富士電機株式会社

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

屋外自立型50・555・1000・2500kVA

屋外自立型50・555・1000・2500kVA

屋外自立型555・750・1,000kVA

装置の高効率化・低ノイズを実現できる、新3レベルモジュールを世界で初めて実用化した製品

  • 特長
  • 定格・仕様
  • システム構成
  • ダウンロード

新形IGBTと新回路方式の採用 (DC1000V以下品)

新形IGBT*と従来のIGBTをワンパッケージ化した新3レベルモジュールを当社が世界で初めて実用化しました。
この新モジュールを用いて、新3レベル変換回路に適用する事で、電力ロスと部品数の大幅な削減が可能となり、装置での高効率+低ノイズを実現できます。

* : RB-IGBT: Reverse Blocking-Insulated Gate-Bipolar Transistor(逆阻止IGBT)

新形IGBTモジュール

新形IGBTモジュール

新3レベル変換回路

新3レベル変換回路

損失の低減

損失の低減

世界最高効率98.8%(DC1,000V品)

新モジュールを新電力変換技術(新3レベル変換回路)により、IGBT素子のスイッチング損失を低減し、さらにインバータが出力するPWM波形に含まれる高調波成分を従来品より半減させた事によってフィルタ損失が低減し、世界最高効率の98.8%(DC1,000V品)を達成しました。
EURO効率においても98.5%(DC1,000V品)を達成しました。

EURO効率

屋外サブステーションタイプ

PCSは、屋外設置対応かつサブステーションタイプで提供します。
屋外設置対応のスイッチギア・昇圧変圧器・PCSが共通のベースの上で一体化されています。このため盤を収納するための建屋や空調設備が不要です。
一体化されて現地に搬入される事から現地での工事費用が大幅に低減できます。
オプションで直流分岐用ヒューズをPCS内に内蔵できますので、集電箱で集約したパネル出力をそのままPCSへ接続できます。

屋外サブステーションタイプ・1000kVA

・1000kVA

FRT機能を標準搭載(JEAC9701-2016に対応)

大規模太陽光発電向けPCSには必須の機能となりつつあるFRT(Fault Ride Through)機能を標準搭載しました。
系統での三相短絡や二相短絡事故時においてもインバータは規定範囲内で三相電流を出力させ、系統の電源変動を抑制させるように動作します。

FRT(Fault Ride Through)機能のイメージ

PCS(DC1,000V対応)仕様(屋外自立型)

項目 シリーズ名 PVI1000BJ–3/1000 備考
定格出力 1000kVA
絶縁方式 トランスレス方式
電気仕様(DC入力) 最大直流入力電圧 1000V
直流入力電圧(MPPT範囲) 570〜850V
直流入力分岐数 2 16分岐ヒューズ付きはオプション
電気仕様(AC出力) 定格出力容量 1000kVA 力率1.0で1000kW 力率0.9で900kW(進相運転時)
出力電圧範囲 380V −10〜+10%
周波数範囲 50/60Hz ±5%
出力相数 三相3線 非接地系対応
定格出力電流 1519A
出力力率 >0.99 単独運転Q出力を除く(出力1/8〜定格時)
出力電流歪率(総合) <5%(定格出力時)
出力電流歪率(各次) <3%(定格出力時)
装置最高効率 98.8% 内部電源含まず,IEC61683裕度表示
装置効率(EURO効率) 98.5% 内部電源含まず,IEC61683裕度表示
過負荷耐量 100%連続
騒音 80dB以下 A特性
系統連系 系統保護 OV,UV,OF,UF
単独運転検出方式(受動) 電圧位相跳躍検出
単独運転検出方式(能動) ステップ注入付周波数フィードバック方式
電圧上昇抑制機能 無効電流補償・有効電流出力抑制 進相運転(遅れ0.8〜進み0.8)可能
FRT JEAC9701–2016に対応
盤構造 設置方式 屋外自立型 塩害対応はオプションで対応
適合IP IP55
システム方式
ケーブル引き込み 下部
冷却方式 強制空冷
寸法 PCS単体(W×D×H) 2000×950×1940mm PCS単体(突起部含まず)
サブステーション(W×D×H)
質量 PCS単体 1800kg PCS単体(ベース含む)
サブステーション
環境条件 保存温度 −20〜+60℃
動作温度 −5〜+50℃ +40℃以上はパワーセーブ −25〜−5℃は寒冷地オプション
相対湿度 4〜100% 盤内部は結露なきこと
標高 2000m以下
準拠規格 JIS, JEM, JEC
通信方式 RS–485 Ethernetはオプションで対応

