富士電機株式会社

IoTシステムソリューション

  • パワエレ
  • インダストリーソリューション
  • 社会ソリューション

船舶 排ガス浄化システム(EGCS)

世界最小のSOxスクラバと排ガス分析計による最適制御で、運航コストを最小化。
※2017年10月現在、自社による調査

この様な課題の解決に

  • SOx排出規制への対応
  • 燃料費の抑制
  • 排ガス浄化装置の小型化、軽量化

導入メリット

  • サイクロン技術により、大幅なコンパクト化(体積比で50%削減)
  • 最適な内部構造により圧力損失を抑えることが可能
  • SOxを98%以上除去し、ECA規制への対応が可能
    ※排出規制海域

特長

■設置しやすい世界最小のSOxスクラバ

サイクロン式の採用により圧力損失を1kPa以下に抑え、かつ本体の大幅な小型化を実現しました。8MWエンジン向けで直径2m×高さ7mと、従来のSOxスクラばとの体積比で50%以上もコンパクト。小型化に伴う軽量化で、船内への設置性が向上しました。

■SOxを98%以上除去

船舶の排ガスに含まれる硫黄酸化物(SOx)を98%以上除去します。その稼働をエンジン負荷に応じて最適制御し、燃料消費量を最小化すれば、運航コストへの影響を最小限に抑えられます。

効果

  • ■SOXスクラバ(サイクロン式)

    大幅な小型化(従来比で体積を50%削減)
    運航コストの最小化
  • ■レーザ式SO2/CO2計

    大幅に小型化(従来比で体積を80%削減)
    測定精度が向上(±2% FS)

関連製品

ページの先頭へ戻る