富士電機株式会社

食品工場ソリューションご紹介動画

スマートグラスによる遠隔作業支援を実現

スマートグラスで遠隔作業支援・遠隔サポート。食品工場現場の作業品質向上・効率化を可能にします。

この動画ではスマートグラスを活用した遠隔作業支援パッケージの概要についてご説明いたします。

スマートグラス×遠隔作業支援で食品工場現場の課題を解決

熟練作業者の技術伝承ができていない、状況によって技術者の出張が難しく遠地へいけない、時間や人材の確保が難しい、などの課題はありませんか?食品工場では人手不足・人材不足に起因した作業効率や作業品質の低下などの課題があります。

スマートグラスによる遠隔作業支援を行うメリット

これらの人手不足・人材不足や技術伝承の課題はスマートグラスを活用した遠隔作業支援システムで解決できます。 スマートグラスを通して様々な食品工場現場の点検作業などを遠隔でサポートできるようになり、作業効率化と品質維持・向上を実現します。

スマートグラスを活用したリアルタイムの情報共有機能

作業員が装着したスマートグラスを通じて、作業現場の状況をリアルタイムに本部と共有することが可能になります。 これにより作業者が遠隔地にいても、本部は状況に応じた的確な指示を出すことができ、作業員はハンズフリーで作業が行えます。

情報共有とデジタル化に最適なスマートグラスとクラウド機能

本部と作業現場をインターネットで結び、映像や画像、音声を使用してリアルタイムに情報の共有が可能です。 例えば、あらかじめ作成した手順書や資料、これまでの作業記録などの各種データを互いに確認しながら作業を 進めることができ、作業の効率化と信頼性の向上が可能です。

クラウドによる現場作業データの一元管理と人材教育

スマートグラスを活用した遠隔作業支援システムは現場で行った作業に関する点検結果や作業結果を記録でき、作成した各種データの一元管理も可能です。 記録した各種作業記録を保存管理することで、オンラインでのOJTやベテラン作業員の技術やノウハウの伝承が容易になり、 作業品質を高める仕組み作りや、人材を教育できる環境整備が可能になります。品質の管理、新人作業員の育成に役立ちます。

遠隔作業支援と技術伝承をスマートグラスで実現

また、ベテラン技術者とスマートグラスを通じて実際の作業の様子を共有できるので、OJTや技能伝承に役立ちます。 遠隔作業支援パッケージではスマートグラスを通して様々な遠隔作業支援を可能にしています。

スマートグラスによる遠地視察・出張コストの削減

状況によって十分な保全業務・監査ができない場合に、遠隔作業支援システムを利用することで、遠く離れた工場での保全・監査が容易にできます。これにより移動時間の短縮や出張コストの削減も可能です。

遠隔作業支援が適さないケース

遠隔作業支援システムで多くの課題解決が期待できます。一方で、スマートグラスによる遠隔作業支援が向かない作業現場もあります。 例えば、インターネットへの接続が困難な場所や、作業環境が厳しい現場などでは利用できない場合があるので検討を始める前に利用環境を確認する必要があります。

例えば、電波が届きにくい環境であれば中継点を設けるなどで作業現場の通信環境が確保できるかを確認する必要があったり、場合によってはスダンドアローンでの動作ができる仕様を検討する必要があります。

スマートグラスでできることとは?

食品工場における点検・保全作業など、スマートグラスを通して様々な現場作業を遠隔でサポートすることで、作業の効率化と作業品質の維持・向上を実現できます。スマートグラスを活用した遠隔作業支援システムは業務システムと比較して導入が簡単なため、小さく導入し始めることができます。

また、スマートグラスは多機能です。実際に利用できるかどうかについては、実際に実機を確認したり、デモを見たり、まずはスマートグラスでできることを把握するところから検討を始めることをお勧めします。

関連:遠隔作業支援(スマートグラス)
遠隔作業支援(スマートグラス)
遠隔作業支援パッケージ FWOSP-Glass。遠隔地の現場状況をリアルタイムで把握し、作業指示を支援します。食品工場の点検・保全作業の人材不足の解消、管理工数の削減、設備故障からの復旧時間の短縮などの課題を解決します。

遠隔作業支援(スマートグラス)