富士電機株式会社

ディジタル調節計 マルチループコントローラ(連続出力形)

ディジタル調節計 マルチループコントローラ(連続出力形)

統一信号、熱電対、測温抵抗体を入力とし、豊富な制御・演算機能によりコストパフォーマンスの高いシステムが構築できる調節計です。
形式 :CPXA

  1. 最大4ループ(4制御出力)が可能
  2. ウェハによる制御演算機能 (注1)
    内蔵100種類のウェハから選択
  3. パソコン・プログラミングローダソフトは標準付属
  4. 故障時のバックアップ操作器内蔵(オプション)

主な仕様

制御ループ数
(制御出力)
1ループ(2PID)
2ループ(4PID)
4ループ(8PID)
プログラム方式 ウェハ結線方式
プログラム容量 1ルーブ当たり最大48ウェハ
ウェハ種類 100種類(標準内蔵)
演算周期 0.2秒
トレンド表示 最大8画面
アナログ入力信号 直流電圧/電流、熱電対、測温抵抗体、7点
ディジタル入力信号 無電圧接点またはトランジスタ接点、10点
制御出力信号 DC4~20mA(許容負荷抵抗:600Ω以下)
補助アナログ出力信号 電圧、5点
ディジタル出力信号 オープンコレクタ、11点
表示部 バックライト付カラーグラフィック液晶
ローダインタフェース RS-232C(MODBUS)
電源電圧 AC100~240VまたはDC24V
外形寸法(W×H×D) 72×144×272mm
オプション 内蔵バックアップ操作器
T リンク通信(上位通信)
パソコン・プログラミングローダソフト 標準付属(但し、パソコン通信ケーブルは別手配品)
注1)
制御・演算機能は、ウェハと呼ぶ機能別のソフトウェアパッケージを組合わせて行います。
ウェハを組合わせることをウェハ結線といいます。
このウェハ結線は本体前面キーの操作または付属のパソコン・プログラミングローダソフトを使用して行います。
本器には100種類のウェハが内蔵されています。

調節計 一覧

マルチループコントローラ(連続出力タイプ)CPXA形

マルチループコントローラ(連続出力タイプ)CPXA形

最大4ループを制御できる調節計で制御出力はDC4~20mAです。

マルチループコントローラ(断続出力タイプ)CPXC形

マルチループコントローラ(断続出力タイプ)CPXC形

シングルループの調節計で制御出力は、増パルス/減パルス(電動弁用)です。

分電箱(スイッチボックス)PWF形

分電箱(スイッチボックス)PWF形

各計器に電源を供給するためのスイッチ・ヒューズボックスで6回路分を収納しています。

ページの先頭へ戻る