PCS(DC600V対応)仕様(屋外自立型)(力率90%対応品)

項目 シリーズ名 PVI600BJ–3/555 備考
定格出力 555kVA
絶縁方式 トランスレス方式
電気仕様(DC入力) 最大直流入力電圧 600V
直流入力電圧(MPPT範囲) 320〜570V
直流入力分岐数 2 16分岐ヒューズ付きはオプション
電気仕様(AC出力) 定格出力容量 555kVA 力率1.0で555kW*1 力率0.9で500kW(進相運転時)
出力電圧範囲 210V −10〜+10%
周波数範囲 50/60Hz ±5%
出力相数 三相3線 非接地系対応
定格出力電流 1526A
出力力率 >0.99 単独運転Q出力を除く(出力1/8〜定格時)
出力電流歪率(総合) <5%(定格出力時)
出力電流歪率(各次) <3%(定格出力時)
装置最高効率 98.2% 内部電源含まず,IEC61683裕度表示
装置効率(EURO効率) 97.8% 内部電源含まず,IEC61683裕度表示
過負荷耐量 100%連続
騒音 76dB以下 A特性
系統連系 系統保護 OV, UV, OF, UF
単独運転検出方式(受動) 電圧位相跳躍検出
単独運転検出方式(能動) ステップ注入付周波数フィードバック方式
電圧上昇抑制機能 無効電流補償・有効電流出力抑制 進相運転(遅れ0.8〜進み0.8)可能
FRT JEAC9701–2016に対応
盤構造 設置方式 屋外自立型 塩害対応はオプションで対応
適合IP IP55
システム方式
ケーブル引き込み 下部
冷却方式 強制空冷
寸法 PCS単体(W×D×H) 2000×950×1940mm PCS単体(突起部含まず)
サブステーション(W×D×H)
質量 PCS単体 1800kg PCS単体(ベース含む)
サブステーション
環境条件 保存温度 −20〜+60℃
動作温度 −5〜+50℃ +40℃以上はパワーセーブ −25〜−5℃は寒冷地オプション
相対湿度 4〜100% 盤内部は結露なきこと
標高 2000m以下
準拠規格 JIS, JEM, JEC
通信方式 RS–485 Ethernetはオプションで対応

