力購入量 GWh 0.000 0.000 0.000 0.228 1.309 1.730
合計電力購入量 GWh 456.976 419.443 422.045 442.268 437.546 444.298
国内燃料購入量 TJ 1,942.090 2,053.106 2,000.718 2,005.359 1,957.761 1,845.059
(GWh) 539.470 570.307 555.755 557.044 543.823 512.516
海外燃料購入量 TJ 90.546 147.350 157.705 148.428 121.560 128.561
(GWh) 25.152 40.931 43.807 41.230 33.767 35.711
合計燃料購入量 TJ 2,032.637 2,200.456 2,158.423 2,153.787 2,079.321 1,973.620
(GWh) 564.621 611.238 599.562 598.274 577.589 548.228
合計 GWh 1,021.598 1,030.681 1,021.607 1,040.542 1,015.136 992.526
  1. 1. 集計範囲:国内海外全生産拠点
  2. 2. カバレッジの変更:2020年度には、インドの新連結生産子会社を新たに加えた。
    日本のオフィス拠点(テナント入居)分の計上を除外して、スコープ3-カテゴリ8に計上する。
  3. 3. 当社は、熱の購入は有りません。
  4. (注)燃料購入量は、燃料の燃焼熱量(HHV)で集計。また、1GWh=3600GJ=3.6TJで換算。
  5. 4. 最終行の合計には、再エネ発電電力購入量を含むが、自発電力(非再エネ、再エネ)電力量は含まない。
  6. 5. 太字は、第三者検証済値(検証報告書は、こちら

2020年度燃料購入量内訳

  単位 国内 海外 合計 単位 国内 海外 合計
ガソリン kL 104.735 86.957 191.691 GWh 1.007 0.836 1.842
灯油 kL 251.483 0.000 251.483 GWh 2.564 0.000 2.564
軽油 kL 83.458 172.541 255.999 GWh 0.874 1.807 2.681
重油 kL 2,038.575 115.597 2,154.172 GWh 22.141 1.256 23.397
LPG(液化石油ガス) t 317.469 64.260 381.729 GWh 4.480 0.907 5.387
LNG(液化天然ガス) t 4,974.260 0.000 4,974.260 GWh 75.443 0.000 75.443
都市ガス(熱量換算※) 千m3 32,480.655 2,472.511 34,953.165 GWh 406.008 30.906 436.915
  合計(GWh) 512.516 35.711 548.228
  1. ※供給会社毎に体積当たりの発熱量や供給管毎に圧力が違うので、0℃1気圧の千m3当たり45GJのガス量に換算しています。

自家用発電電力量実績推移

単位:GWh
種別 2013実績 2016実績 2017実績 2018実績 2019実績 2020実績
非再エネ 国内自家発発電量 122.363 143.586 140.751 141.579 140.512 133.232
海外自家発発電量 0.000 0.095 0.402 0.050 0.289 0.113
合計発電量 122.363 143.681 141.153 141.629 140.802 133.345
再エネ 国内自家発発電量 0.413 0.487 0.487 0.487 0.539 0.592
海外自家発発電量 0.526 0.526 0.638 0.672 2.113 1.575
合計発電量 0.939 1.012 1.125 1.158 2.652 2.167
ページの先頭へ戻る

温室効果ガス排出量

温室効果ガス排出量推移

単位:千t-CO2e
種別 2013
年度 (基準年)
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2020
年度
国内CO2 244.6 225.4 221.2 219.3 212.2 203.7
国内CO2以外のGHG 93.3 72.4 69.1 74.6 59.7 53.6
国内総GHG 337.8 297.8 290.3 293.9 271.9 257.2
海外CO2 143.2 134.1 134.5 138.0 128.8 131.7
海外CO2以外のGHG 54.9 35.2 59.2 88.9 55.8 48.0
海外総GHG 198.1 169.3 193.7 226.9 184.6 179.7
国内海外合計CO2 387.8 359.5 355.7 357.3 340.9 335.4
国内海外合計CO2以外のGHG 148.2 107.6 128.3 163.5 115.5 101.6
国内海外合計 総GHG 536.0 467.1 484.0 520.8 456.5 437.0
(同 売上高原単位(t-CO2e/億円) 70.53 55.76 54.17 56.9 50.68 49.89

