富士電機株式会社

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

個人投資家の皆様へ

2019年度工場見学会

富士電機は、株主の皆様とのコミュニケーションを重要事項と考えており、その一環として「工場見学会」を継続的に開催しています。
2019年度は鈴鹿、東京、三重の3工場で開催しました。

2019年10月11日 鈴鹿工場

パワエレ機器のマザー工場で、工場や交通インフラの自動化・省エネに貢献するインバータやモータ、鉄道車両用電機品などを開発・生産しています。
低圧インバータやモータの組立ラインおよび生産性向上の取組み(自働化・内製化)、実機に触れることが出来る展示室などをご見学いただきました。

会社概況説明会と質疑応答
当社の業績や2023年度中期経営計画の目標や主な取り組みを中心に説明し、株主様からたくさんのご質問やご意見をいただきました。
工場概要説明
工場長より、工場概要、各製品の社会における役割、工場の省エネへの取り組みや地域社会への貢献などについて説明しました。
工場見学
低圧インバータの自動組立ライン、モータの巻線自働化工程などをご見学頂きました。
工場見学
実機や納入事例を紹介する展示室やプレゼンテーションルームをご見学頂きました。

参加者の声

富士電機への親しみが増し、応援したい会社だと改めて感じた。
                                   
鈴鹿工場の製品が、私たちの知らない、あるいは気付かないところにあり、生活の利便性を高めたり、安全を支えたりと、貢献していることを知りました。

2019年10月18日 東京工場

PLCや計測機器などの主要部品(プリント基板)や組立ライン、盤の組立・試験現場、および展示室をご見学いただきました。

参加者の声

富士電機の技術が優れていることを知り、富士電機の将来に対して安心を感じた。

2019年11月21日 三重工場

自動販売機やコンビニやスーパーなどで使われるショーケースの組立ライン、イノベーションラボ(実験店舗)、試験現場、展示室などをご視察いただきました。

参加者の声

ロボットの活用、IoTの導入など、労働環境の合理化や生産効率の向上、働く人々への配慮等がよく整備され、工夫された工場だと感じた。
ページの先頭へ戻る