富士電機株式会社

システム構成

MICREX-VieW XXは、お客様のご要望に応じてシングル構成のコンパクトなシステムからシステム完全冗長化の高信頼性システムまでスケーラブルにシステムを構築することができます。コンパクトなシステムを対象とした、オペレータステーションとデータベースステーションを1台で実現するオールインワンステーションもラインナップしています。さらに、従来のMICREXシリーズと継承性が高く、新オペレータステーションから既設コントロールステーションの監視・操作や新旧コントロールステーション間のデータ連携が容易です。

運転支援システム

運転員(オペレータ)の技術伝承、生産性向上、製品品質の向上を目的にオペレータを支援するシステムです。

OPC UAサーバ

上位システムとOPC-DA/UAで接続し、プラントデータをインターフェースします。

データベースステーション XDS-3000

トレンドや警報・運転履歴を統合して管理します。

プラントデータレコーダ XDR

プラントのデータを収集・蓄積します。

オペレータステーション XOS-3000

プラントの監視操作を行います。

コントロールステーション XCS-3000

プラントの制御を行う高速で大容量かつ高信頼なコントロールステーションで、1台で電機制御と計測制御を融合できます。

ネットワークアダプタ

DPCS-F、PEリンク、Tリンクといった当社のレガシーネットワークやオープンなFL-netなど、様々なネットワークに接続できます。

監視再現システム

プラントデータレコーダのビッグデータにより、異常発生時のプラント状態をオペレータの負荷なく再現して原因を究明するシステムです。

リモート監視・操作端末(リモートデスクトップ)

ネットワーク(情報LAN)経由でプラントのリモート監視・操作を行います。リモート接続ステーションXRS-3000も使用します。

情報LAN Ethernet

プリンタや上位システムと接続するためのネットワークです。

エンジニアリングステーション XES-3000

画面やコントロールステーションのエンジニアリングやメンテナンスを行います。

制御LAN FL-net Ver.3 準拠LAN

オペレータステーション、データベースステーションとコントロールステーションを接続する、Ethernetベースのシステム基幹ネットワーク(1Gbps/100Mbps)です。

高信頼I/O、E-SX I/O

I/Oネットワークに高速な100MbpsのE-SXバスを採用しています。高信頼I/Oは、I/Oモジュールの二重化(隣接)やノード単位二重化も可能な信頼性と保守性の高いI/Oです。

ページの先頭へ戻る