温室効果ガス排出量を 直接排出(スコープ1):燃料の燃焼に伴うCO2とCO2以外GHG排出、
           間接排出(スコープ2):電力使用に伴うCO2で再分類

国内 スコープ1(直接排出) 193.7 177.9 171.5 177.2 159.7 147.5
国内 スコープ2(間接排出) 144.2 119.9 118.8 116.7 112.1 109.8
海外 スコープ1(直接排出) 59.8 42.8 67.5 96.6 62.2 54.7
海外 スコープ2(間接排出) 138.4 126.4 126.2 130.3 122.4 125.0
国内海外合計 スコープ1 253.4 220.7 239.0 273.8 221.9 202.2
国内海外合計 スコープ2 282.5 246.3 245.0 247.0 234.5 234.8
合計 スコープ1+2(総排出)
(上記国内海外合計 総GHGと同じ)
536.0 467.1 484.0 520.8 456.5 437.0
  1. 1.集計範囲:国内海外全生産拠点
  2. 2.カバレッジの変更:2020年度には、インドの新連結生産子会社を新たに加えた。
    日本のオフィス拠点(テナント入居)分の計上を除外して、スコープ3-カテゴリ8に計上する。
  3. 3.電力係数:購入電力1kWh当たりの発電所で間接的に排出するCO2排出量
    国内 出典 経団連「低炭素社会実行計画」で用いる日本の
    平均電力係数係数(クレジット償却後):2020年度は0.444kg-CO2e/kWhを使用
    海外 出典 IEA (2020) Emission Factorsより、国別の平均電力係数最新値:2020年度は2018年値を使用

スコープ1の内訳

単位:千t-CO2e
  排出
ガス種
2013年度実績 2016年度実績 2017年度実績 2018年度実績 2019年度実績 2020年度
実績
主な用途
国内
スコープ1
CO2 100.4 105.4 102.4 102.5 100.1 93.9 コジェネ発電、ボイラー、乾燥炉、
構内自動車、暖房
HFCs 1.3 3.7 3.1 2.8 3.5 1.4 断熱材(ウレタン発砲)、
半導体のエッチング原料、冷媒
PFCs 64.7 42.3 43.7 45.5 33.7 31.4 半導体のエッチング原料、冷媒
SF6 27.1 26.1 21.7 25.8 22.1 20.1 絶縁ガス、半導体のエッチング原料
NF3 0.3 0.4 0.6 0.6 0.4 0.7 半導体のエッチング原料
合計 193.7 177.9 171.5 177.2 159.7 147.5  
海外
スコープ1
CO2 4.8 7.7 8.3 7.7 6.3 6.7 ボイラー、構内自動車、乾燥炉、
非常用発電機
HFCs 34.3 27.7 50.0 58.6 42.5 46.6 溶剤、半導体エッチング原料、冷媒
PFCs 1.3 0.9 0.9 1.0 0.9 1.0 半導体のエッチング原料
SF6 19.3 6.5 8.3 29.2 12.4 0.5 絶縁ガス、半導体のエッチング原料
合計 59.8 42.8 67.5 96.6 62.2 54.7  
国内海外
スコープ1合計
CO2 105.2 113.1 110.7 110.2 106.4 100.6 コジェネ発電、ボイラー、乾燥炉、
構内自動車、暖房
HFCs 35.6 31.4 53.1 61.4 46.0 47.9 溶剤、断熱材(ウレタン発砲)、
半導体のエッチング原料、冷媒
PFCs 66.0 43.1 44.6 46.5 34.6 32.4 半導体のエッチング原料、冷媒
SF6 46.4 32.6 30.1 55.0 34.5 20.5 絶縁ガス、半導体のエッチング原料
NF3 0.3 0.4 0.6 0.6 0.4 0.7 半導体のエッチング原料
合計 253.4 220.7 239.0 273.8 221.9 202.2  

