富士電機株式会社

CSR取り組み事例地域とのコミュニケーション

富士電機では、地域との絆を深めるためのさまざまな活動に積極的に取り組んでいます。

地域とのコミュニケーション活動テーマ

テーマ 活動内容 活動風景
社会福祉 富士電機の関連会社である「富士ライフケアネット」は、富士電機の主要事業所が所在する全国5拠点で、介護福祉施設を運営しています。東京都日野市の拠点では、介護施設に加えて保育所も運営しています。

  【活動事例】
ピノキオ幼児舎/富士ライフ豊田園(東京都日野市)
多摩あんしん館(東京都日野市)
八王子あんしん館(東京都八王子市)
筑摩あんしん館(長野県松本市)
玉垣あんしん館(三重県鈴鹿市)
鶴見あんしん館(神奈川県横浜市)


海外拠点では、老人ホームや孤児院への訪問を通じたコミュニケーション活動を行っています。

  【活動事例】
老人ホームへの表敬訪問と春節(中華圏における旧暦の正月)祝いの開催(マレーシア富士電機社)
孤児院における遊具修復と昼食会、レクリエーション活動の実施(富士電機マニュファクチャリング(タイランド)社)
児童福祉施設への訪問を通じた子どもたちとの交流(無錫富士電機社)

ピノキオ幼児舎/富士ライフ豊田園・多摩あんしん館ピノキオ幼児舎/富士ライフ豊田園・多摩あんしん館(東京都日野市) 児童福祉施設にて子どもたちと記念撮影児童福祉施設にて
子どもたちと記念撮影
スポーツ振興 サッカーJリーグチームの協賛や、プロ野球球団とスポンサー契約を結んでいます。小学生を対象とした試合観戦や、選手との交流イベントを企画して、スポーツ振興の支援に取り組んでいます。

  【活動事例】
「ジェフユナイテッド市原・千葉」(Jリーグのサッカークラブ)協賛(「富士電機マッチデー」子ども招待)
「北海道日本ハムファイターズ」スポンサー契約(北海道日本ハムファイターズ「富士電機スペシャルゲーム」子ども招待)

富士電機マッチデー富士電機マッチデー
祭り・イベントの主催・協賛 事業所の近隣地域の方々、社員相互やその家族とのコミュニケーションを図るために、工場祭やイベントを開催しています。

  【活動事例】
事業所工場祭
近隣地域の祭り等への協賛


工場祭の一コマ(松本工場)工場祭の一コマ(松本工場)
寄付活動 共同募金やペットボトルキャップ回収によるワクチンの寄付、リングプル回収による車いすの寄付、献血など、従業員全員参加を目指した活動です。

  【活動事例】
エコキャップ回収
リングプル回収
献血
「Fe Share an Hour」活動(フィリピン富士電機社)
教育環境支援(小学校事務用品提供)支援」(富士電機馬達(大連)社)

寄付活動 寄付活動
地域の清掃活動 国内外の工場および事業所で、地域住民の皆様とともに、周辺の清掃活動を実施しています。

  【活動事例】
地域清掃(国内外拠点)
瀋陽世界園芸博覧会公園で環境保全活動(中国瀋陽市)
金匱公園で環境保全、美化活動(中国無錫市)
工場周辺の清掃による地域美化活動(中国常熟市)

地域美化活動 地域美化活動

2019年度のトピックス

寄付活動

■小学生の夢の実現を支える寄付活動

おそろいの通学バッグを手にする子どもたちお礼の手紙を
手にした子どもたち
無錫富士電機社では、CSR活動の一環として、貧困により教育が受けられない児童の多い、中国の貴州省紅岩村小学校と甘粛省馬密村小学校に、2016 年9 月から継続して資金援助を行っており、これまでの寄付総額は35,800元(572,800円※)になります。同校の子どもたちから、「学校で一生懸命勉強して、絶対に夢を叶えます」などお礼の手紙をもらった社員たちは、感動して何度も読み返しました。これからも援助を継続して、貧困や教育問題の解消に貢献していきます。

※人民元レート16.00 円/元で計算

祭り・イベントの主催

■光の祭典を祝うイベントを開催

子どもたちとの祝宴子どもたちとの祝宴
マレーシア富士電機社では、10月22日、「光の祭典」と称されるヒンドゥー教最大の祭りDeepavali(ディーパバリ)を祝いました。当日は会社のロビーを華やかに装飾し、一部の社員は民族衣装を着て記念撮影を行いました。また11月8日には、地域貢献活動の一環としてマレーシアの孤児院を訪問し、子どもたち約60 人とDeepavali を祝いました。子どもたちには、「Ang Paw」というお年玉や日常生活用品などを贈り、参加者一同楽しいひと時を過ごしました。この「光の祭典」を社内外の人たちとともに祝えたことに感謝するとともに、今後もこのような交流ができるよう努めていきます。

清掃活動

【国内での活動】

■第34回日野市一斉清掃

一斉清掃参加者一同一斉清掃参加者一同 東京工場では6月19日、第34回日野市一斉清掃を実施しました。この取り組みは、地元の日野市が主催し各自治会に協力を呼びかけて年に2 回(春・秋)行われるもので、当工場は本活動に賛同し2002 年度から取り組んでいます。当日は社員54 名が参加し、工場周辺や最寄りの豊田駅周辺でゴミ拾いをしました。参加した社員からは「秋の清掃活動にも参加したい」との声もあがり、社員の環境意識の向上につながりました。今後も地域の一員として本活動に積極的に取り組み、地域の環境美化に貢献していきます。


■愛する地球を大掃除!空も心も晴れやかに

清掃活動参加者一同清掃活動参加者一同 6月23日、福岡市が主催する「ラブアース・クリーンアップ2019」が開催され、地域の市民、行政、企業から総勢約150名、富士電機九州支社からは社員とその家族30 名が参加しました。当社はこの活動に2016 年度から毎年参加し、今年は当支社周辺と近隣の冷泉公園でゴミ拾いを実施しました。爽やかな晴天のもと、参加者は清々しい気持ちで取り組みました。今後も地域の環境美化に貢献する取り組みを推進していきます。

【海外での活動】

■登山イベントで環境保護と健康づくり

登山イベント参加者一同登山イベント参加者一同 富士電機馬達(大連)社では5月19日、地球環境保護活動と健康づくりを兼ねた登山イベントを開催し、約400名の社員が参加しました。当日は、山中でのゴミ拾いとともに、登山競走など健康づくりのためのさまざまなプログラムを実施し、CSR活動の一環として会社のPRにつなげるだけでなく、参加者の環境保護へ向けた意識の向上にも役立ちました。


ページの先頭へ戻る