富士電機株式会社

燃料電池

燃料電池の特長

燃料電池は高効率発電 !!

燃料電池の特長

世界中で消費されるエネルギーの殆どが、限りある資源の化石燃料によって供給されています。これらを既存の発電施設で燃焼させた時に発生する二酸化炭素(CO2)は地球温暖化に多大な影響を与えています。
この為、発電効率のよい、環境にやさしい燃料電池が現在注目を浴びています。

<高効率性>

化石燃料による従来の発電方式は、燃料を燃焼させ発生した熱でお湯を沸かし、その発生したお湯(水蒸気)の力でタービンを回して、発電機より電気を取り出す方法です。 この発電方式は、化学エネルギーを熱エネルギーに変換し、発生する運動エネルギーを電気エネルギーに変換して使用するため、 それぞれの過程でのロスが生じ、利用できるエネルギーは、少なくなります。 一方、燃料電池は、燃料を化学反応させる事により直接電気を取り出すため、ロスが少なく、利用できるエネルギー が多くなります。 また、従来発電方式は、発電所からの送電ロスもある為、最終的に利用できる電気エネルギーは35%程度 と低くなりますが、燃料電池は、電気の使用場所に設置可能な為、送電ロスが少なく、燃料電池の排熱も利用できるメリットもあり、 最終的に利用できるエネルギーは80%にもなります。

<環境性>

上記のように燃料電池は効率がよい為、二酸化炭素(CO2)排出量は少なくなります。
ページの先頭へ戻る