富士電機株式会社

富士電機のIoT製品・技術

導入のメリット

試験設備の突発的な故障による開発遅延防止異常兆候データの検知による予兆保全の実現

試験データ解析工数の削減複数センサからの収集データの一元管理が可能

  • 生産設備やインフラ設備の現場改善で豊富な実績があるIoT製品を開発現場にもご提案しています。
  • 試験設備の故障防止や複数の収集データの一元管理に活用が可能です。
  • 多変量統計的プロセス管理(MSPC)を活用したデータ解析サービスもご提供可能です。

予兆保全Wiserot

Wiserot

無線式/LAN式の振動センサによる回転機の予兆監視システムです。富士電機独自の判断基準でベアリング異常傾向を判定し、回転機の突発故障を未然に防止します。

製品詳細ページ

予兆保全診断センサHUB

診断センサHUB

本体内蔵の加速度センサと最大4chの外部接続センサからデータを収集し、無線Wi-Fiで送信します。複数のデータから設備の異常兆候を早期に発見可能です。

製品詳細ページ

データ管理OnePackEdge

OnePackEdge

設備のPLCデータと後付けセンサのデータを集約するデータ収集システムです。データの収集周期や時間軸を統一管理することで、データ解析時の前処理作業工数を削減することができます。

製品詳細ページ

データ解析MSPC解析

MSPC解析

MSPCは現在値と正常モデルとの 「ずれ」を比較することにより、設備診断を高精度に行い、異常の兆候を検出します。診断結果の根拠を示すことが可能な「説明できるAI」です。

製品詳細ページ