2020年度スコープ1,2国別内訳

単位:千t-CO2e,電力係数単位:kg-CO2e/kWh
国名 スコープ1 スコープ2 合計 電力係数
日本 147.475 109.764 257.239 0.4440
マレーシア 50.037 78.927 128.964 0.6592
中国 3.469 31.806 35.275 0.6128
フィリピン 0.124 9.353 9.477 0.6992
タイ 0.728 3.728 4.456 0.4798
インド 0.067 0.927 0.994 0.7470
フランス 0.292 0.069 0.361 0.0548
シンガポール 0.000 0.211 0.211 0.3876
  1. 1.電力係数出典
    国内:経団連「低炭素社会実行計画」で用いる日本の平均電力係数
    海外:IEA(2020)EMISSION FACTORS国別の平均電力係数最新値
  2. 2. 太字は第三者検証済(検証報告書は、こちら

温室効果ガス排出量(スコープ3)推移

カテゴリ 内容 スコープ3排出量(t-CO2e) 算定範囲と方法※1 
<前年からの変更点>
2013年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 同比率
上 流 1 購入した製品・サービス 156,245 155,372 166,338 247,954 235,863 1,793,999 32.0% Σ(すべての製品サービス購入額)×
(産業連関表排出係数)
<原材料の購入⇒すべての製品・サービスの購入>
2 資本財 91,266 77,777 76,055 124,271 138,334 103,033 1.8% 全社の投資設備の建設・製造に
係わる排出量
<変更なし>
3 購入したエネルギーの 調達(SC1,2以外) 28,853 31,207 30,684 30,796 30,482 52,932 0.9% 調達したすべての燃料や、
電気エネルギー係わる排出量
<国内調達エネルギー⇒
全社の調達エネルギー>
4 輸送・配送
(上流)
11,777 12,172 13,586 13,994 12,262 13,637 0.2% 国内:製品のすべての輸送に
係わる排出量実績集計
海外:海外分は国内外売上比率から推計
<国内排出量実績⇒
海外分推計を含む全社排出>
5 事業から出る廃棄物 4,511 5,173 5,085 5,394 5,584 5,926 0.1% 全生産拠点から排出される
廃棄物の処理に係わる排出量
<国内廃棄物⇒全社廃棄物>
6 出張 1,998 1,922
(※2)
1,930 1,930
(※2)
1,927 3,597 0.1% 全社の出張に係わる排出量実績
<国内出張⇒全社出張>
7 通勤 8,313 8,396
(※2)
8,231 8,231
(※2)
8,758 13,662 0.2% 国内分:従業員の通勤に係わる排出量実績
海外分:従業員比で推定
<国内通勤⇒全社通勤>
8 リース材上流 0 0 0 0 0 5,674 0.1% 国内分:オフィス部門(テナント)の実績集計値
海外分:オフィス部門の従業員比で推計
<国内分をSC1,2で計上
⇒SC1,2の計上除外し、海外分を推計してここで集計>
  上流合計 302,963 292,019 301,909 432,570 433,210 1,992,461 35.5%  
下 流 9 輸送・配送
(下流)
× × × × × ×   製品輸送(カテゴリ4)先からの
移動は僅少のため、算定外
10 販売した製品(部品)の加工 × × × × × ×   下流で加工が必要な中間製品の
販売がないため、算定外
11 販売した製品の使用 3,140,000 2,985,048 3,008,094 4,111,132 3,803,081 3,612,289 64.5% 当年度に国内外へ出荷された民生分野向け製品※3の寿命まで使用した場合の排出量
<変更なし>
12 販売した製品の廃棄 × × × × × ×   当社製品は金属の割合が高く
リサイクル時の排出は少ないと
想定されるため、算定外
13 リース材(下流) 0 0 0 0 0 0 0.0% 該当する排出はない
14 フランチャイズ 0 0 0 0 0 0 0.0% 該当する排出はない
15 投資 0 0 0 0 0 0 0.0% 該当する排出はない
合計 3,745,927 3,277,067 3,310,003 4,543,702 4,236,291 5,604,750    
  1. ※1 2020年度は算定方法を以下の様に見直した。 ・算定に当たって用いた原単位データベースを
    環境省:「サプライチェーンを通じた組織の温室効果ガス排出等の算定のための排出原単位データベース」Ver.2.0(2013.03)を Ver.3.0(2020.03)に変更
    カテゴリ3:エネルギー調達の原単位:「LCIデータベースIDEAv2(Ver.2.3)」に変更した
    ・一部国内分のみ集計していたが、すべてのカテゴリについて、海外分を推計して、全社集計とした。
  2. ※2 出張、通勤時のCO2排出量:大きな変動が無いこと、全体の排出量に大きな影響を与えないことから、 2年1回更新しています。
  3. ※3 産業向け製品は、顧客の排出量報告に含まれるため算出しない。民生分野で使われるテレビ・パソコン用の電源部品の損失電力や、
     自販機やショーケースの消費電力と冷媒ガス封入量など、自社製品の影響が直接及ぶ範囲で算定

