富士電機株式会社

Pupsman

モジュールサイズの小さいUPS管理ソフト (フリーソフト/英語版OS対応)

問い合わせフォーム
  • 特長特長
  • 仕様仕様
  • ダウンロードダウンロード

特長

電源障害発生時の自動シャットダウン

停電発生時、サーバのシャットダウン終了後UPSは出力を停止しシステムを保護します。 復電後は自動的にUPSが再起動します。
また、サーバがシャットダウン処理開始後に復電した場合は、 UPSは設定した時間後に一度出力を停止し、自動的に再起動します。

ユーザへの通知(e-mail、ポップアップメッセージ)

イベント発生時に設定したメッセージをユーザにメール送信します。
イベントの重要度により、背景色(赤、青)で区分けしたポップアップメッセージを表示します。

マルチ・サーバ・シャットダウン

同一ネットワーク(TCP/IP)上に存在する複数台のサーバのOSシャットダウンを可能にします。

データおよびイベントのロギング

データログ : 一定周期で電源やUPSの状態を記録します。
イベントログ : 停電などのイベント発生時に発生内容を記録します。

UPS運転状況や電源状態の表示

入出力電圧・バッテリ周囲温度・UPSの運転状況などを表示します。

スケジュール運転

仕様

システム構成

PupsmanはWindowsNT系のOSでサービスプログラムとして動作する簡易UPS管理プログラム群です。富士電機製ミニUPS(Jシリーズ、NetpowerProtectシリーズ、GXシリーズ)を対象としています。UPSの状態監視の通信はRS-232Cポートを使用します。サーバとUPS間の接続は富士電機製専用接続ケーブルFIFA/WS9をご使用ください。

必要なハードウェア

以下のハードウェアをご用意願います。

富士電機製無停電電源装置(UPS) GX100, GX200シリーズ
富士電機製UPS専用接続ケーブル FIFA/WS9
IBMPC-AT互換機 Pentium 200MHz以上
RS-232Cシリアルポート
ハードディスク容量 100MB以上
メモリ 64MB以上

ダウンロード

取扱説明書

資料No. ファイル名
INR-HG5652a Pupsman 使用説明書[PDF]
- Windows Vistaにおける注意事項[PDF]

ソフトウェアダウンロード

※ 右クリックでファイルに保存してください。

Windows版(日本語版・英語版)

Linux版(日本語版・英語版)

ソフトウエア名 対応OS
Pupsman381 プログラム SuSE9.1, 10, RedHat8, 9, ES3, ES4, ES4/EM64T, Turbo8, 9
ページの先頭へ戻る

お問い合わせ・サポート

価格・納期など、
ご購入に関するご相談

  • お問い合わせ先を見る

Webからのお問い合わせ
 

  • お問い合わせフォーム

技術的なお問い合わせ

0120-128-220
平日    9:00~12:00
        13:00~17:00

ページの先頭へ戻る