物流センター高速仕分け制御システム

ケース品の高速仕分けを実現し、省人化や生産性向上を実現。

この様な課題の解決に

  • ネット通販の拡大による、物流センターの大型化、高速化

  • 生産性向上

  • オペレーションの省人化

物流センター高速仕分け制御システムの導入メリット

  • ケースソータの能力を最大限に引き出し、生産性を向上

  • 無人運転によりオペレーションの省人化を実現

  • 最適制御により省エネを推進(効果はケースソータの種類により異なります)

特長

  • 要求性能に応じて柔軟にシステムを構築

    • 小規模、中規模、大規模の3タイプのシステム構成が可能

    • コントローラOSはWindows(小規模)、Linux(中規模、大規模)の選択が可能

  • 多様な仕分け方式に対応

    • クロスベルト、スチール、シュー、トレイ方式に対応

  • マルチベンダ対応

    • 多数のコンベヤメーカーとの豊富な接続実績により、お客様に最適なソータを提供

  • 物流センター全体の管理も可能

    • 当社WESパッケージと連動することで物流センター全体の効率化を実現

WES:Warehouse Execution System(倉庫運用管理システム)

効果

時間5,000個〜80,000個までのケース品を高速仕分け可能なソータ制御システム。
最大構成で320,000個/時間の処理能力(16ソータ同時稼働、シングル構成)まで拡張性があり、ご要求のソータに合せてシステム構築が可能。