当社のサプライチェーン全体の温室効果ガス排出量推移

単位:千t-CO2
  2013年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
SC3(上流) 303 292 302 433 433 1,992
SC1(直接排出) 253 221 239 274 222 202
SC2(間接排出) 283 246 245 247 235 235
上記合計 839 759 786 953 890 2,429
SC3(下流) 3,140 2,985 3,008 4,111 3,803 3,612
サプライチェーン全体排出量 3,979 3,744 3,794 5,065 4,693 6,042
  1. 注1)2020年度:SC3-カテゴリ3-8の算定範囲を全社に拡大しました。
ページの先頭へ戻る

排出量取引

排出量取引状況

単位:t-CO2e
サイト
(期間)
排出権の獲得 排出権の購入 排出権の償却 残高
東京都 (東京工場)
(2010~2019年度)
5,919
(5,154)
0
(0)
0
(0)
5,919
(5,154)
埼玉県 (吹上工場)
(2011~2019年度)
31,396
(27,336)
0
(0)
0
(0)
31,396
(27,336)
シンセン市
(2013~2020年)
12,485
(12,485)
9,493
(9,493)
12,271
(9,289)
9,707
(12,690)
  1. ( )内は前年報告値

排出量取引制度

地区 第二期削減期間 削減目標
(カッコ内は第一期)
東京都 東京工場 2015-2019 年度 基準排出量比▲15%
(▲6%)
埼玉県 吹上工場 2015-2019 年度 基準排出量比▲13%
(▲6%)
シンセン市 2016-2020 年 原単位を毎年▲5.59%
(▲6.1%)
ページの先頭へ戻る

再生可能エネルギーの取り組み

再生可能エネルギー利用量推移

単位:MWh
種別 2013年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
2020年度
実績
グリーン電力証書購入量            
国内太陽光自家発電発電量 413 487 487 487 539 592
海外太陽光自家発電発電量 526 526 638 672 2,113 1,575
海外太陽光発電購入量       228 1,309 1,730
合計 939 1,012 1,125 1,386 3,962 3,897
  1. (注)太陽光発電の購入は海外のみで実施

再生可能エネルギー発電事業の供給能力推移(FIT売電)

単位:MWh
種別 2013年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
2020年度
実績
風力発電 2,628 2,628 2,628 2,628 2,628 2,628
太陽光発電 3,154 4,205 4,205 4,205 4,205 4,205
合計 5,782 6,833 6,833 6,833 6,833 6,833

再生可能電源出荷容量

単位:MW
  2013年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
2020年度
実績
合計 562 750 249 590 488 422

再生可能電源供給によるCO2削減貢献量

単位:万t-CO2e
  2013年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
2020年度
実績
合計 341 699 738 924 1,107 1,322※1

※1 当社2020年度温室効果ガス排出量43.7万tの30.3倍
(注)CO2削減貢献量:2009年以降出荷した製品が1年間稼働した時の発電量を火力発電所の燃料節約分としてCO2換算