1:直流入力電圧が450V以上の時は,周囲温度35℃以上で交流出力が500kWに制限され,40℃以上でさらにパワーセーブされます。

山間部に設置されたメガソーラーや屋根設置に適した分散型PCS

2019年10月発売予定

項目 シリーズ名 PIS-50/500 備考
定格出力 50kVA
絶縁方式 トランスレス方式
電気仕様 (DC入力) 最大直流入力電圧 1100V
直流入力電圧(MPPT範囲) 200〜1000V 定格出力範囲 625〜850V
250V以上で起動,1000〜1100Vは待機
最大入力電流 22A×4 2分岐あたり,22A
直流入力分岐数 8 2分岐ごとにMPPTを実施
電気仕様(AC出力) 定格出力容量 50kVA 力率1で50kW
力率0.9で45kW(進相運転時)
出力電圧範囲 500V −10〜+10%
周波数範囲 50/60Hz ±6%
出力相数 三相3線,非接地系対応
定格出力電流 58A
出力力率 >0.99
出力電流歪率(総合) <5%(定格出力時) 40次以下
出力電流歪率(各次) <3%(定格出力時) 40次以下
装置最高効率 99% IEC61638裕度表示
装置効率(EURO効率) 98.5%
過負荷耐量 52.5kVA(105%) 周囲温度 20℃以下:105%
騒音 65dB以下 A特性
系統連系 系統保護 OV,UV,OF,UF
単独運転検出方式(受動) 電圧位相跳躍検出 無効,10 [°]
単独運転検出方式(能動) ステップ注入付周波数フィードバック方式 無効,有効
電圧上昇抑制機能 無効電流補償,有効電流出力抑制
FRT JEAC9701–2016に対応
盤構造 設置方式 屋外壁掛式
適合IP IP65
ケーブル引き込み 下部
冷却方式 自然空冷
寸法 PCS単体(W×D×H) 930×260×540mm PCS単体
サブステーション
質量 PCS単体 約58kg PCS単体
サブステーション
環境条件 保存温度 −25〜+70℃(輸送中),
−25〜+65℃(保管中)
動作温度 −25〜+60℃ 30℃以上でパワーセーブ
40℃:95%,50℃:80%
相対湿度 4〜100% 盤内部は結露なきこと
標高 1000m以下 1000〜4000m:出力レベルに応じた許容周囲温度が1000mごとに約10度低下
準拠規格 JIS,JEM,JEC
NB/T32004-2013,
GB/T19964-2012
通信方式 RS–485,USB

注:本製品は開発中のため,上記の仕様は予告なく変わることがあります。

大規模メガソーラーに適したDC1500V対応PCS

2019年10月発売予定

項目 シリーズ名 PVI1500CJ-3/2500 備考
定格出力 2500kVA
絶縁方式 トランスレス方式
電気仕様
(DC入力)
最大直流入力電圧 1500V
直流入力電圧
(MPPT範囲)
915〜1350V
最大入力電流 2788A 1分岐あたり,170A
直流入力分岐数 24
電気仕様
(AC出力)
定格出力容量 2500kVA 力率1.0で2500kW
力率0.9で最大2250kW(進相運転時)
出力電圧範囲 590V −10〜+10%
周波数範囲 50/60Hz ±6%
出力相数 三相3線,非接地系対応
定格出力電流 2447A
出力力率 >0.99 出力1/8〜定格時
出力電流歪率
(総合)
<5%(定格出力時) 40次以下
出力電流歪率
(各次)
<3%(定格出力時) 40次以下
装置最高効率 98.6% 内部電源含まず,IEC61683裕度表示
装置効率
(EURO効率)
98.4% 内部電源含まず,IEC61683裕度表示
過負荷耐量 100%連続
騒音 80dB以下 A特性
系統連系 系統保護 OV,UV,OF,UF
単独運転検出方式
(受動)
電圧位相跳躍検出 無効,3〜15°
単独運転検出方式
(能動)
ステップ注入付周波数フィードバック方式 無効,有効
電圧上昇抑制機能 無効電流補償,有効電流出力抑制
FRT JEAC9701–2016に対応
盤構造 設置方式 屋外自立型 塩害対応はオプション
適合IP IP55
ケーブル引き込み 下部
冷却方式 強制空冷および熱交換器冷却
寸法 PCS単体(W×D×H) 2100×1300×2480mm PCS単体(ベースを含む,突起物を含まず)
サブステーション(W×D×H) 8500×2340×2650mm PCS,Tr,LBS
質量 PCS単体 約4000kg PCS単体
サブステーション 約15000kg PCS,Tr,LBS
環境条件 保存温度 −20〜+60℃
動作温度 −20〜+60℃ +50℃以上はパワーセーブ
相対湿度 4〜100% 盤内部は結露なきこと
標高 2000m以下 標高が1000mを超える場合,問合せ要
準拠規格 JIS,JEM,JEC
通信方式 RS–485 オプションでEthernet対応

注:本製品は開発中のため,上記の仕様は予告なく変わることがあります。

システム構成例

単線結線図(10MW、屋外自立型 2,500kVAのPCSを適用した例)

単線結線図

拡大表示

単線結線図(1MW、屋外自立型 50kVAのPCSを適用した例)

単線結線図

拡大表示

お問い合わせ・サポート

電話でのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ


ページの先頭へ戻る