組立加工データ収集システム

多種多様な設備からのデータ収集と見える化・解析技術により生産性の向上と自律制御を実現。

この様な課題の解決に

  • 不良品の発生原因の解明による製品品質の改善

  • 予兆保全による設備停止ロス時間の削減

組立加工データ収集システムの導入メリット

  • 各部門が必要な情報を統合データベースから取得可能

  • 現場情報の多角的な解析で設備異常・不良発生を防止

  • 既存設備に後付けで容易に設置でき、導入コストの抑制が可能

特長

  • 設備の環境データとモノの加工データを製品単位の1サイクルデータとしてパッケージ化

  • 入力方法や収集周期の異なるデータもワンパッケージで蓄積

  • 統合データベースと解析支援ツールの活用で設備状態を見える化

効果

■データ収集:設備情報コレクタ OnePackEdge Controller

設備異常・不良発生の要因を示すデータを、製品の加工開始から終了までを1サイクルとしてデータ収集。
各種コントローラとプログラムレスで接続可能。各種センサからデータを取り込むアナログ入力搭載。

■データ活用:解析支援ツール

収集データを簡単に読み出し見える化を実現。波形パターンにより自動で製品種類別に振り分ける波形判別機能を搭載。
その他、フィルタ機能やFFT解析機能により、波形データ解析を支援。