富士電機株式会社

制御機能・エンジニアリング機能

制御機能の多彩な組み合わせと効率的なエンジニアリングで、幅広いニーズに対応。

旧シリーズから最新シリーズまでの専用コントローラに加えて、新旧PLCに対応します。これにより、用途、規模に応じてフレキシブルな構成が可能です。また、国際規格 IEC61131-3に準拠したエンジニアリングツールの他に実機レスシミュレーション、エンジニアリング支援ツールにより、効率的なエンジニアリングが可能です。

専用コントローラ XCS-3000、XCS-3000R、XCS-3000E

高性能CPU

CPUには1GHzデュアルコアプロセッサを採用することで、最小周期1msからの高速制御を実現しました。これにより、1台で高速な電機制御と高機能な計測制御を融合できます。また、マルチプロセッサ構成のアーキテクチャを採用し、ネットワーク処理とアプリケーションプログラムの演算処理を並行して実行できるスケジューリング技術により、優れた通信性能も兼ね備えています。

高速LAN

等値化バス

大容量等値化技術により、大容量データの高速転送が可能となり、アプリケーションデータの全領域の等値化を実現しました。

ネットワークアダプタバス

当社のレガシーネットワークや、様々なネットワークと接続する、ネットワークアダプタ用の高速LANです。

E-SXバス

高速のI/Oネットワークで、二重化にも対応しています。

大容量メモリ

プログラムメモリ512Kステップ、データメモリ2,368Kワードの大容量メモリを搭載、I/Oは1コントロールステーションあたり最大4,096ワード(32ノード)接続することができます。

高信頼CPU

CPUは二重化に対応し、ECC(エラー検出・修正機能付き)メモリの採用とRAS機能の強化により、高信頼なコントロールステーションを実現しました。

コントロールステーション

用途に応じたリモートI/Oラインアップ

リモートI/O E-SX I/O

I/Oネットワークに高速な100MbpsのE-SXバスを採用しています。各種モジュールもラインアップが豊富です。さらに、電源の冗長化や、I/Oネットワークの二重化もできる高信頼性も備えています。

リモートI/O E-SX I/O

リモートI/O IPU-Ⅱ

電源、I/Oネットワークだけでなく、I/Oモジュール自体も二重化できる信頼性の高いリモートI/Oです。さらに、多点形個別絶縁アナログモジュールやパルスモジュールなど、ラインアップも豊富に取り揃えています。

リモートI/O IPU-Ⅱ

レガシーネットワーク接続

ネットワークアダプタは、コントロールステーションとPEリンク、Tリンク、DPCS-Fといった当社のレガシーネットワークとオープンなFL-netなど、多彩なネットワークと接続するもので、最大4種類まで接続することができます。さらに、コントロールステーションに合わせてネットワークアダプタも二重化できるため、信頼性の高いシステムが構築できます。

対応ネットワーク

  • FL-net Ver.2 準拠LAN
  • PEリンク
  • Tリンク(IPU-Ⅰ、FTU、FTK)
  • Ethernet EPAP(IPU-Ⅱ)
  • DPCS-F 等

ネットワークアダプタ

汎用PLC MICREX-SX

汎用PLC MICREX-SX 高機能CPU

最大256kステップのプログラム容量、最大65,536点までのI/O制御で、小規模から大規模まで最適なシステム構築が可能です。1msのプログラムスキャン、およびI/Oリフレッシュが可能です。最大8CPUまでのマルチCPUシステムで、構築と性能分散が可能です。

オープンネットワーク接続

Ethernet、LONWORKS、FL-net、Device-net 、PROFIBUS-DP、AS-iを始めとした各種オープンネットワークに対応しています。

エンジニアリング機能

専用コントローラ、汎用PLCともに同じエンジニアリング環境でソフト設計できます。

実機レスシミュレーション

シミュレータを利用することで、パソコン上にコントロールステーションおよびオペレータステーションなどのシステム機器を構築し、動作させることができます。例えば、入出力信号を模擬しながら、コントロールステーション制御機能と画面機能を組み合わせた機能確認や、ステーション間通信のデータ確認などが、実機レスでできるため、効率的かつ高品質にエンジニアリングすることができます。

IEC61131-3 準拠

コントロールステーションのエンジニアリングツール(Expert D300win)は、国際規格IEC 61131-3(JISB3503)に準拠した5種類のプログラム表現をサポートしており、最適な組み合わせでエンジニアリングすることができます。

対応プログラム言語

  • IL(Instruction List)
  • LD(Ladder Diagram)
  • FBD(Function Block Diagram)
  • ST(Structure Text)
  • SFC(Sequential Function Chart)

エンジニアリング支援ツール HEART-BELIEVE/ESPER/SELECT(オプション)

使いなれた汎用OAソフトウェアのExcelやVisioで作成した制御機能仕様書を、コントロールステーションの制御プログラムに自動変換することができます。コントロールステーションの実行状態を、制御機能仕様書上でモニターすることができ、仕様検討から設計、試験、納入後のメンテナンスまで、扱いやすく効率的にエンジニアリングすることができます。

計装フロー(Visio)

SFC(Excel)

タイムチャート(Excel)

仕様書から自動生成されるため、プログラム漏れやインプットミスなどの人的ミスを削除できます。仕様書に記載した通り のソフトウェアが生成されます。
ページの先頭へ戻る