富士電機株式会社

マルチ用パワーコンディショナ
PVI1000MJ-3/1000

大規模メガソーラーシステム向け蓄電池併設型マルチPCS PVI1000MJ-3/1000

大規模メガソーラー・自家消費システム向け
蓄電池併設型マルチPCS

問い合わせフォーム
  • 特長
  • 定格・仕様
  • ダウンロード

システム構成図例

2種類のPCSを集約し、設備の低コスト化に貢献

従来の蓄電池を併設した太陽光発電設備では、2種類のPCSを設置します。一つは、太陽光パネルで発電した直流の電気を系統連系させるために交流の電気に変換する太陽電池用PCS。もう一つは、余剰の電力を蓄電池に充電するために直流の電気に変換する蓄電池用PCSです。今回、太陽電池用PCSと蓄電池用PCSの持つ機能を一体化し、PCSの設置台数や設置工数を減らすことで、設備の低コスト化を実現できます。

EURO効率

ピークシフト機能と出力変動補償で需供バランスの安定化を実現

晴天時に太陽電池の発電電力が消費電力を超過する場合,超過分を蓄電池に充電します(ピークシフト)。曇天により太陽電池の発電電力が不安定な場合,蓄電池から放電することにより,安定した電力供給を実現します(出力変動補償)。

ピークシフト機能と出力変動補償で需供バランスの安定化を実現のイメージ

ピークシフト機能と出力変動補償で需供バランスの安定化を実現のイメージ

大規模メガソーラー・自家消費に適した蓄電池併設型マルチPCS

項目 用途・目的 PV用+蓄電池用 備考
シリーズ名 PVI1000MJ-3/1000
絶縁方式 トランスレス方式
電気仕様
(DC入力,
太陽電池側)
直流入力容量 1546kW
定格直流
入力電圧
630V
最大直流
入力電圧
1000V DC1000Vを超える入力は機器が破損する可能性有り
直流入力
電圧範囲
(運転電圧範囲)
530V~950V 950V~1000Vは待機、950V未満になれば運転開始
MPPT
電圧範囲
540V~830V 630V~850V(定格出力範囲)
直流入力電流
最大値
2454A 直流ブレーカ1個当たり1243A
直流入力
分岐数
2
電気仕様
(DC入力,
蓄電池側)
直流入力容量 1500kW
定格直流
入力電圧
630V
最大直流
入力電圧
815V
直流入力
電圧範囲
(運転電圧範囲)
540V~815V 入力電圧の上限が過電圧レベル
MPPT
電圧範囲
630V~810V(定格出力範囲)
直流入力
電流最大値
2381A 2381A×1入力
直流入力
分岐数
1
電気仕様
(AC出力)
定格出力容量 1000kW,1111kVA
出力電圧範囲 AC480V,−10~+10%
周波数範囲 50Hz/60Hz ±6%
出力相数 三相3線 非接地系対応
定格出力電流 1336A 100%連続(力率0.9時)
出力力率 >0.99(1/8出力~定格時) 単独運転検出用Q出力を除く。力率1.0設定時
出力電流歪率
(総合)
<5%(定格出力時)
出力電流歪率
(各次)
<3%(定格出力時)
装置最高効率 98.7% IEC-61683裕度表示 PV運転,AC480V,DC830V, 出力50%時
EURO効率 98.5% IEC-61683裕度表示、PV運転,AC480V,DC830V
騒音 80dB以下 定格出力中における盤周囲1m,高さ1mの平均値(A特性)
系統連系 系統保護 OV,UV,OF,UF
単独運転
検出方式
(受動)
電圧位相跳躍検出 無効,3~15°
単独運転
検出方式
(能動)
ステップ注入付周波数
フィードバック方式
無効,有効
電圧上昇
抑制機能
無効電力出力、有効電力抑制 進相運転(遅れ0.8~進み0.8、
設定刻み0.01)時は、系統電圧に関係なく無効電流を出力
FRT JEAC9701に対応
盤構成 設置方式 屋内
適合IP IP20
システム方式
ケーブル
引き込み
下部
冷却方式 強制空冷
寸法 PCS単体(W×D×H) 4860×902×1953mm
質量 PCS単体 約4700kg チャネルベース含む
環境条件 保存温度 −20~+50℃
動作温度 −5℃~+40℃
相対湿度 10~90%
標高 1000m以下
準拠規格 電気安全 JIS, JEM, JEC
系統連系規定 JEAC9701
通信方式 RS–485 Ethernet はオプションで対応

一部資料をダウンロードするには、ログインが必要です。会員に登録済の方は下記よりログインしてください。
会員登録(無料)がお済みでない方は、会員登録後にログインすると、ダウンロードできます。

カタログ

資料No. タイトル 種類(サイズ) 発行月
01D1-J-0001i 大規模太陽光発電システム新しいウィンドウで開く PDF(5.4MB) 新しいウィンドウで開く 2019/01
ページの先頭へ戻る