富士電機株式会社

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

サービスソリューション受変電設備の予防保全


高圧配電盤の余寿命診断サービス

高湿度絶縁特性を測定し、盤の寿命を評価します。

装置概要
局所的に高湿度空間を作成して、その空間内で表面絶縁特性を測定。
絶縁物の余寿命診断

測定対象


高経年の高圧配電盤の支持碍子

高圧遮断機などの有機絶縁物

VCB相関バリア

MMC母線支持

現地測定方法

余寿命の推定手法

<初期設定>

ρ0:表面抵抗率の初期値
ρn:表面抵抗率の使用下限値
(運転電圧で部分放電発生)

<現地測定>

t1:測定時の経過年数

ρ1a:清掃前の表面抵抗率
ρ2a:清掃後の表面抵抗率

<劣化進展の近似曲線>

清掃なし:ρa(t)=ρ0/tα
清掃あり:ρb(t)=ρ1b/(t-t1)α

診断フロー

<事前調査・準備>

  • 銘板記載事項(定格電圧,製造年)
  • 測定場所・対象選定

<現地測定>

  • 1. センサ取付け(20分)
  • 2. データ取得(30分)
  • 3. 装置撤収(10分)
    (※1~3を必要件数実施)

<診断報告書>

  • 清掃有無の余寿命
  • 清掃周期を可変とした余寿命年数算出
  • 保守更新計画提案



適用上の注意

  • 測定対象とする絶縁物の選定は、弊社担当者に相談願います。
    (対象物が固定された状態で測定するため、センサが取り付けできない可能性があります。)
  • 配電盤の設置環境における想定上限湿度をご連絡ください。
    (想定上限湿度に合わせて、現地表面抵抗測定を実施します。)
  • 劣化原因因子は、本試験結果だけでは判定できません。
    (汚損と母材変質の各影響度は評価可能です。劣化原因特定は別途お問い合わせ下さい。)

ライフサイクル支援「COMET」サービスメニュー

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る