富士電機株式会社

サービスソリューション課電自然循環洗浄法(課電洗浄)


課電自然循環洗浄法(課電洗浄)
課電自然循環洗浄法(課電洗浄)とは、

使用中の変圧器内のPCB汚染絶縁油を抜油し、PCBに汚染されていない絶縁油を新たに注油します。その後、変圧器の通常使用時の発熱により、変圧器内部に残留しているPCBを絶縁油で洗浄する方法です。

課電自然循環洗浄法(課電洗浄)のメリット
  • 微量PCB汚染変圧器対策の中で最も低コストでの処理が可能な洗浄方法です。
  • PCB廃棄物の処理期限である2027年以降も変圧器を継続使用可能となります。
  • 変圧器の余寿命を余すことなく使い切る事ができ、投資抑制が可能となります。
  • 変圧器が設置されている状態で洗浄処理を行うため、変圧器の分解・組立・輸送費が不要となります。

【富士電機ならではのメリット】

  • 再稼働時の機器故障および長期間の機器停止リスクを、変圧器メーカーとしての経験・ノウハウで排除
  • 変圧器製作時の設計データに基づき必要最低限の洗浄回数で完了
    更な省コストを実現
  • 特許技術による高精度余寿命診断で変圧器の余寿命を定量化でき、PCB無害化後の最適なライフサイクルプランを提供
  • 変圧器メーカーとしての技術と経験により的確なコンサルティングが可能
    わずらわしい事前申請をトータルでサポート
洗浄処理フロー

ライフサイクル支援「COMET」サービスメニュー

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る