富士電機
フォントサイズ:
 English
サイト内検索
富士電機について 事業紹介 投資家情報 採用情報 お問い合わせ
資料請求 サイトマップ
 
富士電機について
研究開発
→ 研究開発方針・体制
→ 研究開発の取り組み
→ 富士電機技報のご紹介
→ 関連機関リンク集
資材調達
展示会・セミナー情報
企業コミュニケーション情報
 
クヲオ豕ォネッ

富士電機技報のご紹介
■富士時報 第60巻第11号(1987年11月)

富士時報 表紙 レーザ応用機器特集

レーザにかける夢
中井 貞雄

レーザ技術の現状と展望
本文:PDF  
2,070KB  
中野 勝夫

加工用レーザの中で、現在使用されているNd:YAGレーザと炭酸ガスレーザの市場の予測について検討を行った。この中で5年後には現在の5倍近いレーザ加工機が、それぞれの特長を生かして使用されることを考え、現在の主要2レーザの比較の上に立って、今後急速に応用分野が拡大するであろう固体レーザの技術的なバリエーションと、技術開発の課題について述べた。

100W級YAGレーザ発振器
本文:PDF  
2,299KB  
城所  勲,新妻 正行,長嶋 崇弘

YAGレーザ刻印装置の発振器としては、50Wのものが主に使用されている。しかしより高出力の発振器が必要となるケースもあり、100W発振器を開発した。この発振器はマルチモード発振ではあるが、エネルギー強度分布がビームの中央部に集中しており、しかもビーム広がり角が小さいので、刻印性能が優れている。また、レーザはんだ付け用の発振器として、CW発振効率の高いモデルについても紹介した。

レーザ加工技術
本文:PDF  
3,367KB  
今村 清治

レーザ加工は、高エネルギー密度熱源の特徴を生かして広く応用されるようになってきた。
本稿では、現在、主流を占めるYAGレーザと炭酸ガスレーザによる加工技術の動向を紹介する中で、新しい加工技術あるいは、今後実用化が期待されるものなどについて、若干基礎的な説明も加え、応用例をあげて述べた。

レーザ刻印装置
本文:PDF  
3,773KB  
青山 春夫,折笠 親一,植田  進

レーザ刻印は、レーザの一応用分野として既にいろいろな方面で実績をあげており、今後、更に普及、用途の拡大が期待されているレーザ刻印は、非接触、かつ高速であり、そのうえ微細刻印も鮮明に行えるので、従来の印刷、打刻、エッチングなどの方法に比べ、格段の特徴を有している。
本稿では、富士電機のレーザ刻印装置をレーザの種類と刻印方法とから分類して紹介し、それぞれの原理、特徴、導入例などを紹介した。

レーザはんだ付け装置
本文:PDF  
3,172KB  
青山 春夫,宮本 信幸,川村 浩徳

最近の電子技術の急激な進歩に従って、部品の実装についても高密度化、超小型化、多機能化に対する要求が高まり、これにマッチするものとして、局部加熱、非接触性、高エネルギー密度及び高い操作性などの特長をもつレーザはんだ付け装置LASERMATE-SDを開発・商品化した。本稿ではその概要、仕様、構成、特長、適用にあたっての留意点及びその適用例について紹介した。その中で、特に表面実装のポピュラーな電子部品であるフラットバックICへの適用例について詳述した。

レーザ用電源装置
本文:PDF  
3,516KB  
新妻 正行,鯉江 和裕

レーザ発振装置の性能はその電源の性能により大きく左右される。
本稿では最新のレーザ技術、パワーエレクトロニクス技術による各種レーザ用電源装置(連続励起YAGレーザ用、パルス励起YAG・ガラスレーザ用、アルゴンレーザ用、炭酸ガスレーザ用)を紹介し、その回路、特長、特性などについてのべた。

レーザ加工装置用CAD・制御システム
本文:PDF  
2,670KB  
三次 正宏,中村 光宏,白水 康之

大出力レーザを利用した各種レーザ加工機が普及しているが、これらの加工機において、操作性、稼働率、FA化対応などの向上が求められている。このような背景からCAD、制御、通信などの複合機能を持ち、複数の加工機への適用を目指したレーザ加工機用CAD・制御システムを開発した。このシステムは富士電機の産業用コンピュータL25を利用したもので、1台のコンピュータでCADとマシン制御、通信、搬送制御を並行処理することができ、汎用性と多機能が特長である。


*本誌に記載されている会社名および製品名は、それぞれの会社が所有する商標または登録商標である場合があります。著者に社外の人が含まれる場合、ウェブ掲載の許諾がとれたもののみ掲載しています。


   
富士電機株式会社 Copyright (C)2011 Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.