ページの先頭へ戻る

廃棄物発生量/埋立量推移

単位:t
地域 発生/埋立 種別 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
国内 発生量 汚泥 1,136 1,253 1,268 1,667 1,778
廃油 1,281 1,132 1,198 1,309 1,105
廃酸・アルカリ 1,448 1,662 1,672 1,523 1,305
廃プラスチック 1,681 1,870 2,051 1,951 1,699
紙くず木くず 4,039 4,062 4,364 4,157 3,561
金属くず 12,062 12,443 12,039 12,097 9,996
その他 250 230 226 275 284
合計 21,897 22,652 22,819 22,979 19,728
埋立量   52 37 145 115 122
埋立処分率 0.2% 0.2% 0.6% 0.5% 0.6%
海外 発生量 汚泥 2,385 1,743 1,719 1,976 2,051
廃油 283 249 287 250 323
廃酸・アルカリ 5,173 3,578 3,720 2,689 1,394
廃プラスチック 306 291 317 272 335
紙くず木くず 255 256 270 255 324
金属くず 3,668 3,678 4,235 3,716 3,235
その他 158 200 211 250 192
合計 12,229 9,995 10,759 9,408 7,856
埋立量   1,749 724 399 229 367
埋立処分率 14.3% 7.2% 3.7% 2.4% 4.7%
国内海外
合計
発生量 汚泥 3,521 2,995 2,987 3,643 3,829
廃油 1,565 1,381 1,485 1,559 1,428
廃酸・アルカリ 6,621 5,240 5,392 4,212 2,699
廃プラスチック 1,987 2,161 2,368 2,224 2,034
紙くず木くず 4,294 4,318 4,634 4,412 3,885
金属くず 15,729 16,122 16,274 15,813 13,232
その他 409 430 437 525 476
合計 34,126 32,648 33,578 32,387 27,584
埋立量   1,801 762 543 345 489
埋立処分率 5.3% 2.3% 1.6% 1.1% 1.8%
  1. ※発生量:生産活動に伴って発生する不要物(産業廃棄物+一般廃棄物+有価売却くず)
  2. ※埋立処分率:埋立量/発生量
  3. ※2020年度は、コロナウイルスの影響でリサイクル工場の3か月間の受入れ停止などのため、埋立量が増加した。

ハザード廃棄物/非ハザード廃棄物内訳

単位:t
種別 指標 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
ハザード廃棄物
Hazard waste
排出量 11,707 9,617 9,864 9,415 7,957
  リサイクル量 8,848 7,767 8,370 8,707 6,774
  同 リサイクル率 76% 81% 85% 92% 85%
  埋立量 1,606 511 175 83 288
  同 埋立率 13.7% 5.3% 1.8% 0.9% 3.6%
非ハザード廃棄物
non-Hazard waste
排出量 22,419 23,031 23,714 22,972 19,627
  リサイクル量 21,784 22,221 22,854 21,993 18,988
  同 リサイクル率 97% 96% 96% 96% 97%
  埋立量 196 251 368 262 201
  同 埋立率 0.9% 1.1% 1.6% 1.1% 1.0%
総廃棄物 排出量 34,126 32,648 33,578 32,387 27,584
  リサイクル量 30,632 29,988 31,224 30,700 25,762
  同 リサイクル率 90% 92% 93% 95% 93%
  埋立量 1,801 762 543 345 489
  同 埋立率 5.3% 2.3% 1.6% 1.1% 1.8%
  1. ※ハザード廃棄物:日本の廃棄物処理法は、有料で排出するすべての産業廃棄物について、
            排出者責任(マニフェストの発行や最終処分までの責任)を課しており、
            ハザード廃棄物/非ハザード廃棄物の区別はない。
            当社は、ハザード廃棄物を有害廃棄物ととらえ、
            廃棄物種別として、廃油、廃酸・廃アルカリ、有機・無機スラッジ、使用済活性炭で再集計した。
ページの先頭へ戻る

