富士電機株式会社

太陽光用パワーコンディショナ
PVI1500CJ-3/2500(DC1500V対応 2500kVA)

PVI1500CJ-3/2500(DC1500V対応 2500kVA)

大規模メガソーラー・自家消費システム向け
3相パワーコンディショナ

問い合わせフォーム
  • 特長
  • 定格・仕様
  • システム構成
  • ダウンロード

自家消費システム構成図例

低出力時の効率改善により発電効率を向上

出力の大きさに応じて作動するインバータ回路の数を最適に制御する仕組みを導入し、 従来のすべてのインバータ回路が作動する場合と比較して、発電量が少ない時間帯(低出力時)の発電効率を改善しました。

〈低出力時〉
1台のインバータのみが輪番制で動作

低出力時

〈高出力時〉
3台のインバータが同時に動作

高出力時

過積載率の改善により、発電量の向上に貢献

電力変換回路の見直しにより、最大入力電圧の許容範囲の改善を実現しました。 これにより太陽光パネルの過積載率を180%までに向上させ、特に日差しが弱い時間帯の発電量の向上に貢献できます。


フットプリントの改善により、設置時のコンクリート使用量を低減

主回路をユニット化構造にすることで、装置の小型化を実現し、2500kVA帯で世界最小サイズのフットプリント(2.63m²)を実現しました。 これにより、設置時のコンクリート使用量の低減に貢献できます。

フットプリントの改善

大規模メガソーラー・自家消費に適したDC1500V対応PCS

項目 シリーズ名 PVI1500CJ-3/2500 備考
定格出力 2500kVA
絶縁方式 トランスレス方式
電気仕様
(DC入力)
最大直流
入力電圧
1500V
直流入力
電圧範囲
(連系運転範囲)
840〜1450V 1450~1500Vは待機、
1450V未満になれば運転開始
MPPT
電圧範囲
(最大負荷)
915〜1350V
直流入力電流
最大値
2788A 1分岐あたり,170A
直流入力
分岐数
24
電気仕様
(AC出力)
定格出力容量 2500kVA
出力電圧範囲 590V −10〜+10%
周波数範囲 50/60Hz ±6%
出力相数 三相3線 非接地系対応
定格出力電流 2447A 100%連続
出力力率 >0.99(1/8出力~定格時) 但し,単独運転検出用Q出力を除く
出力電流歪率
(総合)
<5%(定格出力時)
出力電流歪率
(各次)
<3%(定格出力時)
装置最高効率 98.7% 内部電源含まず,IEC61683裕度表示
装置効率
(EURO効率)
98.5% 内部電源含まず,IEC61683裕度表示
騒音 87dB以下 定格出力中における盤周囲1mの平均値
系統連系 系統保護 OV,UV,OF,UF
単独運転
検出方式
(受動)
電圧位相跳躍検出 無効,3〜15°
単独運転
検出方式
(能動)
ステップ注入付周波数
フィードバック方式
無効,有効
電圧上昇
抑制機能
無効電流補償・有効電流出力抑制 進相運転(遅れ0.8~進み0.8
設定刻み0.01)時は、系統電圧に関係なく無効電流を出力
FRT JEAC9701に対応
盤構造 設置方式 屋外 耐塩害仕様オプション
適合IP IP55 内部負圧条件除外。
底面、除湿器排水ホース部除外
ケーブル引き込み 下部
冷却方式 強制空冷および熱交換器冷却
寸法 PCS単体
(W×D×H)
2025×1300×2594mm 風洞、ハンドル等の突起物を除く
質量 PCS単体 約4000kg
環境条件 保存温度 −20〜+60℃
動作温度 ー10~+57℃ -10℃~-20℃対応は寒冷地オプション
+40℃以上はパワーセーブ
相対湿度 4〜100% ドアの開閉は湿度85%未満で行い、内部は結露が発生しないようにすること
標高 2000m以下 標高が1000mを超える場合、問い合わせ要
準拠規格 電気安全 JIS, JEC, JEM
IEC62109-1 IEC62109-2
系統連系規定 JEAC9701
Philippine Grid Code
PEA Interconnection Code
IEC61727
通信方式 RS–485 オプションでEthernet対応

システム構成例

単線結線図(10MW、2500kVAのPCSを適用した例)

単線結線図

拡大表示

一部資料をダウンロードするには、ログインが必要です。会員に登録済の方は下記よりログインしてください。
会員登録(無料)がお済みでない方は、会員登録後にログインすると、ダウンロードできます。

カタログ

資料No. タイトル 種類(サイズ) 発行月
26E1-E-0047b Solar Inverters新しいウィンドウで開く PDF(1.2MB)新しいウィンドウで開く 2020/06
ページの先頭へ戻る