富士電機
フォントサイズ:
 English
サイト内検索
富士電機について 事業紹介 投資家情報 採用情報 お問い合わせ
資料請求 サイトマップ
 
富士電機について
研究開発
→ 研究開発方針・体制
→ 研究開発の取り組み
→ 富士電機技報のご紹介
→ 関連機関リンク集
資材調達
展示会・セミナー情報
企業コミュニケーション情報
 
クヲオ豕ォネッ

富士電機技報のご紹介
■富士時報 第64巻第12号(1991年12月)

 富士時報 表紙 FAパソコンとその応用特集


特集論文

FAパソコンの現状と展望
本文:PDF  
1,625KB  
生田 弘明

CIM(コンピュータによる統合生産システム)の波が、大企業ばかりでなく、中小企業へも押し寄せ始める時代になった。パーソナルコンピュータ(パソコン)は、OA分野を中心に普及が進み、事務所を占領しようとしている。OAパソコン文化に、FA分野固有の文化を付加したFAパソコンが登場し、FA分野でのコンピュータビジネスとその利用技術が今大きく変わろうとしている。本稿では、パソコン文化の背景、FAパソコンの最近の技術動向などについて紹介する。

FAパソコンFMR-50/70FAシリーズ
本文:PDF  
5,642KB  
木下 政利,内山 純夫,渡辺  裕

市場ニーズの多様化、人手不足の解消を実現するため、FAシステムの導入が積極的に行われている。ダウンサイジングの進展やLAN時代の到来を迎え、FAパソコンに対する期待はますます高まってきている。
このような社会ニーズを背景として、FAパソコンのフルモデルチェンジを行い、併せて装置組込み用のニューモデルを追加した。また、FAパソコンで本格的なリアルタイムシステムを構築するための環境を一層強化した。
本稿では、これらの概要について紹介する。

FAパソコンによるCIMコンセプト
本文:PDF  
3,766KB  
川田 正治,水津 佳紀,高橋 美克

分散化技術の発展とコンピュータのダウンサイジングの進展により、パーソナルコンピュータによる中小規模クラスのCIM化(ミニCIM)が注目され、急速に普及してきている。富士電機が開発、製品化した32ビット高性能・信頼性FAパソコンは、CIMを実現するためのさまざまな課題を解決できる重要なシステムコンポーネントである。本稿では、CIMを構築するうえでの課題と、それを解決するためのFAパソコンを用いたシステムの構築(ミニCIM)コンセプトおよびシステム構成例について紹介する。

生産シミュレーションとスケジューリング支援ツールPROMIZ
本文:PDF  
2,511KB  
川田 正治,川合 成治,三浦 憲介

PROMIZは、汎用物流制御システム構築支援ツールΦNETをベースに開発された、生産技術者のための生産システムのシミュレーションとスケジューリングの支援ツールである。PROMIZはFAパソコンで動作し、分かりやすさ、使いやすさを重視したツールである。本稿では、PROMIZの特長、生産システムにおけるシミュレーションの作業手順、プリント板製造ラインの適用例について説明し、本ツールにより、シミュレーションの工数がΦNETと比較して1/3に軽減されることを述べる。

立体自動倉庫用管理パッケージソフトウェア
本文:PDF  
2,160KB  
山口 和男,沢田 治彦

立体自動倉庫の普及に伴い、小形倉庫の標準系列化が進んできている。本稿では富士電機のFAパソコンによる標準的な小形立体自動倉庫のための管理パッケージソフトウェアについて述べる。本パッケージの特長は、倉庫の種類、クレーンの台数、棚数、運用形態に応じてユーザーが容易に設定できることと、故障時の復旧を迅速に行えるような工夫がなされていることである。

ユニキャリア‐APC
本文:PDF  
2,780KB  
河田 康晴,浅野 賢治

本システムは富士電機のFAパソコンを使用した「自動的にプログラムができる無人搬送制御システム」である。このシステムの特長は、
(1)走行レイアウトを対話形式で入力するだけで走行制御プログラムが自動的にできるので、導入時あるいは導入後のレイアウト変更に対しユーザー自身で容易にシステムがつくれる。
(2)ハードウェア、ソフトウェア(パッケージ化)の信頼性が高い。
ことにある。このシステムは富士電機FAシステムの主要なコンポーネントとして、各分野に広く適用されてゆくものと期待されている。

DNCシステムへのFAパソコンの応用
本文:PDF  
2,469KB  
佐藤 宏文

最近、日本の製造業は、消費者意識の変化と多様化がますます進んでゆくことにより、多品種生産、小ロット生産、または変種変量生産をさらに強いられている。
したがって現在、各メーカーでは、工場内の合理化、コストダウンのためにFAシステムの導入が検討されてきている。
本稿では、富士電機が提供するFAシステム商品のなかから、DNCシステム「NCむすびの神」の概要とシステムの導入事例を紹介する。

検査ネットワークシステムへのFAパソコンの応用
本文:PDF  
2,360KB  
町田 善信

FAパソコンをネットワーク化した検査ネットワークシステムおよび日本語:MS*1 OS/2上で動作する品質管理支援パッケージJUSE-QCAS*2 OS/2版の概要と適用事例について紹介する。適用事例として、(1)出荷検査工程への適用、(2)生産ラインの中間検査への適用、(3)既存システムへの工程解析機能の追加、を紹介する。
*1 MS:米国マイクロソフト社の米国での登録商標
*2 JUSE-QCAS:(株)日本科学技術研修所の製品

組立工場物流搬送システムへのFAパソコンの応用
本文:PDF  
2,221KB  
成島 剛史,西中 正隆

現在のCIMシステムは、データ集中・処理分散が主流である。また、処理が分散することによりシステムが単独メーカーで完結しない場合が多い。したがって、汎用ネットワークに対応でき、リアルタイムマルチタスク制御の可能なFAパソコンは、システムを構築するうえで分散処理のための重要な構成要素である。
本稿では、加工・組立産業向け中小システムとして、製造管理システムにFAパソコンを初めて本格的に応用した事例について紹介する。


普通論文

ディジタル母線保護リレーシステム
本文:PDF  
2,113KB  
松村 基史,千原  勲,西山  聡

ディジタルリレーは、送電線保護リレー、変圧器保護リレーなどに適用され、数多くの実績を重ねてきた。これらの運用実績をもとに、変電所機器のなかでも最も信頼度を要求される母線を保護するディジタル母線保護リレー装置を開発した。
本稿では、母線保護装置の構成、新技術、実証試験結果などを紹介する。特に、新技術であるCT飽和対策について重点的に説明している。


*本誌に記載されている会社名および製品名は、それぞれの会社が所有する商標または登録商標である場合があります。著者に社外の人が含まれる場合、ウェブ掲載の許諾がとれたもののみ掲載しています。


   
富士電機株式会社 Copyright (C)2011 Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.