水資源

水投入量推移

単位:千t
種別 2013年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
2020年度
実績
国内 上水購入量 375 462 465 591 925 1,100
工水購入量 2,616 2,457 2,564 2,836 2,749 2,766
合計購入量 2,990 2,919 3,029 3,427 3,674 3,866
地下水取水量 3,931 3,803 4,206 4,077 3,962 3,894
国内水投入量 6,921 6,721 7,235 7,503 7,636 7,760
海外 工水購入量 6,427 6,444 5,288 5,974 5,762 5,575
地下水取水量 0 0 0 0 0 1
海外水投入量 6,427 6,444 5,288 5,974 5,762 5,576
合計 合計投入量 13,348 13,165 12,523 13,478 13,398 13,336
  1. 1.上水:飲用可能な水道水、工水:工業用水(飲用不可)
  2. 2.地下水取水量:生産に寄与する取水量。以下を除く(土壌浄化井戸汲上量、農業用水提供、融雪用水)
  3. 3.国内水投入量=上水購入量+工水購入量+地下水取水量
  4. 4.2020年度から海外拠点で地下水の取水を行っているインドの拠点が追加された。

水リサイクル量推移

単位:千t
  2013年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
2020年度
実績
国内 リサイクル量 774 920 982 1,055 1,940 2,087
リサイクル率 10.1% 12.0% 11.9% 12.3% 20.3% 21.2%
海外 リサイクル量 188 197 227 822 725 917
リサイクル率 2.8% 3.0% 4.1% 12.1% 11.2% 14.1%
合計 リサイクル量 962 1,117 1,209 1,877 2,665 3,004
リサイクル率 6.7% 7.8% 8.8% 12.2% 16.6% 18.4%
  1. リサイクル率の定義:リサイクル量/使用量(=投入量+リサイクル量)

排水量内訳量推移

単位:千t
種別 2013年度 実績 2016年度 実績 2017年度 実績 2018年度 実績 2019年度 実績 2020年度 実績
国内 下水道等排水量 1,006 1,024 1,082 1,233 1,170 1,166
河川等排水量 5,915 5,697 6,154 6,270 6,466 6,593
合計排水量 6,921 6,721 7,235 7,503 7,636 7,760
海外 下水道等排水量 448 530 558 568 520 510
河川等排水量 5,979 5,914 4,730 5,406 5,242 5,066
合計排水量 6,427 6,444 5,288 5,974 5,762 5,576
合計 下水道等排水量 1,454 1,554 1,639 1,801 1,690 1,676
河川等排水量 11,894 11,611 10,884 11,676 11,708 11,660
合計排水量 13,348 13,165 12,523 13,478 13,398 13,336
  1. 注)下水道等には、工業団地の集中排水処理施設への排水を含みます。河川等には、海域への直接排水や地下浸透排水および工場内での蒸散量を含みます。ただし、工場内雨水の排水量は含みません。

工場排水中の環境負荷(2020年度:国内)

単位:t
窒素 3.3
リン 0.5
BOD 1.6
COD 3.8
ページの先頭へ戻る

PRTR対象物質 取扱量/排出量推移

単位:t
  2013年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
国内 取扱量 561.5 546.6 568.5 824.2 782.1 723.6
排出量 176.4 160.9 154.7 152.9 143.6 169.7
海外 取扱量 2,466.8 2,299.5 1,882.0 1,912.7 1,516.5 939.4
排出量 1,340.0 1,100.6 1,034.1 936.4 755.3 478.6
合計 取扱量 3,028.4 2,846.1 2,450.4 2,737.0 2,298.6 1,663.0
排出量 1,516.4 1,261.6 1,188.8 1,089.3 898.9 648.3
ページの先頭へ戻る

VOC 取扱量/排出量推移

単位:t
  2013年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
国内 取扱量 638.2 595.8 600.6 617.4 565.4 597.5
排出量 257.7 246.1 232.0 233.5 257.0 260.8
海外 取扱量 1,566.2 1,474.0 1,264.8 1,205.3 922.1 650.1
排出量 1,479.9 1,209.2 1,139.6 1,023.2 826.0 557.8
合計 取扱量 2,204.4 2,069.8 1,865.4 1,822.7 1,487.5 1,247.6
排出量 1,737.5 1,455.3 1,371.6 1,256.7 1,083.0 818.6

工場排気中の環境負荷(2020年度:国内)

単位:t
SOx 0.016
NOx 1.5
ページの先頭へ戻る