富士電機株式会社

IoTシステムソリューション

  • パワエレ
  • インダストリーソリューション
  • ファクトリーオートメーション

工具診断システム OnePackEdge MARSYS

既存の設備に取り付けるだけで、切削加工機の工具の状態を簡単に「見える化」&診断。

この様な課題の解決に

  • 切削加工機の工具の状態を簡単に「見える化」して、不良品流出を防止したい
  • 工具の交換時期を最適化して、工具交換回数・コストを削減したい
  • 加工終了毎の工具診断時間をなくして、サイクルタイムを短縮したい

工具診断システム OnePackEdge MARSYSの導入メリット

  • 工具の異常を波形で検知し、不良品流出を防止
  • 波形サンプリングデータの蓄積により、工具の限界までの使用が可能
  • リアルタイム診断のため。加工後の工具折れ診断時間が不要

特長

専用の電力センサからデータを収集、OnePackEdge MARSYSでしきい値を判定

OnePackEdge MARSYS

設備からのタイミング信号を受けて電力センサからのアナログデータを収集し、しきい値を判定します。

■電力センサ

応答速度30msで瞬時の電力変化も捉えることができる専用電力センサです。

専用の解析ソフト「ProHealth」で蓄積データを見える化し、傾向を分析・しきい値を決定します

■工具ごとに波形を重ねて表示

実際の波形を見ながら、マウス操作で上下限のしきい値が設定できます。

■解析画面

効果

自動車部品メーカなどの切削加工機に適用

    • 導入前

      加工開始前に毎回工具折れを機械的に検査
      ●数秒の判断時間が必要
    • 導入後

      工具の折れを加工中に診断
      ●サイクルタイム短縮
    • カンやコツ(属人的)により一定回数使用で交換
      ●工具を頻繁に交換
    • データによる交換時期判定
      ●工具の交換回数・費用の低減
ページの先頭へ戻る